• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SolidWorksを使用した無線機器製品の設計効率化

非常時に活躍した無線通信機器

近年頻発する台風や大雨、地震などの自然災害は交通機関やライフライン、通信網を停止させる程、大きな影響を与えることが多くなってきました。
特に、携帯電話を初めとする通信手段は通信回線の混雑により長期にわたり連絡不可能な状態に陥るなど、深刻な影響を受けました。緊急時の通信停止は被害状況の確認作業や避難・救助の要請、安否確認作業を困難にし、さらなる被害の拡大を招く危険がありました。

そうした非常事態の中、活躍した通信手段がアマチュア無線を初めとする無線機器による通信手段でした。

SolidWorksを使用した無線機器製品イメージ

災害対策により急増する無線機器の需要

回線の混雑により電話がつながらない状況でも、無線機器による連絡は可能だった!

電話回線による連絡が不能な状態でも無線機器による通信は可能だったため、通信機器を設置していた役所や企業からは重要な情報の送受信が行われ、そのやり取りは大変重宝されました。このような経緯から、災害対策への関心が高くなった行政や企業、一般家庭では、災害対策製品の一つとして無線機器の設置が重要と考えるところが多くなってきました。

それにより、これまで一部にしか需要のなかった無線機器メーカーは幅広い範囲で受注を受けるようになり、現在その市場は急激に拡大しています。今やものづくりの中で無線機器業界は大きな注目を集める市場の一つとなっています。

無線機器業界動向図

競争力のある製品設計を可能にするSolidWorks

SolidWorksなら無線機器に求められる機能を搭載しつつ、簡単な操作性、使い勝手で効率的な製品設計が可能!

需要増加による市場の拡大は喜ばしい事態ですが、同時に、市場内の製品競争も激しくなっていきます。そのため、企業は今まで以上に設計品質の向上、効率化を迫られることになりますが、無線機器製品は構造上、設計の効率化が難しい製品になります。
多数の部品を必要とする複雑な内部構造や電気部品の使用、製品内をつなぐ配線設計など、効率化が難しい多くの課題を持っており、2次元CADや従来の設計システムでは更なる効率化は非常に困難になります。

しかし、SolidWorksならこうした課題に対応できる豊富な機能を搭載しており、各種機能を活用した効率的な設計を可能にします。

無線機器製品の特徴

  • 製品の内部構造が複雑
  • 電子基板部品を多く扱う
  • 部品同士をつなぐ配線・ケーブルが複雑
  • 接続端子、ピンの情報管理が困難
  • 部品同士の干渉が多発
  • 異機種CADとの形状確認が必要
  • 形状が複雑なケーブル形状の設計が必要

求められる機能、軽快な操作性を兼ね備えたSolidWorks

使いやすい操作性、製品に適した機能により設計効率の向上が可能!

ミッドレンジCAD市場で最も高いシェアを誇るSolidWorksは無線機器の設計に求められる条件をすべて備えた最適な3次元CADシステムです。
フィーチャーベースによる簡単なモデリング、迅速な形状変更・図面反映、快適な操作性に加え、複雑な配線モデルを簡単に作成するRouting機能、電気系CADデータを読み込み設計データとの検証を可能にするCircuitWorksなど、無線機器設計に有効な機能を多数搭載しています。

解析ツールSolidWorks Simulationでは力や重量、熱などに対する製品の負荷、安全性を評価することで、設計の初期段階で適切な設計変更を可能にし、作成期間の短縮、コストの削減を図ることができます。

エンベロープ機能

エンベロープ機能

CircuitWorks

CircuitWorks

配線設計:Routing

配線設計:Routing

豊富な機能を活用した更なる業務効率化

その他にも業務の効率化に有効な機能が多数搭載されています。加工フィーチャーやコンフィギュレーション、干渉認識機能では、より安全、効率的なモデリングを可能にします。
3次元データを用いた環境影響の算出やコスト計算機能は業務全体の改善を視野に入れたフロントローディングを可能にし、レンダリングツールやドキュメント用画像のオーサリングにより設計データの付加価値を向上させます。

このようにSolidWorksのさまざまな機能を活用することで設計業務の改善を図り、設計の品質、精度をより高めることが可能です。

加工形状フィーチャー

加工形状フィーチャー

コンフィギュレーション

コンフィギュレーション

干渉認識

干渉認識

PhotoView360

PhotoView360

環境影響評価ツール

環境影響評価ツール

ドキュメント用オーサリングツール

ドキュメント用オーサリングツール

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料サンプル

資料サンプル

お知らせ

関連機能を実機で学べます!各種スクールのお知らせ

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP