• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

意匠検討中のアイディアを具現化しよう

情報連携ができない構想設計・意匠検討の現状

ものづくりにおいて、仕様通りの製品を予定通りに完成させるには最初の構想設計・意匠検討が非常に重要であるといえます。昨今、装置系製品においても意匠性における顧客の要求は上がってきています。よりよい意匠を創出するためにはより多くのアイディアを評価することが必要です。しかし、紙に描いたアイディアを2次元CAD、さらに3次元CADに入力するといった時間がかかります。すべてのアイディアを具現化できないとお悩みはありませんか?

意匠検討中のアイディアを具現化しよう イメージ

「2次元で構想設計・3次元で詳細設計」手間と解決策

例えば、構想設計を行う場合、次のような手段が存在します。

ケース 使用ツール
意匠要件が多い場合 イラスト系ツールやサーフェス系ツール
断面での検討要件が多い場合 2次元CAD
空間検討要件が多い場合 3次元CAD

ここでは2次元CADで構想検討し、それを基に3次元CADでモデル化を行うパターンに注目してみます。2次元CADで検討した内容をそのまま3次元CADで活用する効率的な手段は今までありませんでした。なぜなら、構想設計段階では変更が多く発生します。変更が発生するたびに2次元データと3次元データ双方に同様の修正を行う必要があり、この手間が「2次元で構想設計・3次元で詳細設計」を行う上でのネックとなっていました。

PTC Creoなら同時に修正ができる

PTC Creoはこの手戻り問題を解決します。PTC Creoは2次元平面で構想設計を行い、その内容を直接3次元モデルに受け渡しそのまま3次元空間内で検討を継続できます。

さらには検討途中で設計変更が発生しても、PTC Creo Layoutの2次元データを修正するだけで修正内容はPTC Creo Parametricの3次元モデルに反映されます。

Creo LayoutとCreo Parametricの連携イメージ

Creo LayoutとCreo Parametricの連携イメージ

3次元を用いた意匠検討の重要性

意匠性は製品の第一印象を決める重要な要素です。意匠検討の段階ではできるだけ多くのアイディアを具現化し、魅力を引き出す案を採用することが望ましいでしょう。作成した意匠案をできるだけ多くの関係者でレビュー・選択するには、イメージを確実に伝える3次元CADの使用が有効です。

しかし、2次元と比較すると3次元では短時間で作成することは容易ではありません。そのため、よいアイディアをすべて具現化できず、限られた候補から選択しなければならない状況になってしまいます。

PTC Creo Parametricで意匠形状を思いのままに編集

PTC Creo ParametricのFreestyle機能は3次元設計データと同じ環境で、意匠形状を思いのままに作成・編集できます。従来のように設計環境とは別のサーフェスツールを使う必要がないため、設計情報に合わせた意匠形状を短時間で3次元化しサポートします。

意匠設計1

意匠設計2

構想設計・意匠検討アイディアを具現化するPTC Creo

PTC Creoはものづくりにおける重要な「構想設計・意匠検討」ステージをサポートします。

  • 2次元での構想検討、3次元での詳細設計の連携を確実にサポート。
  • 3次元での意匠案を短時間で創出できる。

PTC Creoを活用することで構想設計での修正内容は自動で詳細設計に反映されるため、構想から詳細設計までの現状の所用時間約8割は削減できると期待していただいています。

Creo2.0を使用した構想設計(PDF)[1178KB]

PTC Creoを用いた設計1

PTC Creoを用いた設計2

PTC Creoを用いた設計3

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP