• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Windows 8 でSolidWorks2013はどう動くのか?

Windows 8 でSolidWorksの作業環境がどう変わるのか検証!

MicrosoftからWindows 8 が2012年10月に発売されました。Windows 8 では「タイル」と呼ばれる四角いインターフェイスで構成される新しいスタート画面が搭載されました。また、キーボード、マウス操作に加えてタッチ操作に対応したことで、タブレットPCやノートPCなどあらゆるPCで使用することができます。SolidWorksにおいても、SoidWorks2013(64bitのみ)でWindows 8 をサポートしています。Windows 8 でSolidWorksの作業環境はどのように変わるのでしょうか?

Windows 8

スタート画面

Windows を起動すると一新されたユーザインターフェイスのスタート画面が表示され、アプリ、Webサイト、連絡先、フォルダなどを開くことができます。従来のマウス操作に加え、タッチ操作(タッチに対応したディスプレイなどのデバイスが必要)にも対応しています。また、従来のデスクトップはスタート画面に含まれ「デスクトップ」と書かれたタイルをクリック(タップ)することで、デスクトップが表示されます。なお、SolidWorks2013をインストールした場合、スタート画面にショートカットとして登録されます。

スタート画面

スタート画面

Windows 8 のアプリケーション

Windows 8 には2種類のアプリケーションがあります。一つはメール、カレンダー、地図など、「Windows ストア」からダウンロード、インストールするタッチ操作を前提とする全画面表示Windows 8 アプリでスタート画面にタイルとして表示され、クリック(タップ)すると起動することができます。もう一つはSolidWorks、Word、Excelなどのデスクトップで起動する従来のアプリケーションになります。なお、Windows 8 ではデスクトップ環境で従来の「スタート」ボタンがなくなりました。

Windows 8 のアプリケーション

Windows 8 のアプリケーション

タイルのグループ化

タイルをグループ分けして名前を付けることができます。これにより、使用しやすい環境でタイルの並べ替えとグループ化を行うことができ、例えば、「SolidWorks関連」という名前でタイルをグループ化すれば、SolidWorksに関連したアプリケーションや各種情報をまとめて管理して設計者に使用しやすい作業環境を用意することができます。

タイルのグループ化

タイルのグループ化

Windows 8 でSolidWorks2013を起動するには

Windows 8 でSolidWorks2013を起動するには以下の方法があります。

  • スタート画面に登録されたデスクトップアプリをクリックして起動。
  • デスクトップでショートカットまたはタスクバーにピン留めして起動。

スタート画面

スタート画面

デスクトップ

デスクトップ

Webページやフォルダーのスタート画面へのピン留め

アプリ版 Internet Explorer 10で、SolidWorks関連のページをスタート画面にピン留めすることができます。SolidWorks関連のWebページをピン留めしておくことで、即座にお気に入りのサイトにアクセスすることができます。また、フォルダーに対してスタート画面にピン留めすることもできます。SolidWorks関連のフォルダーをピン留めしておくことで、即座にSolidWorks関連データにアクセスすることができます。

Webページやフォルダーのスタート画面へのピン留め

Webページやフォルダーのスタート画面へのピン留め

パフォーマンステスト

HP Z220 Workstationを用いて、Windows 7 とWindows 8 ではパフォーマンスにどのくらい違いがあるのかを実際に検証しました。

起動時間

新技術の搭載で大幅に起動時間が短縮されました。Windows の起動時間(パソコンの電源をONにしてからデスクトップ画面表示まで)の結果は以下のようになり、Windows 7 よりWindows 8 の方が40%以上パフォーマンスがよい結果となりました。

項目 Z220 HDD(SATA)
Quadro2000
Windows 7
Z220 HDD(SATA)
Quadro2000
Windows 8
起動 00:46 00:26

一連操作時間

SolidWorks2013で一連の操作をしたときの処理時間を計測した結果は以下のようになり、Windows 8 はWindows 7 と比較して同等以上のパフォーマンスがあるという結果になりました。

構成部品の合計数 5215
部品 4360
ユニークな部品 265
サブアセンブリ 855
ユニークなサブアセンブリ 80

パフォーマンステスト

計測項目 Z220 HDD(SATA)
Quadro2000
Windows 7
Z220 HDD(SATA)
Quadro2000
Windows 8
ソフトウェア起動(1回目) 00:24 00:24
ソフトウェア起動(2回目) 00:05 00:05
アセンブリファイルを開く 00:27 00:23
部品ファイルを選択 00:01 00:01
部品ファイルを開く 00:03 00:02
部品ファイルを編集 00:07 00:07
フィーチャ再構築 00:08 00:08
アセンブリファイル再構築 00:03 00:03
アセンブリファイル保存 00:09 00:08
干渉チェック 03:16 03:15
アセンブリファイル保存 00:04 00:04
標準3面図+アイソメ図作成 00:12 00:12
平面図削除 00:01 00:01
作図スケール変更 00:04 00:04
断面図作成 00:09 00:09
アセンブリファイル編集 00:02 00:02
図面ファイル更新 00:19 00:17
図面ファイル保存 00:07 00:07
アセンブリファイル保存 00:03 00:03
すべてのファイルを閉じる 00:02 00:02
ソフトウェア終了 00:01 00:01
合計 05:47 05:38

Windows 8 導入効果

  • Windows 8 (64bitのみ)でSolidWorks2013を使用することができます。
  • Windows 8 ストアアプリとデスクトップアプリを使用することができます。
  • 新機能の搭載でWindows の起動や終了が高速化され、Windows 7 と比較してレスポンスが向上しています。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP