• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

ラティスと図研、配線設計ツール「XVL Studio WR」を共同開発

XVLで直感的なケーブル配策経路検討を実現、株式会社図研より販売へ

2017年7月5日、ラティス・テクノロジー株式会社(以下、ラティス)は、株式会社図研(以下、図研)と産業機器のケーブル配策経路検討を直感的に実現する「XVL Studio WR」を共同開発したことを発表しました。本製品は、2017年7月に図研より発売されます。

直感的な配策設計・検討を実現

産業機械や半導体製造装置等のメカトロ製品では、製品を構成するモジュールへの電源供給やモジュール間の通信のために多数のケーブルが利用されています。昨今、こうした製品では、3D CADが設計で使われるようになってきましたが、ケーブルは製品を構成する複数のモジュール間をつなぐ形で設計するため、3D CADでモデリングするにはデータが非常に重たくなるという問題があります。このためケーブル引き回しは実機を用いて検討するという企業が多く、問題発見のタイミングが遅れるため、製造段階で手戻りの原因や納期を短縮できないなど課題がありました。

今回、ラティスと図研が共同開発した軽量3次元データ「XVL」を用いて3D配策検討を行う「XVL Studio WR」は、製品3Dデータに、図研の電気設計CAD「E3.series」から回路情報などを継承することで、論理接続を考慮した直感的な配策設計・検討を実現します。実機がなくても、設計段階の3Dデータで配策経路検討ができるので、製造段階で発生する問題を未然に防ぐことができます。また、大容量3Dデータを軽快に扱うXVLの特長により、3D CAD操作に不慣れな生産技術・製造部門などでも簡単な操作で配策設計・検討を可能にします。

XVL 3次元ものづくり支援セミナー2017 東京海上 図研資料より抜粋

ラティス・テクノロジー株式会社

ラティス・テクノロジー株式会社は、ネット上での軽量3Dソリューションを提供するために1997年10月、慶応義塾大学(当時)の千代倉弘明教授らが中心となって設立したソフトウェアベンチャー企業です。世界トップ水準の性能を持つ3D軽量化技術XVLをベースとした3Dデータ活用ソリューションをご提供しています。設計を検証するデジタルモックアップから設計・製造情報を伝達するためのテクニカルドキュメントまで、3Dデータ活用のソリューションを幅広くご提供しています。

本社 〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル10階
サイト ラティス・テクノロジー株式会社
代表取締役社長 鳥谷 浩志
資本金 7億円
設立 1997年10月

Vmech、XVLはラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です。
その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP