• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

CADデータ変換時のトラブルを解決するマジックあります

互換性がない、データの修復を余儀なくされた…CADデータ変換時のトラブルを解消します

「先方のシステムがフォーマットに対応しておらず、別のCADで出力することに」「変換時にエラーが生じてしまい、修正を余儀なくされた」。安心してください、このようなCADデータ変換時に発生するトラブルや手間からお客様を解放するマジックがあります。

そのマジックは世界トップクラスの変換・修復精度を持つ

種明かしをすると、豊富なCADフォーマットに対応したデータ変換と自動リペア機能を搭載した「TransMagic(トランスマジック)」という製品が仕掛けです。TransMagicは自動車業界や製造業界における主要な3次元CADフォーマットに対応しています※。そのため、データ授受のためだけに専用CADを導入する必要もなく、TransMagicだけで柔軟に対応できます。多様なデータ形式を開いて3次元モデルを閲覧できるため、マルチCADビューワーとして使用することもできます。

さまざまな形式の3次元CADデータをTransMagicで開いてモデルを閲覧、修復、エクスポート

さまざまな形式の3次元CADデータをTransMagicで開いてモデルを閲覧、修復、エクスポート

※ TransMagicの対応3次元CADフォーマット一覧表を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

ほかのツールでは修正困難な問題も数秒で解決するオートリペア機能

TransMagicに搭載されているオートリペアウィザードは、データ読み込みと同時にデータの状態を自動で診断します。ダイアログ内のボタン一つでTransMagicが推奨するオートリペア機能を実行できます。この機能はモデル構築の障害となる不具合形状の削除や面間の隙間を縫合するなどの修復処理が自動で行われ、ほかのツールでは修正困難な問題も数秒で解決してモデルを構築できます。

オートリペアウィザードでモデルを診断、修復

オートリペアウィザードでモデルを診断、修復

サーフェスの穴埋めによる半自動修復も

面の欠落などにより自動修復が困難な場合は、半自動でのデータ修復が活躍します。TransMagicのコマンドボタンをクリックするだけで、面の欠けている穴を検索し、穴を埋めるように面を張り合わせる処理を行えます。

コマンドをクリックするだけで穴を検索、穴埋めを実行

コマンドをクリックするだけで穴を検索、穴埋めを実行

CAD上で変換・修復できるアドイン機能

TransMagicはSOLIDWORKSとAutodesk Inventorのアドイン機能を搭載しているため、CAD上でTransMagicの変換・修復機能を使用できます。CAD標準機能だけでは変換できなかったフォーマットの入出力、自動修復による短時間で精度の高いインポートモデルの構築を実現します。

SOLIDWORKS上でTransMagicを使用できるアドイン機能

SOLIDWORKS上でTransMagicを使用できるアドイン機能

詳細資料

このトピックスに関する詳細資料を無料でご用意しています。また、見積りや価格のご相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP