• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

コンフィギュレータ機能を活用した効率的な自動設計環境

自動設計ツールTactonWorksのご紹介

シリーズ製品のアセンブリを毎回手動で組み立てていませんか?
TactonWorksはマスターデータを基に、設計者の意図する条件に合わせて任意の組み合わせで製品データを自動構築するコンフィギュレーターツールです。

TactonWorksを導入することで、設計者自身が手動で行っていた製品データの自動作成を行うことが可能となり、設計者の負担を大幅に軽減することができます。

TactonWorks のユーザインターフェース

製品設計を行う上での問題点

繰り返される製品データの構築作業

手動でのアセンブリ構築はデータ検索、編集、合致と手間がかかる

シリーズものの製品を新規に開発する際、過去に作成した部品・ユニットや自社の部品を流用してベースモデルを作成し、それを基に設計を進めていきます。
そのため、新規製品のプロジェクトが開始されるたびに、設計者は製品の仕様に合わせて過去データ・自社データから部品同士の整合性の考慮しながら検索、編集、合致等を行い、アセンブリを構築するという手間のかかる作業を繰り返し行うことを強いられています。

このような問題点はありませんか?
  • 毎回同じようなアセンブリを構築するのが手間。
  • 新規製品に適した過去データの選定が面倒。
  • 必要な規格データの検索に時間がかかる。
  • 営業部門で作成されたデータ構成に問題がある。

安全・確実な製品の構築作業

若い設計者の場合、経験不足により適切なモデル構築が困難

ベテラン設計者であれば問題のない作業であっても、製品知識の乏しい若手設計者や担当営業が製品の構成を検討した場合、仕様上問題のある組み合わせでベースモデルを作成してしまう危険性があります。組み合わせることができない部品を選択するなど、設計を進める致命的な問題が発生するたびに、製品構成の再検討を行うことになり、設計遅延を招きかねません。

このような問題点はありませんか?
  • 適切なユニット・部品の規格、 部品サイズが特定できない。
  • 製品製造不可やベースモデルの再構築などの手戻り。
  • 設計遅延。

マスターデータを基に自動設計を行うTactonWorks

必要なデータの検索、編集、組み合わせを行うことなく、 簡単にアセンブリ構築が可能

TactonWorksはマスターデータを基に、設計者の意図する条件に合わせて任意の組み合わせで製品データを自動構築するコンフィギュレーターツールです。
設計者が行う作業は、作成する製品の条件をあらかじめ作成された項目ごとに入力するのみで、後はTactonWorksが設計ルールに合わせて自動でモデルを構築してくれます。手動で必要なデータを検索、編集するといった作業が必要ないため、誰でも簡単に失敗のない製品データを作成することが可能です。

TactonWorksはマスターデータを基に、設計者の意図する条件に合わせて任意の組み合わせで製品データを自動構築するコンフィギュレーターツールです。

自動設計を行う2つのツール ~TactonWorks EngineerとTactonWorks Studio~

TactonWorksを使用して自動設計を行うには、「TactonWorks Engineer」と「TactonWorks Studio」が必要となります。それぞれSolidWorksのアドイン機能として完全統合されており、SolidWorks上で操作可能です。

『Engineer』ツールではSolidWorksで開いているアセンブリファイルを対象に実行し、表示される項目毎に製品の条件の指定を行います。各項目を変更する度グラフィック領域にて随時形状確認ができる他、製品の設計ルールに反した条件が指定された場合、ルールに反している事を表す警告を表示させ、条件を修正するよう促します。

自動設計を行う2つのツール (TactonWorks EngineerとTactonWorks Studio)の構築図

条件を指定するだけで設計ルールに則った製品データを構築

自動設計時の設計ルール、ユーザインターフェースの設定

TactonWorks Engineerで自動設計を行う際に条件を入力するユーザインターフェースや形状を決定する設計ルールはすべて、TactonWorks Studio内で設定されます。

設計ルールの設定

設計ルールでは、SolidWorksファイルやフィーチャー、寸法、プロパティ、コンフィギュレーションなどの各項目とマッピングした変数を作成し、演算子を用いて製品の条件を制限する規制ルールを作成します。各項目ごとに1つ、もしくは複数の規制ルールを設けることができるため、複雑な設計ルールにも柔軟に対応することが可能です。

自動設計を行うための設計ルールの設定の図

自動設計を行うための設計ルールの設定

ユーザインターフェースの設定

条件を入力するインターフェースを自由にカスタマイズすることができ、さまざまな形式から任意の指定方法を設定することが可能です。

ユーザインターフェースのカスタマイズ例
  • 製品のサイズ
  • 使用する部品の規格
  • 寸法
  • 種類
  • 積載量など
条件の入力方法のカスタマイズ例
  • 数値
  • テキスト
  • ドロップダウンリスト
  • ラジオボタン
  • サムネイル表示など

ユーザーインターフェースの作成の図

Engineer上で条件指定をするユーザーインターフェースの作成

優れた機能を持つ自動設計ツール

TactonWorksではアセンブリデータの構築だけでなく、関連する図面、ドキュメントの作成も可能です。図面ではモデルのサイズが変更されても図面のバランスが崩れないよう、設計ルールとして図面ビューのスケールやアノテートアイテムの配置位置を制御することができます。

自動設計ツールの配置位置の制御

図面の配置位置の制御

また、ファイルを作成するだけでなく、ユーザインターフェース上に製品の関連情報を表示させることができるため、条件を指定しながらコストや性能情報など、製品の関連情報を確認しながら製品の作成・検討を行うことが可能です。

ユーザーインターフェース上で製品情報の表示ができます。

ユーザーインターフェース上での製品情報の表示

自動設計ツールによる業務の効率化

TactonWorksで確実な業務効率化をご検討ください

TactonWorksの活用により以下のようなメリットがあります。

  • 設計者自身が手動で行っていた製品データの自動作成を行うことで、設計者の負担を大幅に軽減。
  • 本来高い製品知識を必要とする製品データの作成作業を、TactonWorksにより誰もが簡単に行えるようになる。
  • 若手技術者や担当営業などの人間でも設計ルールにのっとったデータ作成が可能。
  • 設計部門だけの業務改善だけでなく、営業から設計へのリードタイム短縮といった製品作成業務全体の効率化を図ることが可能。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料のサンプル

資料のサンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP