• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

ラティス、大容量3Dモデルを使って作業者姿勢をリアルタイム評価

2016年4月21日東京、ラティス・テクノロジー株式会社(以下、ラティス)は、大容量3Dモデルを見ながら作業する人を、モーションキャプチャーすることでリアルタイムに検証することを可能にした新たなXVLソリューションを開発したことを発表しました。

ラティスの軽量3次元データ「XVL」は、世界レベルの基本性能を持つことから、3次元CADの大規模データを扱うソリューションの基盤として、国内外の数多くの製造業で採用されています。XVLは自動車のような部品点数が3万点に及ぶ製品でも、フルアセンブルした状態でパソコン上に軽快に表示できるので、試作レスのキーとなる技術として、その適用分野の拡大が期待されていました。

データ提供:トヨタ自動車株式会社

データ提供:トヨタ自動車株式会社

モーションキャプチャーで人の動きを取得、試作前でも作業工程改善へ

新ソリューションでは、モーションキャプチャーで人の動きを取得し、XVLで表現されたヒューマンモデル上にリアルタイムに再現します。これまで見過ごされていた作業者の効率性や負荷を、容易に評価できるようにしました。デジタルモデルを利用することで、試作機のない早い段階から、作業者のあらゆる姿勢を評価することができます。

また、取得したモーションキャプチャーの動きは3DアニメーションとしてXVLに保存され、無償ビューアーのXVL Playerで関係者と共有し、設計や作業工程の改善につなげることが可能です。

ラティスは次世代ものづくりITとして、CADでは解決できない問題を解決するという「CAD+1」というコンセプトを提唱してきました。CAD+1では実機を超えるデジタル検証の実現を目標としています。新ソリューションでは、点群を含む3Dモデルに、実際の人の動きも取り込むことで、これまで実運用が困難であった総合的なデジタル検証を可能にします。

新ソリューションは、5月20日(金)に品川で開催される「XVL 3次元ものづくり支援セミナー2016 東京会場」で紹介すると共に、5月25日(水)~5月27日(金)に横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2016 横浜」に参考出品します。

活用例:作業者姿勢検討

作業者に無理な姿勢をさせていないか、安全が確保されているかの検証を、XVL Studio Pro for MREAL※による仮想環境と組み合わせることで、実機完成前に、検証可能です。

作業者はバーチャル空間のXVLモデルを見ながら、その場に製品があるかのように組順に沿って作業姿勢を取ることができます。その動きをモーションキャプチャーすることで、リアルタイムに3DのXVLヒューマンモデルに反映させることが可能です。

モーションキャプチャーで取得した動きは、XVLの3Dアニメーションとしてデータ化されます。検討時にどのような作業姿勢や動きになっていたかを、データを持ち帰り自席のパソコンで再度確認ができるので、客観目線で検証することができます。

※ XVL Studio Pro for MREALはキヤノンITソリューションズ株式会社取扱製品です。MREALはキヤノン株式会社の商標または登録商標です。

XVLについて

XVL(eXtensible Virtual world description Language)は、XML(eXtensible Markup Language)をベースとした超軽量3D表現として、ラティスが提唱する表現形式です。XVLを用いることで、3DCADなどで生成されたデータを数100分の1にまで軽量化することができます。また、メモリーが少ない環境で巨大な3Dデータを高速表示する技術の実装により、ネットワーク環境での3Dデータ共有に最適な形式です。さらに、XVLに変換されたデータは、無償のXVL Playerで閲覧が可能です※。

※ 無償XVL Playerについては次よりご覧ください。

XVLで製造業の3Dデータ活用を支援するラティス・テクノロジー

ラティス・テクノロジー株式会社

ラティス・テクノロジー株式会社は、ネット上での軽量3Dソリューションを提供するために1997年10月、慶応義塾大学(当時)の千代倉弘明教授らが中心となって設立したソフトウェアベンチャー企業です。世界トップ水準の性能を持つ3D軽量化技術XVLをベースとした3Dデータ活用ソリューションをご提供しています。設計を検証するデジタルモックアップから設計・製造情報を伝達するためのテクニカルドキュメントまで、3Dデータ活用のソリューションを幅広くご提供しています。

本社 〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル10階
サイト ラティス・テクノロジー株式会社
代表取締役社長 鳥谷 浩志
資本金 7億円
設立 1997年10月

Vmech、XVLはラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です。
その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP