• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

ラティス、大林組のBIM建物維持管理ツールを共同開発

2016年4月19日、ラティス・テクノロジー株式会社(以下、ラティス)は、株式会社大林組(以下、大林組)の建物維持管理ツール「BIMobile」にXVL技術が採用されたことを発表しました。

XVLは超大容量の3Dデータを軽快に使ったデジタル検証や情報共有の手段として自動車や造船、航空、産業機器など製造業を中心に導入されています。近年では、3D設計が本格化している建築分野への適用も進んでいます。

今回、XVLの軽量性が評価され、大林組のBIMobileにおいて、建物や設備機器の巨大3Dモデルの表現にXVLが採用されました。高度に軽量化、概略化したXVLに、膨大な図書類や属性情報を紐付けて、現場でiPad上で軽快に参照したり、作業記録の登録ができます。

業界初のBIMobile、3Dモデルと属性情報を紐付けiPadで活用

建物の維持管理業務には、竣工時の最終図面や設備機器の取扱説明書などを収めた竣工図書が活用されることが一般的ですが、量が膨大なため、点検時に携帯するには不向きで、かつ必要な情報がすぐに引き出せないなど課題があります。このため、建設業での設計や施工管理の活用が進んでいるBIMを、建物完成後の維持管理に用いて、BIMが持つ躯体や仕上げ材、設備機器の属性情報(材質、仕上げ、サイズ、重量、機器の性能など)を活用することが期待されています。

しかしBIMは専用ソフトおよび操作の習得が必要なこと、さらにデータ容量が大きくiPadなどの携帯タブレットでは属性情報を十分に表示できないこと、点検記録など新たな情報を携帯タブレットからアップデートできるアプリケーションがないことなどが障害となっていました。

今回、大林組と共同開発したBIMobileは、XVL技術を用いて軽量化したBIMの3Dモデルと、モデルに紐付いた属性情報をiPadに表示可能で、さらに、写真や点検記録などの情報を入力できます。また、サーバーに保存された図面や取扱説明書などのドキュメントを閲覧可能です。

携帯タブレットで3Dモデルやその属性情報を単に参照するだけでなく、その場で同時に点検記録などの情報を入力可能とする技術は、建設業界初となります。

使用例:3Dモデルを見比べながら点検対象の機器を選択。機器の情報や取扱説明書、過去の点検記録を確認。点検の実施、写真撮影などのデータをサーバーに記録保存

使用例:3Dモデルを見比べながら点検対象の機器を選択。機器の情報や取扱説明書、過去の点検記録を確認。点検の実施、写真撮影などのデータをサーバーに記録保存

BIMobileの特長

BIMobileの特長は次のとおりです。

1.XVL技術を利用し、3Dモデルの軽量化と属性情報の継承することで、BIMモデルを一貫利用
大林組では、自社で設計・施工を行う全プロジェクト、また、他社が設計するプロジェクトの約8割の施工において、BIMを活用しています。こうした設計または施工段階で作成したBIMを基に、維持管理業務などを扱いやすいよう軽量化した3Dモデルを作成し、さらに、BIMが持つ建物のさまざまな属性情報を携帯タブレット用にデータベース化することで、この3Dモデルと属性情報を連携させて利用できます。
2.iPad上でXVLを3D表示、点検業務を効率化
建物内の巡回の際に携帯タブレットを携帯すれば、実物と3Dモデルとを見比べながら、点検対象となる構造躯体、仕上げ、建具、設備機器などの、仕様、材質、基本性能やメーカーなどの情報を検索したり、図面や取扱説明書などのドキュメントを閲覧したり、過去の点検記録や不具合上記録を参照したりすることができます。また、あらかじめ設定した項目に従って点検したり、気づいた点をメモしたり、携帯タブレットのカメラで撮影した写真を関連付けたりすることも可能であり、点検業務の効率を飛躍的に高めます。
3.情報の追加入力などの操作が容易
軽量化した3Dモデル(XVL)や属性情報のほか、点検記録などの追加情報はサーバーに保存します。追加する情報はExcelのファイル形式であるため、必要な情報の追加や削除、点検項目の設定や追加などを行うに当たり、専門的な知識を必要としません。Excelファイルに蓄積された点検記録などのデータは、Excelの機能を活用することで、短時間で任意書式の報告書として出力可能です。

ラティスは、既に豊富な経験を持つ、メカ、点群、建材ライブラリなどとBIMを連携させ、さらなる用途の拡大を目指すとともに、XVLの高いWeb親和性を生かしたIoTとの連携により、リアル情報参照や機器制御、ビッグデータとの連携の道を切り開いていく考えです。一層インテリジェント化が進む建物や施設などの管理に欠かせない技術としてXVLを進化させ、社会に貢献していきます。

XVLについて

XVL(eXtensible Virtual world description Language)は、XML(eXtensible Markup Language)をベースとした超軽量3D表現として、ラティスが提唱する表現形式です。XVLを用いることで、3DCADなどで生成されたデータを数100分の1にまで軽量化することができます。また、メモリーが少ない環境で巨大な3Dデータを高速表示する技術の実装により、ネットワーク環境での3Dデータ共有に最適な形式です。さらに、XVLに変換されたデータは、無償のXVL Playerで閲覧が可能です※。

※ 無償XVL Playerについては次よりご覧ください。

XVLで製造業の3Dデータ活用を支援するラティス・テクノロジー

ラティス・テクノロジー株式会社

ラティス・テクノロジー株式会社は、ネット上での軽量3Dソリューションを提供するために1997年10月、慶応義塾大学(当時)の千代倉弘明教授らが中心となって設立したソフトウェアベンチャー企業です。世界トップ水準の性能を持つ3D軽量化技術XVLをベースとした3Dデータ活用ソリューションをご提供しています。設計を検証するデジタルモックアップから設計・製造情報を伝達するためのテクニカルドキュメントまで、3Dデータ活用のソリューションを幅広くご提供しています。

本社 〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル10階
サイト ラティス・テクノロジー株式会社
代表取締役社長 鳥谷 浩志
資本金 7億円
設立 1997年10月

Vmech、XVLはラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です。
その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP