• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

2次元設計の落とし穴~2次元CADを使い続けるリスク~

近年、多くの現場で3次元CADが導入されています。それまで2次元で行っていた設計を簡単に表現できることから、3次元化は急速に進みました。

しかし、長年2次元での設計を行ってきた企業では、今なお2次元CADによる設計を行っている企業は少なくありません。「3次元の必要性を感じない」との理由が主ですが、実は2次元での設計は大きな損失を招く可能性が秘められています。

今後も2次元設計を続けるとどうなるでしょうか?

2次元設計が主流だったころの製品は構造や形状が今よりも比較的単純だったこともあり、熟練設計者の頭の中で製品をイメージし、2次元図面だけでも精度の高い設計が可能でした。

しかし、近年の製品は小型化、軽量化、デザイン性の向上が進み、設計する製品構造はより複雑になってきています。設計する製品が複雑になった分、2次元で高い精度で設計を行うのが非常に困難になってきました。

  • 2次元で高い精度で設計を行うのが非常に困難。
  • 試作品を使用し、実験を行うまで設計上の問題や製品適正を判断できない。
  • 実験後に再び設計変更や検証といった作業が必要になる。
  • 開発期間の延長やコストの増加。
  • 3次元CADで製品設計を行っている海外企業に対して、2次元では戦えなくなってきている。

2次元設計による干渉認識不足の例

2次元設計による干渉認識不足の例

2次元設計での強度計算の例

2次元設計での強度計算の例

3次元CADにシフトするならSOLIDWORKSがイチオシ!

2次元CADにおける問題点は3次元CAD「SOLIDWORKS」を導入することで改善できます。SOLIDWORKSの機能を活用すると、2次元CADよりも短期間で効率的な設計ができ、開発期間を短縮できます。

SOLIDWORKSをお勧めする理由
  1. 頭の中でイメージした製品形状をそのまま立体で表現できるため、視覚化され、分かりやすい。設計者以外の方でも簡単に形状を把握できる。
  2. 干渉問題をCAD上でバーチャルに検証できるため、試作品の作成を待たずに問題を事前に把握できる。
  3. SOLIDWORKSで作成する2次元図面は3次元モデルを利用して作成することで参照関係が構築される。そのため、3次元モデルに加えた変更内容を瞬時に図面に反映できる。

3次元設計での開発工程

3次元設計での開発工程

3次元の優位性を活かした機能を搭載したSOLIDWORKS

SOLIDWORKSは利便性の高く、3次元の優位性を活かした機能を搭載しています。次のような検証機能を持つSOLIDWORKSをご活用になることで、2次元設計では難しかった業務効率化を実現できます。

  • スケッチ・パラメーターによる形状定義
  • 3次元モデルの断面表示
  • 3次元モデル変更内容の2次元への変更
  • アセンブリ内部品間の干渉チェック
  • アセンブリ機構の再現
  • エンベロープによる領域定義
  • 3次元空間での形状測定
  • ソリッドボディによる重量・重心計算
  • 3次元モデルを使用したCAEによる強度計算

干渉部位と体積、ボリュームを視覚表示

干渉部位と体積、ボリュームを視覚表示

モデル上の頂点や面、エッジ同士を3次元空間上で「測定」

モデル上の頂点や面、エッジ同士を3次元空間上で「測定」

モデルを任意の平面位置でカットした断面形状を表示「断面表示」

モデルを任意の平面位置でカットした断面形状を表示「断面表示」

強度計算

強度計算

「質量特性」により出力

「質量特性」により出力

3次元の魅力を引き出す機能と効果

次の3次元活用に効果的な機能をご活用になることで、設計以外の分野でも3次元情報が活躍します。

ツール 概要
PhotoView360
(リアリスティックレンダリングツール)
SOLIDWORKSで作成した3次元データに対してリアルレンダリングを施し、製品の写実的な表現を出力
PhotoView360のご紹介
eDrawings
(コミュニケーションツール)
SOLIDWORKSにて作成した3次元モデルや2次元図面を表示、共有。簡単で安全な設計コミュニケーションツール
SolidWorks eDrawings の有効活用
DraftSight
(無償で使用可能な2次元設計ツール)
Dassault Systems社から提供されているDraftSightを使用することで、費用をかけずに2次元CADを並行して使用可能
DWGファイル用の無償2次元CAD・DraftSightのご紹介
SOLIDWORKS Composer
(オーサリングツール)
CADデータを読み込んでデータを作成し、任意の表示状態を作成・保存。さまざまなビューやアニメーションをドキュメントに利用できる
SOLIDWORKS Composer 製品情報

3次元化による波及効果

  • 取引先や他グループに対して、視覚的なレビューができる。
  • ビューアーを使用した形状確認やレンダリング処理したデータ閲覧により、正確に設計形状を伝えられる。
  • 開発部門で作成された設計データをSOLIDWORKS Composerを介することで、設計以外のより広い範囲で3次元の特性を活かした流用が可能になる。

詳細資料

このトピックスに関する詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP