• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

エンジニアリングのノウハウを搭載したInventorによる金型設計

Autodesk Inventor Toolingで金型設計を効率化しよう!

設計の効率化の一つに、設計部門で作成したデータを金型設計部門でも有効活用することが挙げられます。Autodesk InventorのToolingはInventorに統合された機能で、すばやく正確に金型設計を行えます。また、単一のモデルを使用しているため製品設計と金型設計を並行して行えます。Inventor Toolingは一つまたは複数のプラスチック成形品用の射出成形金型の特殊な3Dアセンブリを作成し、次のような特長があります。

  • 金型設計プロセスの自動化
  • 樹脂流動解析機能の統合
  • 広範なモールドベースと標準パーツのライブラリ

エンジニアリングのノウハウを搭載したInventorによる金型設計 イメージ

プラスチックフィーチャーを使用した成形品の作成

Inventorのプラスチックフィーチャー機能を使用すれば、効率よくプラスチック成形品を作成できます。

グリル

内部コンポーネントの通気を確保するために、パーツの薄肉部分に通気孔や解放部を作成。

グリル

レスト

パーツまたはボディの内部または外部にはみ出した湾曲した面に平たんな領域を作成。

レスト

リップ、開先

二つのパーツを正確にパーティングラインで結合するフィーチャーを作成。

リップ、開先

スナップフィット

ねじ、接着剤、クリップ、その他の結合方法を必要としない結合パーツのフィーチャーを作成。

スナップフィット

ボス

締結のヘッドやねじの部分を組み込むボスを作成。

ボス

金型設計機能

次のようにすばやく正確に金型を設計できる環境が搭載されています。

抜き方向の調整と抜き勾配解析

プラスチック成形品の方向と型抜き方向が異なるとき、これらの方向が一致するように調整できる。同時に、モデルサーフェスの抜き勾配も解析。

抜き方向の調整と抜き勾配解析

パッチサーフェスの作成

穴やスロットなど成形品の内部開口部の充填に使用するサーフェスを自動検出して作成。既存のサーフェスを使用したり、手動でパッチ作成もできる。

パッチサーフェスの作成

ランオフサーフェスの作成

プラスチック成形品のランオフサーフェスを自動検出で作成。手動作成もできる。

ランオフサーフェスの作成

コアとキャビティの生成

ワークピースをコアとキャビティのコンポーネントに分割。

コアとキャビティの生成

ランナー

スプルーから供給ゲートに溶解樹脂が流動する流路であるランナーをコアまたはキャビティに配置。

ランナー

ランナー

ゲートを金型アセンブリに配置できる。

ゲート

解析機能

Inventor Toolingのさまざまな解析機能でモデルの解析を行い、設計の推奨案を作成できます。

ゲート位置解析

ゲート位置解析を実行して、適切なゲート数に応じた最適なゲート位置を取得できる。

ゲート位置解析

ゲート位置解析

成形品充填解析

  • 充填過程中における金型内の樹脂流動を予測。
  • 選択されたゲート位置とプロセス設定に基づいて解析し、充填時間、プラスチックフロー、充填確実性、品質予測、エアートラップ、ウエルドラインを確認。
  • 品質予測結果では、成形品の外観やその機械的特性の品質を予測。

成形品充填解析

成形品充填解析

成形品収縮解析

材料特性、成形条件、および成形品形状に基づいて冷却に伴って発生する収縮率を予測。

成形品収縮解析

成形品収縮解析

モールドベース機能

モールドベース

ベンダーが提供するモールドベースライブラリから、標準モールドベースを選択して配置。任意の標準モールドベースタイプをカスタマイズできる。

エジェクタピンの挿入

プラスチック成形品またはランナーシステムのエジェクタを金型アセンブリに作成。

スプルーブッシュと位置決めリング

スプルーブッシュおよび位置決めリングを金型アセンブリに追加することで、スプルーブッシュをランナーに接続できる。

冷却管

冷却管を金型アセンブリに配置。金型内で冷媒を循環させ、金型を短時間で均一に冷却。

金型アセンブリ機能

スライダーインサートとヒールの作成

  • インサートはプロファイルとインサートを作成する終端を定義して作成。
  • インサートをコアまたはキャビティにロックするために、ヒールをプロファイルと長さを定義してインサート上に作成。
  • 事前に作成されたインサートを金型アセンブリに配置できる。

スライダーアセンブリの配置

スライダーアセンブリを金型アセンブリに作成。スライドは金型からサイドコアを引き出してプラスチック成形品を開放できるようにする。

リフターアセンブリの配置

リフターアセンブリを金型アセンブリに作成。リフターはエジェクタプレートに取り付けられている角度の付いた金型構成要素で、プラスチック成形品のアンダーカット部分をリリース。

ロックセットの配置

サイドロックまたはインターロックを金型アセンブリに作成。ロックセットは金型の二つの分割面を正確に位置合わせをする。

金型アセンブリの図面作成

金型アセンブリコンポーネントを選択し、シートスタイルとテンプレートを設定して複数の図面を一度に生成。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記より資料請求(無料)しご確認ください。

資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP