• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

3DCAD(3次元設計)

Autodesk Inventorのフリーフォームで柔軟なモデリングを
直感的な操作で形状を作成でき、曲面形状の作成に適したフリーフォームモデリング。Autodesk Inventorに搭載されているフリーフォーム機能は、他のCADよりも柔軟なモデリングをご提供できる自信があります。
「SOLIDWORKS」の新機能がリアリティーショーに、次世代トップモデラーを目指せ
SOLIDWORKS World 2017の最終日、3DCADツールSOLIDWORKSの次期バージョン「SOLIDWORKS 2018」の新機能が発表された。四つのエコシステムに対応する新機能に加えて、次世代トップモデラー(トップモデルではない)を...
大塚商会による3Dエクスペリエンス ホスティングサービス!
CATIA V5の後継システムとなるCATIA 3DEXPERIENCE。もう3Dエクスペリエンスは皆様の目前にまで迫っています。大塚商会では、3Dエクスペリエンスの導入検証を安く、気軽に実施いただけるホスティングサービスをご用意しました。
無償CAD DraftSight 2017に搭載された新機能とは?
DraftSightとは、DWGファイルを作成・編集・閲覧ができる無償2次元CADです。DraftSight 2017がリリースされ、どのような機能が強化されたのか詳しくご紹介します。
無償3D CAD「123Dシリーズ」がサービス終了へ、「Tinkercad」などに機能統合
オートデスクは無償3DCADツール「123Dシリーズ」の新規サービス提供を2017年3月31日で終了する。123Dシリーズの機能は、同社のコンシューマー向け3DCADツール「Tinkercad」「Fusion 360」「ReMake」に移植、統合され...
初代Wildfire以来のGUI大改良と、IoTや3Dプリンタなど最新テクノロジーとの連携強化に注目‐Creo 4.0
PTCは同社3D設計ツール新製品「Creo 4.0」を発表。記者発表会では「Wildfire 1.0」以来になるという大幅な操作性改善や、幾何公差記入サポート機能の追加、3Dプリンティング出力機能などについて説明した。
eDrawingsでVR体験! 実際にどのように見えるのか?
eDrawingsは2D・3Dデータを閲覧できる無償のビューアーです。モバイル版ならではの機能として、VR(仮想現実)機能が追加されました。実際にGoogle Cardboardを使用して、VRで設計データをどのように見えるのかレポートします。
「SOLIDWORKS」と「xivley」でIoTデバイスのバーチャルツインを作り出す
ソリッドワークス・ジャパンは、年次イベント「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2016」に合わせて記者会見を開き、3次元CADツール「SOLIDWORKS」などによるIoTデバイス開発の手法を紹介した。
進化したSOLIDWORKS 2017 何がどう変わった?
SOLIDWORKS 2017は250項目におよぶ機能の強化・改善が行われています。使いやすさはもちろん、革新的な機能の追加により、従来バージョン以上に柔軟に利用できるようになりました。
他社ネイティブデータも直接開ける! SOLIDWORKS新機能「3D Interconnect」とは?
2016年11月15日より国内販売が開始されるSOLIDWORKS 2017。注目は3D Interconnectという他社のネイティブデータを変換せずに、直接SOLIDWORKSで開いて使用できる機能です。3D Interconnectを使用するメ...
SOLIDWORKS Visualize 簡易操作マニュアルを差し上げます!
写真品質のビジュアルコンテンツをできるSOLIDWORKS Visualize。SOLIDWORKSサブスクリプションに加入いただいているお客様は無償で利用できることをご存じですか? まだ使用していないお客様向けに、簡易操作マニュアルをご用意しました...
プラスチック製品成形はSOLIDWORKSにお任せあれ!
要件を満たしたプラスチック製品づくりには、上流工程で成形不良を予測しておくことが、トータル的に開発期間の短縮やコスト削減に結びつきます。SOLIDWORKSには、プラスチック製品特有の形状作成を支援する機能が用意されています。
SOLIDWORKSのダウンロードコンテンツを使いこなせていますか?
SOLIDWORKSには、すぐに使える部品、フィーチャー、ライブラリデータなどのさまざまなコンテンツが用意されていることをご存知ですか? しかも、そのほとんどが無償もしくはサブスクリプション契約の締結でご利用いただけます。
情報量の多いアセンブリから正確に部品内容を把握するには?
3次元CADによる設計では、アセンブリに多数の構成要素を組み合わせて製品形状を再現するため、正確に部品内容を把握することは困難です。「サッと構成要素を知りたい!」そんな方に、SOLIDWORKSに搭載されている、部品表やテーブル機能をご紹介します。
【無料セミナー動画】SOLIDWORKSで実現! 3Dの効果を最大限に発揮する3Dデータ活用術
SOLIDWORKS製品を利用した3Dデータ活用で、企業全体に効果を生み出す方法をご紹介! 3Dデータは製造業のさまざまな業務・部署で活用することで、多くの効果を得られます。全6回のSOLIDWORKSオンラインセミナーをオンデマンドでご提供します。
2016年の学生フォーミュラは過去最多106チームが参加、インドや中国からも
自動車技術会は2016年7月7日、東京都内で会見を開き「第14回 全日本学生フォーミュラ大会」の開催概要などを発表した。会場は、静岡県袋井市の小笠山総合運動公園(エコパ)、2016年9月6~10日の5日間で実施。エントリーは過去最多の106チームとな...
SOLIDWORKSでできる設計モデルの最適化
SOLIDWORKSには、仕様や強度に配慮した設計モデルの最適化機能が搭載されています。形状検討の際に重要な強度維持や軽量化も、条件を満たした最適な形状を自動生成できるので、解析に不慣れなユーザーでも短時間で最適なモデルを作成できます。
製造コストダウンは設計者ではなくツールに任せてみませんか?
製造の知識・経験が乏しい設計者には、設計段階で製造コストを予想することは難しい問題です。SOLIDWORKSに搭載された「SOLIDWORKS Costing」は、作業中の設計データから自動で製造コストを見積りでき、形状などの変更も見積り結果へ即座に...
製品開発のカギを握る構想設計を効率化するソフトウェアとは?
フロントローディングにおいて、構想設計がQCDの7~8割を決定するといわれるほど重要なプロセスを担っています。その反面、フロントヘビーに陥りやすいプロセスでもあります。製品のDNAを決定する構想設計を効率化するソフトとは?
誕生から20年進化し続けたSOLIDWORKSは操作性に自信があり
CAD選定時に最も重視されるのが「使いやすさ」。SOLIDWORKSは競合他社と比べて、使いやすさで高い評価を得ています。初めてCADに触る方から操作に慣れたベテラン設計者まで、快適に利用いただけるよう進化したSOLIDWORKSの操作性をお確かめく...
ビジュアライゼーション ~プレゼンへの3Dデータの活用~(第5回目連載)
最終回となる今回の特集は、動画とサンプルを交えてビジュアライゼーションツールをご紹介します。Autodesk Showcaseによる3次元モデルのビジュアル化や、Inventorで出力した3D PDFを用いれば、実環境での製品イメージや動画マニュアル...
デザインの現場におけるアナログとデジタル(後編)
近年機能の向上などにより、ラフスケッチやポンチ絵を参考に直接サーフェスモデリングを実行する手法や、デジタル空間でアナログ的な絵や3D曲線を直接描く手法が用いられています。従来とは異なる新たな価値を生み出す手法を詳細にご紹介します。
デザインの現場におけるアナログとデジタル(前編)
現代はデジタル化により、形状を3Dデータで忠実に再現できるようになりました。しかし、デザインの現場ではいわゆるラフスケッチやポンチ絵に代表されるアナログ的な手法が今も用いられています。アナログを3DCADデータ化するさまざまな手法をご紹介します。
デザイン業務におけるCAID(ケイド)の詳細と活用事例
生活を取り巻く身近な「モノ」。現代社会では機能だけでなくデザインも重要視されています。このコラムでは、近年注目度が高まっているコンピューターによる工業デザイン支援「ケイド:CAID」に着目、時代の変化に伴う手法の変化などをご紹介します。
オートデスクの意匠設計ツール、2017年版は曲線設計の操作性を向上
オートデスクは2016年4月18日、自動車向けのデザイン支援ソフトウェア「Autodesk Alias」「Autodesk VRED」の2017年バージョンを発表した。
図面作成の効率化 ~2次元CADと3次元CADの融合設計~(第4回目連載)
2次元CADと3次元CADの融合設計は、2次元CAD図面を流用しつつ3次元設計を行うことで無理なく3次元化を行え、図面作成の効率化が期待できます。3次元モデルを2次元CADに落とし込むAutoCAD MechanicalとInventorの連携など、...
ジェネレーティブデザインを切削加工で生かす「Inventor 2017」、STLの再編集も
オートデスクは2016年4月6日、東京都内で会見を開き、製造業向け3次元CADツール「Inventor」の最新バージョン「Inventor 2017」を発表した。
SOLIDWORKS Industrial Designerで工業デザインの概念設計が変わる
SOLIDWORKS Industrial Designerは、アナログな概念設計を簡単にデジタル化できるので、製品開発の高速化が実現できます。フリーハンドの作図からデジタルモックアップをすばやく作成。設計情報の管理・共有機能で、多くのアイデアを無駄...
トヨタとヤンマーの新型船開発は異例の短期計画、「挑戦的でやりがいあった」
トヨタ自動車とヤンマーは、「ジャパンインターナショナルボートショー2016」で、2016年3月1日に両社が発表したマリン事業の提携について説明した。
SOLIDWORKS VisualizeでCADデータから写真品質のコンテンツを作成
SOLIDWORKS Visualizeは、CADデータから写真品質のビジュアルコンテンツを簡単に作成できます。ドラッグ&ドロップで現実の製品を再現できる、専門家でなくても扱いやすいインターフェイスを実装。CADデータから作成できるコンテンツや機能を...
オートデスクとシーメンスがソフトウェア間の相互運用性強化に向け協力
オートデスクとシーメンスは、ソフトウェア間の相互運用性強化に関する契約を締結。両社のソフトウェア間の相互運用性を強化し、設計開発現場におけるマルチCAD環境の課題を解決していく方針を明らかにした。
シミュレーション ~手戻りの防止とコスト削減~(第3回目連載)
デジタルプロトタイピングの中でも、とりわけ重要なプロセスが「解析」です。解析を活用できれば、設計や製品開発の無駄を減らすことができ、開発期間短縮にコスト削減まで期待できます。今回は解析に便利なAutodesk製品を動画を交えてご紹介します。
4K / 5Kディスプレイでの設計効率を上げるSOLIDWORKSの工夫
設計者にとって高解像度ディスプレイは、美しく大画面というだけでなく、使い方次第で設計の効率化やクオリティ向上も期待できます! SOLIDWORKSには4K / 5Kディスプレイで快適に作業できる工夫がなされています。その工夫とは…?
勘や経験に頼らず、確実な概念設計を行うコツ
概念設計に解析を取り入れたsolidThinkingは、勘や経験に頼らず確実な概念設計を行えます。設計の初期段階で最適化を行い、導き出された最適化形状を利用したスムーズな詳細設計を行えるなど、工期短縮と効率化を実現するさまざまな機能をご紹介します。
アセンブリ ~Autodesk製品の連携による、効率的な開発~(第2回目連載)
多くの設計チームでは、電気(エレキ)系と機械(メカ)系それぞれ別の担当者に分かれていると思います。さまざまな工業製品で電子制御の比重が高まってきている現在、このエレメカ連携をスムーズに行えるかどうかが、製品設計の大きなポイントです。
2016年から始まるオンラインサービス「MySolidWorks」を先取り!
2016年より日本国内市場に展開すると発表したMySolidWorks。MySolidWorksはSOLIDWORKSに関連する情報の検索機能やコミュニティ・ナレッジなどの各種コンテンツを一つのサイトに集約したオンラインサービスです。
重量と性能のトレードオフ問題を解決する環境づくり
パラメーター最適化は実製品に近い形状で設計変数の範囲も指定できるため、そのまま採用しやすい製品形状を見つけるのに有効です。しかし、要求性能は機能、強度以外にもさまざまあり、各要素が複雑なトレードオフ関係であるケースが多くあります。
2015年度の国内CAD/CAM/CAE市場規模は、前年度比4.7%増の3384億円に
矢野経済研究所は「CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査結果 2015」を発表。2015年度においては中国経済の減速感はあるものの、民間企業部門は高い収益状況を維持しており、前年度比4.7%増の3384億円になる見込みだという。
モデリング ~2次元の資産を活用しながら3次元で自由な形状を描く~(第1回目連載)
「2次元設計のノウハウや資産も活用してモデリングをしたい!」とお考えの方が多くいらっしゃいます。Autodesk Inventorなら2次元を活かした設計ができます。その秘密を動画を交えてご紹介します。
Autodesk Inventorを使って電気ケトルを設計しよう(全5回)
製品のライフサイクルが短くなっている今、製造工程における納期短縮は大きな課題です。解決の鍵となるのが「デジタルプロトタイプによる製品開発」です。本連載では「ある家庭用キッチンメーカーが電気ケトルを設計する」想定で、デジタル プロトタイプによる製品開発...
「イノベーションプラットフォームに育て上げる」SOLIDWORKSの将来展望
ソリッドワークス・ジャパンは、年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015」の開催に併せ、「SOLIDWORKS」ブランドの最高経営責任者であるジャン・パオロ・バッシ氏を迎え、記者説明会を開催。SOLIDWORKSの近...
最新OS Windows 10でSOLIDWORKSを使ってみた
SOLIDWORKS 2015 SP5以降とSOLIDWORKS 2016がWindows 10に対応しています。最新のOSやSOLIDWORKSを使用すると、操作・設計業務にどのような効果をもたらすのでしょうか?
実世界のデータを生かした製品設計が可能になる次期「Creo」
PTCジャパンは、ユーザーイベント「PTC LiveWorx Japan 2015」を開催。同イベントの分科会の中で「Creo」の最新情報と今後のロードマップについて発表した。
SOLIDWORKS 2016 新機能ガイド
新しいバージョンごとに多くの強化が行われているSOLIDWORKS。誕生から20年、24回目のリリースとなるSOLIDWORKS 2016でも、およそ240項目におよぶ機能強化や改善が行われています。SOLIDWORKS 2016に搭載された新機能や...
既存概念にとらわれないトポロジー最適化とは?
ある自動車メーカーは最新の設計最適化技術である「トポロジー最適化」を用いて、軽量化目標を達成しました。このトポロジー最適化の考え方と軽量化の成功要因について探ってみましょう。
突然、10%を超える軽量化を求められたらどう対応する?
ある自動車メーカーにおいて「新型モデルでは、先代モデルと比べて10%(パーセント)を超える軽量化目標を達成する」という指示があったそうです。この自動車メーカーでは、どのようにして軽量化目標を達成したのでしょうか?
eDrawings 2015のユーザーインターフェイスが進化しました
設計部門がSOLIDWORKSで作成した部品、アセンブリ、図面データを他部署や取引先と共有できるeDrawings。eDrawingsは、2次元図面や3次元モデルを高圧縮して共有・閲覧できます。Windows版eDrawings 2015では、ユーザ...
ついにリリース!Autodesk Inventor 2016版SPI-3Dシートメタル
全世界のAutodeskユーザーに独自のシートメタル設計のツールを提供してきたSPI社がAutodesk Inventor 2016版SPI-3Dシートメタルをリリース。加工に必要な情報を属性として与えられる、コーナーの分割/継ぎ目など詳細部の設計が...
SOLIDWORKS Solution Seminar 東京開催レポート
2015年も東京、大阪にてSOLIDWORKS Solution Seminarを開催しました。デザインマネジメントの株式会社エムテド 田子學氏をお迎えした基調講演や昨年も好評だったものづくりワークショップを開催。両会場共に100名を超える大勢のお客...
SOLIDWORKS 2015から3Dプリンターへ直接印刷可能に
SOLIDWORKSで作成したモデルを3Dプリンターで造形する場合、SOLIDWORKSから出力されたSTLファイルをスライスソフトウェアを使用してスライシングデータを作成し、3Dプリンターで造形します。それがWindows 8.1のOS環境であれば...
マルチCAD環境を自由にするPTC Creo Unite Technology
Unite TechnologyはCADフォーマットを問わず、データの活用や統一できるため、データ変換にかかるコストを削減します。複数のCADフォーマットがあっても、単一CADフォーマットで作業しているような作業性、更新性を保持します。
SOLIDWORKS MBDで2次元図面レスのものづくりを実現
3次元による設計が普及してきた今でも製造工程では2次元図面が必要とされています。SolidWorks社からリリースされたSOLIDWORKS MBDで3次元モデルを作成すると、図面と同じような情報(モデルの表示状態、角度、PMIの表示状態など)を確認...
AutoCAD対Autodesk Inventor モデリング機能八番勝負!
AutoCADは3次元モデリング機能も備えていますが、デザインや製品コンセプトを簡易的に表現することを目的としているため、詳細に形状を定義したモデリングはできません。Autodesk Inventorと比べて機能や使用方法において多くの点が異なります...
CATIAの歴史を聞いて、CATIA 3DEXPERIENCEを知る
長年ハイエンドCADとして優れた設計・開発環境を提供してきたCATIA。このCATIAの最新バージョンが「CATIA 3DEXPERIENCE」です。世界のものづくりを支えるCATIAの歴史を振り返りつつ、CATIA 3DEXPERIENCEの概要を...
適切なライセンス管理でSOLIDWORKSを有効活用するコツ
SOLIDWORKSには、二つのライセンス形態(スタンドアロンライセンスとネットワークライセンス)とさまざまな管理機能があります。これらをうまく活用し管理することで、余剰ライセンスを省き、コストダウンにつながります。
SOLIDWORKS 2015は簡単操作でアセンブリツリーを一発作成
新規製品の設計を開始する際、設計の初期段階ではプロジェクトリーダーにより構成を再現するアセンブリ作成が行われます。この時、製品を構成するユニットや部品に合わせて新規にアセンブリ・部品を作成しますが、大規模な製品の設計では多くのファイルが必要になり、製...
無償の2次元CAD・DraftSight 2015に追加された機能とは?
DraftSightはDWGファイルを作成、編集、閲覧できる無償の2次元CADソフトウェアです。2014年10月にDraftSightの最新バージョンである2015がリリースされました。無償版DraftSightでは最近使ったドキュメントを表示できる...
CATIA on the Cloudをお勧めするには理由がある!
従来、CATIA V6と呼ばれていた製品は最新リリースR2014xから3Dエクスペリエンス・プラットフォーム上で提供される「CATIA 3DEXPERIENCE」として生まれ変わりました。このCATIA 3DEXPERIENCEはCATIA on t...
SOLIDWORKS 2015 新機能ガイド
毎年最新バージョンがリリースされ、その度に機能の強化・追加が行われてきたSOLIDWORKSは20年目となる2015バージョンにおいても、前回バージョン以上(232個)に多く機能強化が行われています。
概念設計が変わる!SOLIDWORKS Mechanical Conceptual
製品の価値を決める概念設計では、非常に多くの人員と工数が関与しています。現状では、紙やホワイトボードによるポンチ絵などの非デジタル媒体で検討しており、評価・共有・管理・設計への展開が困難になっています。このような課題を解決するために、概念設計に最適な...
2次元設計の落とし穴~2次元CADを使い続けるリスク~
近年、多くの現場で3次元CADが導入されています。しかし、今なお2次元CADによる設計を行っている企業は少なくありません。「3次元の必要性を感じない」との理由が主ですが、実は2次元での設計は大きな損失を招く可能性が秘められています。
SOLIDWORKS搭載のTolAnalystで公差解析を極める!
過去の設計の値をそのまま使用したり勘や経験を基に公差を設定していませんか?SOLIDWORKSに搭載されている「TolAnalyst」なら、公差による製品への影響を評価しながらコストと品質に配慮した適切な設定を導き出すことができます。
SOLIDWORKSのデータ互換機能をご存じですか?
設計現場では、異機種CADのネイティブデータや中間フォーマットデータの受け渡しが発生するため、さまざまなデータ形式を取り扱います。SOLIDWORKSは豊富なデータ形式に対応するだけでなく、取り込んだデータの問題を検証する機能や品質チェック機能などを...
Autodesk InventorとAutodesk Inventor LTは何が違うの?
Autodesk Inventor LTはAutodesk Inventorの簡易版製品です。3Dで部品設計や部品図の作成まではできますが、アセンブリ作成はできません。上位版Autodesk InventorやAutodesk Inventor Pr...
SOLIDWORKS Inspectionで検査表作成の煩わしさから解放
SOLIDWORKSブランドからリリースされた「SOLIDWORKS Inspection」は検査表の作成時間を劇的に短縮します。どのくらい短縮できるのかは・・・本トピックスでご確認ください。
2次元ユーザーでも乗り換え簡単!SOLIDWORKS初心者向け機能
「2次元設計から3次元CADへの移行は難しい」「本当に3次元で設計できるのか?」とお考えの方に朗報!SOLIDWORKSには、初めて3次元CADを使うユーザーでも効率的に設計を進められる機能が搭載されています。
ダイレクトモデリングで高度な作業はできないのか?
ダイレクトモデリングは直感的で習得が容易なCADとして注目を集めています。「簡単な形状しかできないのでは?」と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。今回はパラメトリックモデリング機能と対比させながら、ダイレクトモデリングの高度な機能をご紹介し...
計算過程を上手に残せていますか?技術計算の現状
ものづくりにおいて、技術計算は品質やコストを決定する上で重要な作業です。特に、設計の上流過程での計算は単なる数値計算をするだけではなく、設計の根拠をしっかりと残す必要があります。では、設計における計算の現状はどうでしょうか?
3DCADで悩んだら、ダイレクトモデリングを試してみよう
3DCADの用途は3Dプリンターによる試作作成やアニメーションの作成、CAE、干渉チェック・・・など多岐に亘ります。しかし、実際に試してみたところ挫折してしまう場合があります。そこでお勧めしたいのが、Creo Elements/Direct Mode...
SOLIDWORKS 2010~2014新機能ガイド
本ガイドではSOLIDWORKS 2010~2014の間に強化された機能の一部をご紹介します。導入やバージョンアップをご検討中のお客様や古いバージョンをご使用しているお客様は必見です。
動画で分かる板金加工検証ツール「CAL」
CALはSolidWorksやInventorで作成された板金部品を基に、板金の曲げ加工の可否を検証し、板金部品の曲げ加工時における効率的な工程作成と正確な伸び値を計算できる板金加工検証ツールです。今回はCALによる曲げ工程の検証や曲げテーブルの3D...
類似部品を一発で検索!3DPartFinder for SolidWorks
既存部品と似たような部品を一から設計している・・・なんてことはありませんか?そんな方に、指定した部品と類似する形状を検索できるSOLIDWORKSアドインツール「3DPartFinder for SolidWorks」をご紹介します。
最新版DraftSight V1R5の新機能に迫る
DraftSightはDWGファイルを作成、編集、閲覧できる無償のDassault社2次元CADソフトウェアです。2014年1月にリリースされた最新版DraftSight V1R5に搭載された機能に迫ります。
設計したら壊してみよう!CAD上で構造解析
Autodesk Inventorの解析機能は設計者自身がCAD画面上で検証できるため、CAE専任がいなくても設計した製品をすぐに検証し、問題を修正できます。本製品の解析機能と活用法をオンラインセミナーでご紹介します。
3次元で製品の動きを簡単再現!SolidWorksアニメーション機能
SolidWorksには作成した3次元モデルを動かすアニメーションを定義する機能が搭載されています。モデルを回転させたり移動するといったシンプルな動きだけでなく、モデルの分解工程を再現したアニメーションやアセンブリモデルを実際の製品のように動かした様...
驚愕!KeyShotで3次元データからレンダリングイメージを作成
3次元データの活用方法の一つとして「レンダリングによる製品のイメージ画像の作成」が挙げられます。KeyShotなら簡単な操作で高品質なレンダリングイメージを作成できます。社内レビューやプレゼンテーション、自社カタログなどさまざまなシーンでKeySho...
2Dと3Dの「いいとこどり設計」の方法、お教えします
2DCADに加えてAutodesk Inventorを使用すると、過去の資産を無駄にすることなく2Dと3Dを融合させた設計ができます。業務に負担をかけずに3Dデータも活用する「いいとこどり設計」の方法をオンラインセミナーでご紹介します。
流用設計、解析、データ連携の悩みはCreoにお任せ
ノウハウを活かした流用設計をしたい、早期に解析を行うとあとが楽、ほかCADとデータ連携を簡単にしたい・・・分かっているけれど、設計の現実が立ちはだかります。設計者のお悩みはCreoにお任せください。
短期集中で学ぶ!公差設計・解析と幾何公差のキホン
「公差」は製品全体の品質やコストを左右します。そして今、図面の公差を見直したり「幾何公差」の活用を推進する企業が増えています。しかしながら体系的に学べる場がなく、運用定着や社内教育に悩む企業は少なくありません。そこで、この2つの知識を短期間で効率よく...
SOLIDWORKS 2010~2014新機能ガイド 基本機能
SOLIDWORKS 2013以降に搭載された基本機能をご紹介します。
SOLIDWORKS 2010~2014新機能ガイド 部品
SOLIDWORKS 2011以降に搭載された部品の機能をご紹介します。
SOLIDWORKS 2010~2014新機能ガイド アセンブリ
SOLIDWORKS 2012以降に搭載されたアセンブリ機能をご紹介します。
SOLIDWORKS 2010~2014新機能ガイド 図面
SOLIDWORKS 2011以降に搭載された図面の機能をご紹介します。
SOLIDWORKS 2010~2014新機能ガイド SOLIDWORKS Simulation
SOLIDWORKS 2011以降に搭載された解析機能をご紹介します。
意匠検討中のアイディアを具現化しよう
よりよい意匠を創出するためにはより多くのアイディアを評価することが必要です。しかし、紙に描いたアイディアを2次元CAD、さらに3次元CADに入力するといった時間がかかるためすべてのアイディアを具現化できないとお悩みはありませんか?
新入社員研修のお悩み解決します!
大塚商会は1982年に教育事業をスタートして以来、AutoCADやSolidWorks他、各種3次元CAD、CGやCAE(解析)などの多彩なコースラインナップで常に時代にマッチした人材育成サービスを提供しています。新人研修は是非当社にお任せください。
生産ラインの改革は「デジタルファクトリー」が鍵だ!
「デジタルファクトリー」とは製品の設計開発および製造に関わる情報をデジタル化し、工場と生産ラインをまるごとコンピュータ上で検証する手法です。3Dデータを活用し、生産ラインを正確なデータをもって視覚化することで、起こりうるさまざまな問題点を事前に解決し...
最新版DraftSightに搭載されたEnterprise Packとは?
DWG対応2次元CADソフトDraftSightの最新バージョンがリリースされました。JIS規格のボルトを含むToolboxや、ブロックの管理・挿入が容易なDesign Libraryなど、より生産性を高める機能を搭載させた「Enterprise P...
SolidWorks 2014新機能ガイド
毎年、機能強化・改善が行われているSolidWorksは今年も最新バージョンとなるSolidWorks 2014で非常に多くの強化が行われています。2014では機能の詳細部分の改良・改善にも尽力されており、よりユーザの使いやすさを考えた機能強化が多数...
データ活用は管理、見る、使うがポイントだった!
データ活用・第三世代の今、1.データ管理2.だれもが簡単に「見る」ことができる仕組み3.さらに簡単に修正できる機能が必要です。これらをすべて網羅ツールとは・・・?
SolidWorks 2014 ユーザインターフェース
SolidWorks 2014ではCommandManagerの表示やClear Typeフォントに対応するなどユーザインターフェースがシンプルになりました。また、FeatureManagerデザインツリーでは最近作成・編集したフィーチャーを表示する...
SolidWorks 2014 スケッチ機能
SolidWorks 2014では少ない手数で定義や編集ができるスケッチ機能へ変わりました。また、[エンティティの置き換え]機能ではフィーチャー作成に使用されているスケッチエンティティを別のエンティティに置き換えることができます。
SolidWorks 2014 アノテートアイテム
SolidWorks 2014ではイメージしたアノテートアイテムをすぐに追加できる図面機能の改良されました。ラベル注記の自動入力機能や記号を一覧表示する[記号ライブラリダイアログ]の追加、Toolbox情報の部品表列挿入、部品表の自動分割機能などが追...
SolidWorks 2014 フィーチャー
SolidWorks 2014からは親フィーチャーを削除する際、関連する子フィーチャーを選択して削除または残しておくことができるようになりました。
SolidWorks 2014 穴ウイザードによるスロット穴の追加
SolidWorks 2014では[穴ウイザード]コマンドでは、新たに「スロット」形状を追加できるようになりました。また、アセンブリ機能ではスロット穴部分にボルト部品などの円筒モデルを配置する[スロット]合致が追加され、スロット面と円筒面を選択する簡...
SolidWorks 2014 板金加工形状に対応した[板金リブ]機能
SolidWorks 2014では[板金加工形状に対応した[板金リブ]機能とオプションの追加されました。板金機能の一つ[ロフトベンド]では「ファセットオプション」が新たに追加され、指定したファセット値を基にベンドを作成し、ロフト形状のコーナー部分を再...
SolidWorks 2014 アセンブリ
SolidWorks 2014ではアセンブリ上での操作や情報確認作業を効率化されました。合致機能では、従来のように合致コマンドを実行しなくても、「Ctrl」キーを選択しながら合致要素を選択するだけで状況依存ツールバー上に使用可能な標準合致アイコンが表...
SolidWorks 2014 簡易コスト計算
SolidWorks 2014では加工形状をフィーチャーで認識するため、非常に詳細なテンプレート設定が必要だったCostingでは、より簡単に、簡易的なコスト計算ができるよう改善されました。
SolidWorks Electricalの強化
SolidWorks 2013から新たなプロダクトとして登場したSolidWorks Electricalも多数の機能強化が行われています。
SolidWorks 2014 CircuitWorks連携強化
SolidWorks Flow SimulationではCircuitWorksとの連携機能が強化されました。CircuitWorksでは電気系CADデータに含まれる構成部品に対して熱属性情報を付加することができるよう強化されました。また、Flow ...
SolidWorks拡張機能「CAL」で板金加工検証がここまでできる
板金製品の製造工程では、干渉や曲げ加工の配慮が必要になります。そのため、精密な形状や特有の加工を再現する設計システムと製造工程での合否を検証する機能が求められます。SolidWorksの拡張機能「板金加工検討機能 CAL」を活用してみてはいかがでしょ...
2次元と3次元、構想設計にはどちらを用いる?
PTCアンケートによると「設計全体において構想設計は非常に重要」と判明しました。自由な発想が求められる構想設計には2次元と3次元どちらがいいの?適したソフトウェアはどれ?という疑問にお答えします。
eDrawings for Androidで広がるデータ活用方法
SolidWorks社より「eDrawings for Android(Android OSのモバイル向けにeDrawings)」がリリースされました。設計部門がSolidWorksで作成したデータを他部署や取引先に受け渡し、外出先でもAndroid...
エンジニアリングのノウハウを搭載したInventorによる金型設計
設計の効率化の一つに、設計部門で作成したデータを金型設計部門でも有効活用することが挙げられます。Autodesk InventorのToolingはInventorに統合された金型機能で、すばやく正確に金型設計を行えます。
PTCのツールは難しい…と思っていませんか?
新しく3次元CADを導入やバージョンアップ、切り替えをした際にユーザ教育や立ち上げに時間がかかるのが一般的かと思います。PTCではお客様のスムーズな立ち上げ支援のために無償・有償さまざまな種類のツールをご提供しています。
パラメトリックCADのダイレクトモデリング機能とは?
PTC Creo Parametric(旧Pro/ENGINEER)は言わずと知れたパラメトリックの雄ですが、最近では「フレキシブル モデリング」というダイレクトモデリング機能も搭載しています。果たして、パラメトリックとダイレクトという両極端の機能を...
SolidWorks別売りソフト「GW3Dfeatures」で自由曲面を描こう
複雑な自由形状をSolidWorksで作成するのは大変・・・と感じていませんか?SolidWorks別売りソフト「GW3Dfeatures」拡張機能を使用すると、標準機能だけでは難しかった滑らかな曲線やサーフェスの作成ができます。設計以外のデザイン部...
Autodesk Inventor 2014の新機能「アセンブリ」に注目
Autodesk Inventor 2014の新機能紹介、今回は「アセンブリ」に注目しました。この機能により部品の組み立てやすさの向上やモデルの簡略化を実現できるようになりました。
3Dプリンタと相性が良いCADソフトはSolidWorksだ!
注目の3Dプリンタをフル活用するには適したCADの選定が必要です。SolidWorksには造形時のエラーをサポートする機能が搭載されています。試作品の「時短」を叶える3Dプリンタのご相談やCADソフトの選定はお気軽にご相談ください。
日本初、3次元CADとビル管理システムの融合を実現
ソリューションプロバイダの株式会社大塚商会は日本で初めて3次元CADとBEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)を連携されたビル節電対策ソリューション「3Dビルコミュニケーションシステム」を2013年9月26日より提供開始します。
SolidWorks 2009~2013新機能ガイド
SolidWorksは、バージョンがあがるたびに、お客様のご要望を数多く取り入れ、進化を続けてきています。ここでは、SolidWorks 2009~2013までに強化された機能の一部をご紹介します。
設計中の煩わしさから解放するSolidWorks編集機能
3次元CAD設計は直接製品形状を描いていく2次元設計とは異なり、さまざまなスケッチ・フィーチャーに変更を加えながら試行錯誤し、設計を進めていくため難しいとお考えの方も多いかと思います。 しかし、SolidWorksには設計上必要となる編集操作を効率的...
SolidWorks 基本機能
SolidWorks2009~2013新機能ガイド(基本機能)ではプロパティ入力項目設定、コンフィギュレーション作成の効率化、関係式の直接入力、相互運用性の機能をご紹介します。
SolidWorks 部品
SolidWorks2009~2013新機能ガイド(部品)では面からの押し出しサーフェス、形状の簡略化、フィーチャーフリーズ、交差ツールを使用したジオメトリ変更などの機能をご紹介します。
SolidWorks アセンブリ
SolidWorks2009~2013新機能ガイド(アセンブリ)では大規模デザインレビュー、構成部品間のクリアランス検証、アセンブリの可視化、干渉認識などの機能をご紹介します。
SolidWorks 図面
SolidWorks2009~2013新機能ガイド(図面)ではラピッド寸法、寸法パレット、隠線表示での構成部品色表示、マグネットラインによるバルーンの整列などの機能をご紹介します。
SolidWorks 検証機能
SolidWorks2009~2013新機能ガイド(検証機能)ではボルト締結評価基準合否判定、2D簡略化スタディ、梁の結果・形状認識などの機能をご紹介します。
SolidWorksでマシンへの負荷を抑えた設計を
SolidWorksには大規模ファイルでも快適な操作を可能にする各種機能が備わっています。部品、アセンブリ、図面の視点からマシンへの負荷を抑える方法をご紹介します。
アセンブリ作成を効率化させるSolidWorks機能
製造業で作成される製品は日々進化しており、製品構造はより複雑になってきています。膨大な数の部品を追加・配置作業や複雑な構造のため、干渉を起こさず設計を進めることがより困難になります。SolidWorksに搭載されたアセンブリ作成機能を活用することで、...
SolidWorks管理者用機能が作業効率アップの近道
SolidWorksの管理者用機能をご存じですか?インストール/アンインストールの自動実行やライセンス情報の把握が簡単に行え、効率的な作業や管理を行うための近道です。
SolidWorksの既存データを活用した効率的な流用設計とは
過去の製品データに修正を加え新規製品データを設計する流用設計は、ゼロから開発するよりも少ない工数で構築できるため、細部のマイナーチェンジには適しています。大規模な変更がある場合には、SolidWorksのデータ活用機能をお勧めします。
SolidWorks ベストデザインコンテスト 投票開始!
大塚商会ユーザ向けに開催していましたデザインコンテストの応募作品をご紹介します。総勢7点の作品となりますが、皆様の投票により優勝者が決定します!コンテストに参加していない方も投票できますので、ご協力のお願いします。
膨大な設計データ管理にSolidWorksファイルプロパティを活用
SolidWorksでは作成したファイルに詳細情報や属性情報をファイルプロパティという形で登録することができます。モデル・図面だけでは分からない情報をプロパティにより把握できるため、より効率的にデータを扱うことができます。
ソリッドデータを活用したSolidWorksによる金型設計
製品設計で3次元CADにより作成されたソリッドデータを金型設計で有効活用されていない場合があります。それは、異機種CAD間でのインポート時の問題やソリッドデータを活用した場合の効果に対する認識が不足しているためと考えられます。
eDrawings for iOSのAR機能によるデザインレビュー
2013年2月にリリースされた eDrawings for iOS バージョン3.0.1では、既存の閲覧・レビュー機能のほかに、仮想現実と現実環境を融合した拡張現実(AR:Augmented Reality)機能が追加されました。AR機能はカメラのビ...
2次元ではできないマルチボディ設計をSolidWorksで実現
SolidWorksでは1部品上に複数のボディを作成、ボディを分割するといった操作によりマルチボディを構築することができるメリットがあります。このマルチボディを効果的に活用するための機能をご紹介します。
SolidWorks CAD Admin Dashboardでマシン情報を一元管理
SolidWorks CAD Admin Dashboardは社内の各コンピューターのSolidWorks情報やハードウェア情報などを一元管理する管理者向けのオンラインツールです。各コンピュータがどのような状態にあるのか一発で把握できます。
医療機器開発でのCAE活用事例
近年、高度医療社会を支える先進的医療機器開発においてシミュレーションの活用が活発に行われています。医療機器における強度、流体解析を中心に設計者向けから専任者向けまでいくつかの活用事例をご紹介します。
SolidWorksを設計以外に活用!3次元データを用いたプレゼンテーション
3次元CADの視覚化による利点を活用することで、設計の効率化に留まらず、幅広い範囲での業務効率化を果たすことができます。SolidWorksには効果的なプレゼンテーションを可能にするさまざまな機能が搭載されています。
医療機器開発をサポートする3次元CAD
日本におけるQMS省令やISO 13485はじめ、各国の法規制に対応するために膨大な試験・認証作業を重ね、それを適切に管理する必要があります。こうしたものづくりの課題を効率的に解決し、医療機器開発をサポートするのが3次元CADです。
Windows 8 でSolidWorks2013はどう動くのか?
MicrosoftからWindows 8 が2012年10月に発売されました。SolidWorksにおいても、SoidWorks2013(64bitのみ)でWindows 8 をサポートしています。Windows 8 でSolidWorksの作業環境...
SolidWorksの異なるバージョン間での相互運用性
従来のSolidWorksではバージョンが異なる場合、データの使用に制限がありました。しかし、最新バージョンのSolidWorks2013では作成したデータをSolidWorks2012 SP5により読み取り専用で開き、使用することが可能になりました...
最適なモデル形状の検討に効果的!Inventor構造解析
Autodesk Inventorの構造解析ツールは、試作・実験をCAEに置き換えて製品の検証を行うことで設計段階で製品強度の問題を把握・修正が可能です。そのため製造工程の初期段階で製品の作り込みを行い、開発期間を短縮することができます。
手軽で使いやすいSolidWorksの形状操作
近年の3次元CADの特長として、モデリング作成の履歴がなくダイレクトに形状を変更することができるダイレクトモデリングの機能が搭載されてきています。SolidWorksはパラメトリックモデリングでありながらも、この機能が搭載されています。
注目の成長産業“医療分野”におけるものづくりの現状とは?
第1回目は医療機器開発のコンサルティングに携わる、株式会社UL Japan医療機器部 部長 肘井一也様と株式会社UL ASG Japan営業部 チャネル・マネージャー 森本知広様に今後の医療業界のマーケットや海外進出する際の留意点などを伺いました。
200以上の機能を強化したSolidWorks2013が登場!
最新バージョンSolidWorks2013は200以上の項目での機能強化が行われました。その多くがユーザ様からの要望を取り入れた機能となっており、お客様にとっての使いやすさを求めた改善や、設計効率の向上を図る機能が多数搭載されています。
医療機器業界にフォーカス
昨今の不況や円高に多くの製造業が苦戦している中、安定した売り上げや今後の成長が見込まれる分野の「医療分野」。この業界のものづくりの現状や課題、解決策などレポートします。
SolidWorks〔Costing〕コスト 見積り機能で製造コストを抑制
SolidWorks2012より搭載された〔Costing〕では3次元モデルから製造に必要なコスト見積りを行うことが可能になります。SolidWorksの部品モデルに対してコマンドを実行し、タスクパネル上でテンプレートの指定、材料の選択などの設定を定...
SolidWorksでできる設定のカスタマイズ
SolidWorksでは、企業やグループの使用に合わせた設定やユーザの使いやすさを向上させるためのカスタマイズ可能な機能が多数搭載されています。カスタマイズすることにより、効果的に作業効率や操作性を向上させることができます。
Autodesk Inventorを使用した2Dと3Dの融合設計
3次元設計のメリットは理解していても、2次元での編集設計が多いため、なかなか移行に踏み切れない場合も多いようです。「2次元CADと3次元CADの融合設計」により、既存の2次元図面を流用しつつ3次元設計を行うことで、無理なく段階的に3次元化を行うことが...
待望のiPad版 eDrawings Proがついにリリース
eDrawings Pro for iPadは、ネーティブのSolidWorksファイル(部品、アセンブリ、図面)、eDrawingsファイル、DraftSight(DWG、DXF)ファイルを表示することができるiPad用プロフェッショナル2Dおよび...
ソリッドワークス・ジャパン「SolidWorks Plastics」を販売開始
ソリッドワークス・ジャパン株式会社は、射出成形の樹脂部品の設計者向け検証ツール「SolidWorks Plastics」を、2012年9月3日より、弊社販売代理店網を通じて日本国内でも販売開始します。
eDrawings for iPadがバージョンアップし、さらに便利に!
eDrawings for iPadがバージョンアップされて、さらに便利な新機能を搭載しました。Version 1.1.0で追加された主な機能をご紹介します。
最新Product Design Suite Standard 2013にInventorが仲間入り
新SuiteでInventorを使った3次元設計をスタートしてみませんか?Product Design SuiteすべてにInventorが入り、設計ワークフロー中で3次元設計からデータ活用までをさらに加速させる構成に変わりました。
新たに生まれ変わったAutodesk Suite製品
初回は今まで販売されていたSuite製品の違いをご紹介します。
大塚商会独自SolidWorksサブスクリプション加入特典
SolidWorksの標準機能にはない機能で、「あったら便利」「設計業務が効率化できる」ツールをサブスクリプション契約を締結中のお客様を対象に、無償で配布するサービスを提供しています。
eDrawings for iPadを使用したSolidWorksデータ共有
電子メールに対応したコミュニケーションツールであるeDrawingsがiPadで使用できるようになりました。eDrawings for iPadはいつでもどこでもiPad上で3Dや2Dデータを閲覧・共有することができます。
SolidWorksを使用した無線機器製品の設計効率化
電話回線による連絡が不能な状態でも無線機器による通信は可能だったため、ものづくりの中で無線機器業界は大きな注目を集める市場の一つとなっています。
SolidWorks2012新機能のご紹介
さらに進化したSolidWorks2012で製品品質の向上と設計業務の効率化を加速!
SolidWorksを使用した設備機械の設計効率化
設備機械の設計には高品質、低コストかつ自然災害に対する対策などの安全性に考慮する必要があり、今まで以上に高い水準を求められます。効率的な設計を可能にするSolidWorksをご紹介します。
需要の高まるユニバーサルデザイン製品をSolidWorksで効率的に設計
これからの社会に求められる付加価値として製品に「使いやすさ」を求めるユニバーサルデザインのものづくりがあります。効率的なユニバーサルデザインのものづくりについてご紹介します。
Autodesk Product Design Suiteによる製品ワークフローの効率化
Autodesk Product Design Suiteは、Autodesk Inventorをメインとした総合的なパッケージ製品です。設計や検証、ビジュアライゼーションなどをセットで使用することで、製品ワークフロー全体をより効率化することができま...
SolidWorksを使用した災害対策製品の設計効率化
災害対策製品の需要急増により競争の激化しているいま、SolidWorksによる効率的な設計が求められています。
複雑な自由曲面も容易に作成できるSolidWorksのサーフェス機能
SolidWorksは高精度で豊富なサーフェス機能を装備しています。サーフェス機能の特徴や使い方までご紹介します。
Tetra4D 3D PDF Converterを使用した3Dデータの活用と協調作業の効率化
3次元CADデータを有効活用するには、設計以外の部署や取引先にデータを受け渡し、共有することが挙げられます。閲覧にはほとんどの3次元CADデータの閲覧が可能な3D PDFがおすすめです。
第4回 Autodesk Showcseで「見せる!魅せる!診せる!」
Suite製品にパッケージングされる「Autodesk Showcase」が今注目されています。Suite製品を購入、バージョンアップされて「このShowcaseってなんなの?」という疑問を持ってる方も多いと思います。 今回は「Autodesk Sh...
ハイエンドCADからSolidWorksへの移行のご提案
コストダウン対策には、システム導入コストだけでなく、その後のランニングコストも含めて評価したTCOを考慮して見直すことが重要です。機能的にハイエンドCADと大差なく保守料金など維持費の少ないSolidWorksをご紹介します。
3次元CADライブラリ管理PARTsolutionsの形状検索機能による設計効率化
CADライブラリ管理には、社内設計ルールの取り決めやデータの一元管理が必要になります。ライブラリ管理と部品の再利用の促進を実現するPARTsolutionsをご紹介します。
オートデスクモバイルツール、Cloudサービスはご存知ですか?
近年モバイル端末、クラウドなどの仮想化が話題となっていますが、オートデスクでもこれらに対応するツールが次々と発表されています。どのように業務に利用できるかご紹介します。
CircuitWorksによる電気系CADとの協調設計
CADの性質の違いから互いの情報を把握・確認することができなかった電気・機械の設計業務・・・CircuitWorksなら異機種CAD間の問題を解消し、エンジニア間のコミュニケーション速度を向上することができます。
2011年度 大塚商会 「FY12 APAC ATC Award」を受賞!
当社のオートデスク製品スクールに対する取り組みが評価され、2007年・2009年に続いて、連続受賞しました。
大規模アセンブリデータの処理機能に優れている3次元CAD SolidWorks
SolidWorks機能を活用した読み込み情報の制限と形状簡略化することで、効率のよい作業を可能にし、業務に集中することができるようになります。
第3回 Suiteは導入コストが約30%OFF!?
Suiteによって変わったものとして紹介してきていますが、今回は「コスト(価格)」についてご紹介します。
Autodesk Inventorで3D設計スタート
Autodesk Inventor導入いただいてるお客様の中で、自社HPブログを掲載するほど活用されてる、ユニークなお客様を紹介いたします。
SolidWorks Design Checkerによる設計基準チェック
SolidWorks Design Checkerを使用すると、効率的に検図作業やモデルの評価を行うことができ、作業工数を削減することができます。
iPadでSolidWorksデータを活用してみました!
iPadを利用して設計データや技術情報を効率良く活用してみませんか?プレゼンテーションやデザインレビューに手軽に使用でき、活躍の幅が広がります。
SolidWorks図面をさらに効率よく作成できるようになりました
SolidWorks最新バージョンにより追加・強化された機能でさらにすばやい図面作成が可能になりました。
再生可能エネルギー装置開発におけるSolidWorksの導入効果
「再生可能エネルギー」を用いた発電技術が注目を集めており、いまや多くの企業がクリーンエネルギーを活用した装置開発に参入し始めています。激化する競争を生き抜くために、SolidWorksで業務改善をしませんか?
SolidWorksで作成した機密設計情報を漏洩させない対策とは
SolidWorksで作成した設計技術情報の漏洩を防ぐDataClasysアプリケーションをご紹介します。
全国対応!その場で見れる 無料リモートデモサービス
無料リモートデモサービスは、インターネットを介してCADシステムのデモンストレーションをご覧頂けるサービスです。この機会に是非無料リモートデモをご覧ください。
第2回 従来のSuite製品との違い~Product Design編~
第2回目はProduct Design Suiteを例に、従来の製品との違いをご紹介します。新しいSuiteの特徴は、グレード3種類(Standard、Premium、Ultimate)に別れました。
第1回 従来のSuite製品との違い
オートデスクより新Suite製品が販売されて1カ月経過しました。今まで販売されていたSuiteとの違いを初回はご紹介します。
既存の2次元図面データの活用に必須!図面情報のインポート機能を持つSolidWorks連携 for FXII
CADSUPER FXIIに搭載されている「SolidWorks連携」は、既存の2次元図面データから3次元モデルを作成し、作成作業効率の向上が図れます。
DSM-Design Structure Matrix 3D機械設計への応用
DSMとは、工程の関連性を明確にし、作業の効率を上げるための工程見直しに力を発揮します。皆さんの設計業務も、一度DSMで見直してみてはいかがでしょうか?
コンフィギュレータ機能を活用した効率的な自動設計環境
製品データを自動構築するコンフィギュレーターツール「TactonWorks」は、設計者自身が手動で行っていた製品データの自動作成を行い、設計者の負担を大幅に軽減することができます。
SolidWorks 2007~2011新機能ガイド 前編
アセンブリの作業効率化機能、パフォーマンス改善機能、モデル作成・編集作業の効率化機能、操作性の改善機能の4つの新機能をピックアップしてご紹介します。
SolidWorks 2007~2011新機能ガイド 後編
図面作成効率化機能、モデルの検証機能、データ管理機能の4つの新機能をピックアップしてご紹介します。
「CATIA」のV6って、何者なんだ?
既に皆様のお耳にも入っているかと思われますが、CATIA V5の後継としてリリースされている「V6」。これは一体何者なのか?
SolidWorks 2007~2011新機能ガイド
SolidWorksは毎年新しいバージョンをリリースしており、その度に新しい機能が搭載されます。SolidWorks2007からSolidWorks2011までに追加された新機能の一部をピックアップしてご紹介します。
バーチャルマシン検証による電気制御設計の効率化
プログラムテストを行う際には実際の機械を用いて行わなければならず、業務効率を向上させる大きな障害となっています。SolidWorksとSMASHで気軽にプログラムテストが行えるようになります。
SolidWorks2012新機能のご紹介(製造工程の詳細設定)
SolidWorks2012新機能のご紹介(製造工程の詳細設定)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(SolidWorks Routing)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(SolidWorks Routing)
[動画配信] Webで視聴!SolidWorks Solution Seminar 2011
2011年4月に『SolidWorks Solution Seminar 2011TOKYO』が東京・大塚商会本社ビルにて開催されました。その中から製造業のお客様にSolidWorksをより有効にご活用いただくためのセミナーを動画で配信致します。
SolidWorks2012新機能のご紹介(表示効果の機能向上)
SolidWorks2012新機能のご紹介(表示効果の機能向上)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(大規模設計)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(大規模設計)
SolidWorks2012新機能のご紹介(メニューのカスタマイズと改良された検索機能)
SolidWorks2012新機能のご紹介(メニューのカスタマイズと改良された検索機能)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(SolidWorks Enterprise PDM)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(SolidWorks Enterprise PDM)
SolidWorks2012新機能のご紹介(モーションの最適化)
SolidWorks2012新機能のご紹介(モーションの最適化)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(Simulation)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(Simulation)
DWGファイル用の無償2次元CAD・DraftSightのご紹介
DWGファイルを作成、編集、閲覧できる無償のDASSAULT社製2次元CADソフトウェアです。 2次元CADユーザが移行しやすいインターフェイスと機能を持ち、2次元CADユーザであれば、すぐに使用することができます。
SolidWorks2012新機能のご紹介(関係式の機能強化)
SolidWorks2012新機能のご紹介(関係式の機能強化)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(表示)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(表示)
SolidWorks2012新機能のご紹介(フィーチャーフリーズ/コマンド検索)
SolidWorks2012新機能のご紹介(フィーチャーフリーズ/コマンド検索)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(図面)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(図面)
SolidWorks2012新機能のご紹介(図面作成の機能強化)
SolidWorks2012新機能のご紹介(図面作成の機能強化)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(部品/アセンブリ)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(部品/アセンブリ)
SolidWorks2012新機能のご紹介(大規模デザインレビュー)
さらに進化したSolidWorks2012で製品品質の向上と設計業務の効率化を加速!
SolidWorks 2011新機能のご紹介(アセンブリ)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(アセンブリ)
SolidWorks2012新機能のご紹介(SolidWorks Costing)
SolidWorks2012新機能のご紹介(SolidWorks Costing)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(部品)
SolidWorks 2011新機能のご紹介(部品)
SolidWorks 2011新機能のご紹介
SolidWorks 2011は、設計業務を効率よく進められるようになり、製造に対する機能も強化されました。また、設計のイメージを伝えたい方とコラボレーションする為の機能、設計を簡単に見せられるようになったビジュアリゼーション機能を拡張して生産性がさ...
SolidWorks特集
SolidWorksに関連するトピックスや導入事例、スクールなどの情報ページへのリンク先をインデックスページとしてまとめました。SolidWorks情報はまずここから!
SolidWorks関係式の有効活用
SolidWorksではモデリングを行う上でスケッチやフィーチャーに対して様々なパラメータを設定します。 このパラメータに対して直接数値を指定するのではなく、数学的な式を割り当ててパラメータの値を決定する機能が関係式になります。変数を指定した関係式や...
SolidWorksデータを用いて効果的なプレゼンテーションを!
2次元データとは異なり、3次元CADでは設計した製品形状をそのまま3次元で再現している為、製品の完成形状を視覚的にとらえることが可能です。従って、SolidWorksで作成された3次元データを使用して、効果的なプレゼンテーションをすることができます。
SolidWorksの基本を理解しよう!
SolidWorksとは設計の中核を支える機械系3次元設計ツールです。豊富な機能を使って設計することで、より低コストで、競合他社より早く製品を市場に投入することが可能です。
SolidWorks2011で設計するEV充電システム
地球環境の変化が危機的状況に直面している現在、企業活動から生まれるライフサイクル全体における製品の環境負荷削減に貢献していくことが企業に求められています。
Defeature機能による簡略化形状の作成
SolidWorks2011から簡略化形状を作成するための機能として、Defeature機能が新たに搭載されました。
LED照明業界へのSolidWorks活用提案
かつて電球・蛍光灯がメインだった照明機器は青色LEDの登場により、LEDライトを用いた新たな照明機器として開発が進み、今では多くの企業が参入する市場へと変化しています。
PARTsolutionsによる部品ライブラリ管理
SolidWorksを使用するときには、JIS部品ライブラリをはじめ、自社で作成した部品の管理も必要となりますが、部品ライブラリを管理する際に、こんなことに困ったことはありませんか?
SolidWorks eDrawings の有効活用
SolidWorks eDrawings を利用すれば、3次元モデルを共有し、スムーズな意思の疎通を図ることができます。また、3次元モデル等の設計情報をモバイルPCで持ち運び、効果的なプレゼンテーションをすることも可能です。
インボリュートギア作成ツール 3DGear-I for SolidWorks
ギア部品は動力が必要となるあらゆる製品の動力伝達に使用され、幅広い製品に必要とされる機械要素の一つです。ギア部品の設計は、多くの製造業で最も必要とされる製造工程になります。ギアモデルを効率的に作成できれば製品の生産性が向上されます。
SolidWorksルーティングライブラリ
3次元配管・配線設計ツールである SolidWorks Routing を使用することで、配管を含む設備やチューブを含む装置の設計などを強力にサポートします。SWルーティングライブラリは、配管設計において必要となる部品として、JIS工業規格部品をはじ...
設計変更に伴う設計ミスが無くなるSolidworksのセンサー機能とは?
SolidWorksには、部品やアセンブリでの特定のプロパティを監視し、指定された制限値から値が外れると警告を表示するセンサー機能が用意されています。設計変更した場合、重量が設計目標値をオーバーしたり、設計上必要な寸法値が保持されなくなる場合がありま...
鋼材レイアウトを使用したフレーム設計の効率化
鋼材レイアウトを作成する際に、輪郭のスケッチを毎回作成して3次元モデルを作成していませんか?また、作成された3次元モデルに対する鋼材の交わるコーナーの編集や溶接リブ、エンドキャップの作成にも工数がかかってしまいます。さらに、設計変更にも関連するすべて...
PhotoView360のご紹介
SolidWorksの3次元CADデータをデザインレビューに使用している企業が増えていますが、3次元CADデータだけでは実際のイメージがわかない、設計意図が明確に伝わらない場合があります。PhotoView360を使用すれば、そのような問題を解決する...
SolidWorks Toolbox 機能のご紹介
SolidWorks ToolboxはSolidWorks Professional、SolidWorks Premiumにパッケージされるアドイン機能です。
SolidWorksによる環境配慮設計 SolidWorks Sustainability
世界的に環境危機となっている現在、世間の環境への関心は年々高まっており、個人も企業も、製品の環境への配慮を基に購入決定を下すようになっています。
もっとiPadでSolidWorksデータを活用してみました!
iPadにSolidWorksデータから作成された図面などの画像や機構等の動画を保存して持ち歩けば、お客様との会議やプレゼンテーション、または、社内でのデザインレビューや打合せに、手軽に利用することができます。
意外と知られていないSolidWorksの便利ツールのご紹介!!!
SolidWorksには標準的なモデリング機能や図面作成機能の他、様々な機能が搭載されています。しかし、主な機能として、構造解析ツールであるSolidWorks Simulation や配管設計ツールであるSolidWorks Routing等の主要...
SolidWorks Xpress製品でどんなことができるか
SolidWorks Standardには設計・製造支援ツールの機能抜粋版としてXpress製品がバンドルされています。
類似形状や派生部品の設計工数を大幅削減するSolidWorksの機能とは?
顧客の要求に応じて最適な製品を開発する現場では、標準部品のサイズ違いやちょっとした形状の違いなど、類似形状や派生部品を多く制作する必要があります。その都度、部品を制作していると類似形状にもかかわらず設計工数が掛かり、またファイル数も増大し、管理も大変...
SolidWorksの図面作成機能は、2次元CADをも凌駕する!
SolidWorksでの図面作成は3次元モデルの活用と連携で、図面作成にかかる工数を大幅減します。
SolidWorks2010でパフォーマンスを向上させるには?
SolidWorksは、大規模ファイルでも快適な操作を可能にする為の各種機能が備わっています。
ここまでできる!SolidWorks板金設計
SolidWorksには、一般的なモデル作成機能のほかに、板金設計に特化したモデリング機能を搭載しています。
SolidWorks関連マルチコア対応状況
SolidWorks関連のマルチコア対応状況をレポートします。
SolidWorksのScanTo3D機能による効率的な3Dモデル作成手法
企業において、3次元設計によるモデルの有効活用により、コスト削減や納期の短縮を実現することができますが、その3次元モデルをいかに効率よく作成するかが重要なカギとなってきます。
設計に集中できる時間を増やすSolidworksのSWIFT機能とは?
SWIFT機能は、設計中の様々な問題を診断解決し、時間のかかる細かな作業を自動化することで、修正時間を減らします!
SolidWorks Routingを使用した配線設計効率化
SolidWorks Routingの機能を活用することで、アセンブリ内のコネクタやターミナル部品を繋ぐケーブル/ワイヤ-モデルを効率的に作成することが可能です。
サステナブルデザインの新潮流~SolidWorksによる環境配慮設計~
世界的に環境危機となっている今、世間の環境への関心は年々高まっています。製品製造のライフサイクルにおいて、環境へ多大な影響を与える製造業には、その企業活動から環境負荷削減に貢献していくことが社会的責任として求められています。
SolidWorks Routingを使用した配管設計効率化
SolidWorks Routing は、電気配線ケーブル、配管、チューブといったルート形状モデルのための設計支援ツールです。
世界最速!時速370Km/hの電気自動車 Eliica
SolidWorksSolutionSeminer2008でご講演頂く清水教授が研究している「電気自動車 Eliica」をご存じですか? とにかくスゴイんです。なんと世界最速!時速370Km/h!0-100mは、ポルシェ911ターボより速い夢の自動車...
製造業の営業力強化に貢献する設計3Dデータ活用とは?
経費を見直してみませんか?世の中には経費を削減できるさまざまなサービスがあります。 そのサービスを知らないばかりに、無駄な経費を払い続けることになります。 見直しで削減できた経費を、ものづくりに投資をして、製品開発力や競争力を高めることをご提案します...
2次元設計は、本当にこのままでいいのか?
CADの歴史を振り返ると、ドラフターから2次元CAD、さらに3次元CADへと変遷してきました。ドラフターから2次元CADに移行することで図面はきれいになり、さらに3次元CADの普及に伴い、2次元図面から3次元モデル化されてきています。しかし、3次元C...
3次元CADのデータ互換に必要になる こんなに使える FeatureWorks !
インポートデータを修正する。金型の為に抜き勾配を付けたい。穴の形状を変えたい、大きさを変えたい・・・ほとんどの3次元はNGですが、それが解決できるのがSolidWorksの強みの一部です。
「2009 APac ATC Award」を受賞!
大塚商会は全国各地に14会場のオートデスク認定トレーニングセンター(以下、ATC)を保有しております。この度、2009年度のオートデスク製品におけるスクール受講者数、品質、多様なコース数などの実績、オートデスク製品ユーザー拡大への寄与、Autodes...

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP