• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SolidWorksを設計以外に活用!3次元データを用いたプレゼンテーション

設計情報が視覚化された3次元データでプレゼンテーション

今や3次元で設計を行うことが珍しくない程、3次元CADシステムは設計・製造現場に広く浸透しています。しかし、多くの企業が設計現場に限定した活用にとどまっており、3次元CADの特徴である設計形状が3次元で表現される「情報の視覚化」という利点を活用ができていないのが現状です。

2次元で設計を行っていた頃は成果物は2次元図面でしたが、営業担当者や顧客等、設計に従事しない人間に図面を見せても製品形状を判断することができませんでした。しかし、設計が3次元で行われる3次元CADシステムであれば設計した製品は3次元モデルとして表現されるため、誰が見ても直接形状を把握することができるようになります。

このような3次元CADの視覚化による利点を活用することで、設計の効率化にとどまらず、幅広い範囲での業務効率化を果たすことができます。視覚化された情報を扱うのに有効な業務の一つに製品の詳細情報を伝える「プレゼンテーション」が挙げられますが、SolidWorksには効果的なプレゼンテーションを可能にするさまざまな機能が搭載されています。

3次元CADプレゼンテーションイメージ図

プレゼンテーションにも活用可能なSolidWorks

SolidWorks機能も活用次第で効果的なプレゼンテーションが行える機能が多数搭載

設計ツールであるSolidWorksはその機能の多くは効率的な設計を目的としたものが中心になりますが、使用方法によってはプレゼンテーションにも大きな効果を発揮する機能が搭載されています。SolidWorks標準機能を例に挙げれば、部品・アセンブリの表示状態やユーザ定義表示方向の保存機能などがありますが、これらの機能は保存した表示状態・表示方向をいつでも呼び出すことができます。事前にプレゼンテーションに必要な状態・方向を保存しておけば、ただ3次元モデルで形状を表示するだけでなくプレゼン内容に合わせてスムーズにモデルの表示を切り替える、効果的なプレゼンテーションを行うことができます。

また、大容量データを扱う場合に使用する〔大規模デザインレビュー〕機能はマシン負荷を軽減してアセンブリデータを開くことで軽快な操作で形状確認ができるようになるため、プレゼンテーションに非常に有効な機能となります。 設計情報が視覚化されている3次元データとSolidWorks機能を合わせて用いることで、より効果的なプレゼンテーションを行うことが可能です。その他、より具体的に製品イメージを伝える機能として、3次元モデルを基にレンダリングを行う「PhotoView360」や、アセンブリを基に動画ファイルを作成する「アニメーション」などがあります。

表示状態

表示状態

ユーザ定義表示方向

ユーザ定義表示方向

スナップショット

スナップショット

分解図

分解図

コンフィギュレーション

コンフィギュレーション

大規模デザインレビュー

大規模デザインレビュー

ウォークスルー

ウォークスルー

PhotoView360 :SolidWorksデータをそのままリアルレンダリング

SolidWorksのアドイン機能として使用可能な「PhotoView360」ではSolidWorks上で開いた3次元モデルに対してリアルレンダリング処理を施し、写実的な画像イメージを表示することができます。レンダリングイメージにはSolidWorks上で設定可能な色や外観、シーン、デカルといったモデルの表示に関わるすべての要素がそのまま反映されます。

そのため、レンダリング設定に必要な操作はすべてSolidWorks上で行うことができるため、SolidWorksが使用できれば誰でも簡単にレンダリングイメージを作成することができます。モデルの外観設定で材料指定や反射・拡散等を指定して写実的な光沢・質感を持たせたり、モデルを照らす光源設定やカメラ位置をカスタマイズすることでCAD上で表示することの出来ないよりリアルな製品イメージを出力し、プレゼンテーションに活用することが可能になります。

PhotoView360のご紹介

PhotoView360によるリアルレンダリング

アニメーション:分りやすい製品紹介動画の作成

SolidWorks標準機能の一つとして搭載されているモーションスタディを用いることでアセンブリモデルを対象にモデルを動かした「アニメーション」を作成することができます。キーポイントにより各部品・アセンブリの動きを制御することができるため、製品使用時の動きをマウス操作で再現し、タイムライン上にキーを配置するだけで簡単にアニメーション動画を作成することができます。また、手動での作成の他、「アニメーションウイザード」によりモデルの回転や分解/組み立ての様子を再現したアニメーションの自動作成にも対応しており、誰でも簡単に製品概要を紹介するアニメーションが作成できます。

その他「ベーシックモーション」ではモデルの質量・衝突、モーターやばね、重力等を定義考慮してアセンブリモデルの駆動をシミュレーションし、製品使用時の動きを再現したアニメーション動画が作成できます。アニメーションはそれぞれAVI等の動画ファイルに出力することができるため、モデル・画像の表示に加えて製品使用時の様子を表した動画をプレゼンテーションに用いることで、より正確な製品イメージを伝えることが可能になります。

アニメーションイメージ図

無償ビューワーeDrawings:どこでも3次元モデルでプレゼンテーション

無償提供されているビューワーソフト「eDrawings」を使用することでCADのない環境でも3次元モデルの閲覧が可能になり、設計データを用いたプレゼンテーションを可能にします。SolidWorksデータをそのまま開くことができるだけでなくマークアップや注記の追加、形状の測定・断面表示等の機能を使用することができ、製品の詳細な形状を伝えるプレゼンテーションを行うことができます。また、SolidWorks上で作成されたコンフィギュレーションや分解状態もビューワー上で再現することができるため、事前にCAD上で必要なコンフィギュレーション・分解状態を定義しておくことで、より効果的なプレゼンを行うことが可能です。

3次元データをeDrawings化し、そのままプレゼンテーションでの活用が可能

このように各種SolidWorks機能を用いることで、3次元モデルの表示・閲覧だけでなく、製品の詳細イメージやアニメーション等を使用した効果的なプレゼンテーションを可能にし、プレゼンテーション効果を高めることができます。そして設計以外の分野で3次元データを活用することで設計データの付加価値を高め、幅広い範囲の業務効率化に貢献へとつながります。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP