• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

パラメトリックCADのダイレクトモデリング機能とは?

パラメトリックとダイレクトという両極端の機能をきちんと使えるの?

PTC Creo Parametric(旧Pro/ENGINEER)は言わずと知れたパラメトリックの雄ですが、最近では「フレキシブル モデリング」というダイレクトモデリング機能も搭載しています。果たして、パラメトリックとダイレクトという両極端の機能をきちんと使えるのでしょうか?今回はこのような疑問に答えるため、よくある四つの使い方をご紹介します。

パラメトリックCADのダイレクトモデリング機能とは? イメージ

部品の構想を練る場合

新しい部品を作成する場合、既存の形状に近い部品を参考にする場合があります。当然、参考に使った部品は同一ではないので、正確な設計検証やコスト見積りが行えません。また、簡単に形状変更ができないので、2Dに落として検証する場合もあるでしょう。

このような場合、粘土感覚で形状を修正できるダイレクトモデリングを使用することで、簡単に試してみたい形状を検証できます。より品質の高い製品を設計する場合はやはり最初の段階での検証の繰り返しが必要ですが、その作業を非常に簡単に短時間で行えるのがCreoに搭載されたフレキシブル モデリングになります。

部品の構想を練る場合

中間ファイル(IGES、STEPなど)を扱っている場合

別の部署で別のCADを使っている場合や、協力会社が中間ファイルを送ってくる場合、その扱いに困ることはありませんか?少し変更したいだけなのに寸法がないため、多くの工数をかけて修正したり、先方にお願いして修正してもらうため時間がかかるなど、非効率になってしまう場合があります。

そのような場合は、ダイレクトモデリングが役に立ちます。パラメトリックな寸法がない中間ファイルでも、自由に簡単に形状の修正や微調整ができます(穴径の修正、フィレットの削除、ボスの移動など)。また、修正後のファイルを協力会社に送付することで間違いのない依頼ができます。

中間ファイル(IGES、STEPなど)を扱っている場合

存在しないパラメトリック寸法を新しく作成する場合

例えば解析や最適化のときに「この形状をある方向で動かした場合の強度が見たい」というご要望があったとします。しかし、その寸法が存在しない場合はできません。また、最初に作成したときと設計意図が変わってしまう場合もあります。そのような場合は、ダイレクトモデリング機能を使って新しい寸法を作成します。新しく作成した寸法は、通常のようにコンフィギュレーションや図面、形状の最適化に使用できます。最初からモデルを作る必要もなく、モデル検証をすばやく行えます。

存在しないパラメトリック寸法を新しく作成する場合

設計の最終段階で変更の場合

金型のための変更は、最後の最後に大きな変更が生じる場合があると思います。もし、最初の方に作ったフィーチャを変更しなければならない場合、ほかのフィーチャが失敗する場合も考えられます。また、3Dでの変更をあきらめて2Dにして修正することもあるかもしれません。その場合、3Dモデルの最終形状が違っており、再利用できないだけではなく正確な設計検証もできないなど大きな問題になる場合があります。

ダイレクトモデリングを使うとモデルの失敗は一切気にする必要はありません。Creoのフレキシブル モデリングでは、きちんと履歴を持ったままジオメトリを変更するため、上位のフィーチャに影響を与えることがなく再生や失敗がありません。もちろん、フレキシブル モデリングのダイレクトモデリング機能はフィーチャですので、前の状態に戻ったり、削除/抑制が簡単に行えるためダイレクトモデリングで変更後やパラメトリックで修正し直すことも可能です。

設計の最終段階で変更の場合

まとめ

このように、Creoに搭載されているフレキシブル モデリングは、今までパラメトリックの持っていた問題を解決できます。しかし、モデリング自体はパラメトリック方式を採用しているため、今までのようにパラメトリックの強力な編集機能やバリエーション機能、再利用性はそのままです。フレキシブル モデリングで作成されるものもフィーチャのため、自由に戻り再定義ができます。

Creoではパラメトリックとダイレクトだけではなく、2Dと3Dなど今までつながることがなかった異なったモードでの相互運用性を持っています。本当にお客様がやりたかった使い方を問題なく行えます。是非Creoを体験していただいき、設計業務を楽にしていきましょう!

PTC Creo

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP