• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SolidWorksの既存データを活用した効率的な流用設計とは

既存データをそのまま流用する設計で本当に有効ですか?

多くの設計現場では新規製品を開発する際、過去に作成した同一シリーズの製品データを持ち寄り、そのデータに対して修正を加えることで新規製品データを設計する流用設計が行われています。過去データを流用することによりゼロから開発するよりも少ない工数で製品データを構築することができます。しかし、流用するデータのほとんどは既存のデータをそのまま使用しており、ベース形状を編集しながら設計を行っているに過ぎません。

そのため、細部を変更するマイナーチェンジには適していても、大規模な変更を伴う製品開発では編集に大きな手間が掛かってしまい、新規に開発するのと変わらない程の工数を要するケースも存在します。そこで、SolidWorksのデータ活用機能を用いることで従来のデータ流用よりもより柔軟なデータの流用を可能にし、より効果的なデータの活用・設計を行うことができます。

SolidWorksの既存データを活用した効率的な流用設計とは イメージ図

SolidWorksデータをフィーチャーレベルで流用

デザインライブラリ機能

SolidWorksの機能である[デザインライブラリ]機能は、使用頻度の高い部品・アセンブリなどのデータをライブラリとして登録しておくことができます。また、部品単位の登録だけでなく部品を構成するフィーチャーをライブラリとして登録し、「ライブラリフィーチャー」を作成できます。既存のSolidWorksデータからライブラリフィーチャーを作成すれば、部品全体では無く部品の持つフィーチャー・特定部位のみを流用する、といった活用方法が可能になります。

流用可能なドキュメントをタスクパネル上で表示・管理し、ドラッグ&ドロップで即座に追加することが可能

流用可能なドキュメントをタスクパネル上で表示・管理し、ドラッグ&ドロップで即座に追加することが可能

Design Clipart機能

[Design Clipart]はSolidWorksのファイル検索機能により検出したファイルに対して「分析」を行い、ファイルの持つ[押し出しボス]、[押し出しカット]、[スケッチ]などの要素を抽出し作業中ファイルにそのままコピーできます。ファイルに対して分析を行えば事前の登録などを行うことなく、フィーチャー単位でのコピーが可能です。

部品内で使用されている押し出し・カット、スケッチ・ブロックを分析し、再利用することが可能

部品内で使用されている押し出し・カット、スケッチ・ブロックを分析し、再利用することが可能

このように部品単位ではなく、フィーチャー単位で形状をコピー・流用する機能を活用することで、従来のデータ流用方法よりもより柔軟に既存データを扱い、作業の効率化を果たせます。

DriveWorksXpress:マスタデータを基にした自動設計ツール

SolidWorks搭載機能[DriveWorksXpress]は、流用設計をするデータのコピーや修正作業を自動化できます。事前準備として、基準となるマスタデータの指定と、そのマスタデータに対してどのように編集するかを定義する「ナレッジベース」を作成します。

ナレッジベースでは、マスタデータ上の変更する寸法・フィーチャーの指定と、使用するユーザに入力させる条件項目の設定を行います。そして、入力した条件に応じて寸法・フィーチャーをどのように編集するか、自動設計のためのルールを論理式・演算式で定義します。

これによりユーザは事前に決められた条件項目に意図する条件を入力するだけで、[DriveWorksXpress]のナレッジで定義されたルールに従い部品・アセンブリ・図面を自動作成できます。製品を新規作成する際、設計者がどのように考えデータを修正するか?といった「ノウハウ」をナレッジベースとして組み込むことで、知識・経験の乏しい人間でも簡単に既存データを活用した設計を行えるようになります。

マスタデータを基にした自動設計

マスタデータを基にした自動設計

インポートデータを効果的に流用するSolidWorks機能

異機種CADのデータや中間フォーマットを流用して作業をしたいと考えた場合、CADシステムが対象フォーマットに対応していなければ別形式へ変換するなどの作業が必要になります。しかし、SolidWorksはさまざまなネーティブデータ・中間フォーマットのインポート/エクスポートに対応しており、データ変換を行うことなく直接データを使用することが可能です。

インポートデータは通常、単一のボディとして表現されSolidWorksで作成するフィーチャーが存在しません。そのため、通常のファイルと異なり形状の修正作業が困難になります。そこでSolidWorksアドイン機能[FeatureWorks]を使用すれば、インポートボディの形状を認識し同一形状を構築するフィーチャーを生成することができるため、スケッチ編集やパラメータ変更やフィーチャー編集といったフィーチャーベースの変更を行えます。ファイル形式の異なるデータであっても、SolidWorksなら直接インポートし、フィーチャー認識することで通常のSolidWorksデータと同じように流用できます。

FeatureWorksでフィーチャー認識

FeatureWorksでフィーチャー認識

関連データの集約・規格チェックで速やかにデータを流用

パック&ゴー機能

流用時に使用するデータをコピーする際、関連データが異なる場所に点在していると各データを手動で検索・収集するのは非常に手間がかかります。[パック&ゴー]機能を使用すれば参照する部品やアセンブリ、図面、解析データなどの関連ファイルを自動で検索し、1フォルダやZIPファイル内に集約できます。

対象ドキュメントの関連データとして参照するデータを検索し、1フォルダやZIPファイルに集約

対象ドキュメントの関連データとして参照するデータを検索し、1フォルダやZIPファイルに集約

Design Checker

[Design Checker]は、ファイルの規格・設定の自動評価を行います。比較基準となる設定内容をチェックファイルとして作成し、流用するデータとチェックファイルとで設定内容の比較を行うことで、規定を満たし設計基準を満たした設定か否かをチェック、問題があれば自動で修正することができます。

SolidWorks Design Checkerによる設計基準チェック

寸法規格やフォント、材料、スケッチ、データの状態など、さまざまな設計要素を検証し、設計基準に対する合否を評価

寸法規格やフォント、材料、スケッチ、データの状態など、さまざまな設計要素を検証し、設計基準に対する合否を評価

このような機能を使用することで、流用時に必要となるデータの収集やチェック作業を瞬時に行え、既存データの速やかなデータ流用を実現します。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP