• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

3Dデータの機構を用いてデバッグが可能なシミュレーター、設計変更の引継ぎも可能に

ラティス・テクノロジーは2017年1月17日、機械設計者向け「XVL Kinematics Suite」と制御ソフトウェア設計者向け「XVL Vmech Simulator」の新製品を発売する。価格はXVL Kinematics Suiteが220万円(税別、ノードロックライセンス)、XVL Vmech Simulatorが200万円(税別、ノードロックライセンス)。

※ 本記事は、製造業技術者向けポータルサイト「MONOist」から転載しています。

3Dデータによる機構の動きとプログラムを直接つなげる

同製品は3Dデータ軽量化フォーマットのXVLを利用したシミュレーターで、3Dデータによる機構の動きと、PLCなど制御ソフトウェア側のプログラムとを直接つなげて検証が行えるもの。

新製品では設計変更機能を強化。設備に設計変更が起こっても、あらかじめ設定しておいた機構の情報を以降のモデルに引き継ぐことが可能だ。カムの設定において面が適用可能となり、総当たりの干渉チェックといった新機能追加も行った。

最新の3D CADでは機構解析にも対応しているが、複雑な機構となるほどフリーズする、あるいはデータが展開できないといった問題が起こり得た。XVLを利用することで大規模なデータの機構の動きが再現可能となった。

同社によれば、旧バージョンにおいてはユーザー企業が「35人日(1セルごと)」の工数削減に成功したという。仮想メカを用いたソフトウェアのデバッグが可能になったことで、装置完成以前に制御ソフトウェアの品質を高められたとしている。

※ 本記事は、製造業技術者向けポータルサイト「MONOist」から転載しています。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP