• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

3次元で製品の動きを簡単再現!SolidWorksアニメーション機能

用途に応じたアニメーションで社内レビューやプレゼンテーションにも活用しよう

SolidWorksには作成した3次元モデルを動かすアニメーションを定義する機能が搭載されています。モデルを回転させたり移動するといったシンプルな動きだけでなく、モデルの分解工程を再現したアニメーションやアセンブリモデルを実際の製品のように動かした様子まで、用途に応じた動画を作成できます。AVIなどの動画ファイルとして出力できるため、社内レビューやプレゼンテーションに活用できます。

3次元で製品の動きを簡単再現!SolidWorksアニメーション機能

モデルの詳細を確認するアニメーション

分解図

アセンブリの分解図機能では各構成部品を動かして分解状態を再現し、分解工程をアニメーションで再生できます。[分解図]で定義されたステップ順に各部品を移動/回転させ、アセンブリを分解していく工程を表現します。逆再生すると組立工程を表すアニメーションとして出力できるため、明確にモデルの分解と分解解除の様子を確認できます。

分解ステップに応じて分解工程をアニメーション化

分解ステップに応じて分解工程をアニメーション化

ウォークスルー

動くカメラ視点でモデルをスケッチで定義したパスに沿って再生できます。大規模な製品の設計中に実際にその製品を設置したとき、どのように見えるかなどシミュレーションできます。

ウォークスルーによるカメラ視点のアニメーション

ウォークスルーによるカメラ視点のアニメーション

キーフレームでモデルの駆動を制御

SolidWorksでは3次元モデルを基に一定の動きを定義してグラフィック上でシミュレーションする[モーションスタディ]によりアニメーションを作成できます。[モーションスタディ]ではタイムライン上のキーポイントに各要素の時間ごとの変化を制御しアニメーションを定義します。制御できる要素は次になります。

  • 部品の移動/回転
  • 表示方向、カメラ・シーン・照明の設定
  • 表示スタイル・外観、合致 など

モーションスタディ

モーションスタディ

合致条件に応じた自由度でアセンブリを駆動

[アニメーション]では合致条件に応じて、モデルが駆動する動きをキーポイントに記録しアニメーションを作成できます。マウス操作によるモデルを移動して動きを再現するほか、[モーター]設定により回転やリニア(並進)の動きを定義することもできます。

また、[アニメーション]機能の一つである[Animation Wizared]ではモデルの移動や回転、分解の様子などを再現するアニメーションをウイザード形式に設定するだけで簡単に作成できます。

キーポイントでモデルの動きを記録したアニメーション

キーポイントでモデルの動きを記録したアニメーション

[モーター]駆動による動きの再現

[モーター]駆動による動きの再現

[AnimationWizerd]による動画作成

[AnimationWizerd]による動画作成

モデル同士の衝突を考慮

ベーシックモーション

[ベーシックモーション]、[モーション解析]では部品同士の衝突による影響を考慮する設定を定義できます。

接触 部品同士の衝突による影響を考慮
重力 モデルの重量による影響を再現
ばね スプリングによる作用・反作用を再現

接触:モーター駆動により回転する部品とほかの部品との接触を認識し、アセンブリの動きを再現。

接触:モーター駆動により回転する部品とほかの部品との接触を認識し、アセンブリの動きを再現。

重力:レールとボールの接触を認識し、重力によりボールが転がる要素を再現

重力:レールとボールの接触を認識し、重力によりボールが転がる要素を再現

モーション解析

[モーション解析]ではさらに次のような設定を定義し、アニメーションを作成できます。

モデル上に生じる外力を設定
ダンパー 減衰力の設定
接触 接触による摩擦の影響を考慮した構造解析が行える。

またSolidWorks Simulationの機能を併用し、アセンブリ機構時に発生する負荷を再現し応力を計算する連成解析を行い、発生する応力の様子含めたアニメーションを作成できます。

SolidWorks Simulation 製品情報

[モーション解析]による外力、摩擦等を考慮した機構アニメーション

[モーション解析]による外力、摩擦等を考慮した機構アニメーション

各種解析ツール、SolidWorks Composerによるアニメーション

SolidWorksのモデルを駆動させる以外にもアニメーション動画を出力させる機能が存在します。

SolidWorks Simulation 構造解析の計算結果プロット表示ができる。
SolidWorks FlowSimulation 行った流体解析の結果として流跡線などのプロット表示をアニメーションとして出力できる。
SolidWorks Composer 3次元データを基に画像、アニメーションなどを作成するオーサリングツール。読み込んだCADデータの表示状態や移動/回転などで定義した表示状態を自由に「ビュー」として作成できるほか、作成したビューやモデルの移動の変化をタイムラインに記録し、簡単にアニメーションを作成できる。

SolidWorks Simulation:構造解析による応力・変位・安全率等の計算結果プロットをアニメーションとして出力

SolidWorks Simulation:構造解析による応力・変位・安全率等の計算結果プロットをアニメーションとして出力

SolidWorks Flow Simulation:流動解析による計算結果として流跡線プロットをアニメーションとして出力

SolidWorks Flow Simulation:流動解析による計算結果として流跡線プロットをアニメーションとして出力

SolidWorks Flow Simulation:流動解析による計算結果として流跡線プロットをアニメーションとして出力

SolidWorks Flow Simulation:流動解析による計算結果として流跡線プロットをアニメーションとして出力

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記より資料請求(無料)しご確認ください。

資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP