• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

CATIAの歴史を聞いて、CATIA 3DEXPERIENCEを知る

長年ハイエンドCADとして優れた設計・開発環境を提供してきたCATIA。世界中で愛用されてきたこのCATIAの最新バージョンが「CATIA 3DEXPERIENCE」です。世界のものづくりを支え、今後も業界のデファクトスタンダードであり続けるCATIAの歴史を振り返りつつ、最新バージョンのCATIA 3DEXPERIENCEの概要をご紹介します。

CATIAの歴史

CATIA V1~3

1981~1988年リリース。航空機メーカーであるダッソー・アビアシオン(Dassault Aviation)が自社の製品設計用に開発してきたソフトウェアをダッソー・システムズに分社化後汎用化。ワイヤーフレーム・サーフェスに対応。重工系など複雑で大規模なアセンブリにおける設計・開発を必要とする顧客から評価を得る。

CATIA V4

1993年リリース。UNIX、ソリッドに対応。ファイルの拡張子はmodel、exp、sessionなど。現在は過去に作成されたデータが流用されているケースや過去の製品の改修などで使われるケースがほとんどで、新規製品の開発に利用されることは少ない。現在でも重工系の顧客などを中心に引き続き利用されている。

CATIA V5

1999年リリース。Windows OS対応。日本の大手自動車メーカーの多数が基幹CADとして採用。現在CATIAといえばV5のことを指す。ファイル拡張子はCATPart(部品)、CATProduct(アセンブリ)、CATDrawing(図面)など。現在も航空宇宙、自動車、産業装置から家電まで幅広く使われ、大手企業から小規模のお客様まで幅広く基幹CADとして採用されている。

CATIA V5 製品情報

CATIA V6

2008年リリース。CATIA(CAD)とENOVIA(PLM)が融合。インターフェイスやモデリング操作はV5からおおよそ継承されているが、ファイル管理がファイルベースからデータベースに変更した。これにより、従来のCATPart(部品)、CATProduct(アセンブリ)、CATDrawing(図面)などのファイル管理という概念はなくなった。大規模な産業装置メーカーでの採用例がある。

「CATIA」のV6って、何者なんだ?

CATIA V6の位置付け

CATIA 3DEXPERIENCE

2014年リリース。従来、CATIA V6と呼ばれていた製品をさらに強化。それに伴い、リリースR2014xから3Dエクスペリエンス・プラットフォーム上で提供される「CATIA 3DEXPERIENCE」として名称も新たに生まれ変わった。インターフェイスはV6から変更されているが、V6は3DEXPERIENCEのベースとなるアーキテクチャとして継承されている。

CATIA 3DEXPERIENCEの位置付け

3Dエクスペリエンス・プラットフォームとは?

CATIA、SIMULIA、その他アプリケーションが動作する共通のプラットフォーム。3Dデータを含む検索エンジン「EXALEAD」、ビジネスSNS「3DSym」、ガジェットなどが3D エクスペリエンス・プラットフォームに統合され、単なる設計支援ツールに留まらず、情報の一元化、情報共有を強化。全てのデータはENOVIA 3DEXPERIENCEが管理します。

3Dエクスペリエンス・プラットフォームはグローバル設計やサプライチェーンとのコラボレーション設計におけるオンライン協業環境です。

動画で分かる3Dエクスペリエンス・プラットフォーム

3Dエクスペリエンス・プラットフォーム上では、コミュニティの参加や各種アプリケーションが使用できる

3Dエクスペリエンス・プラットフォーム上では、コミュニティの参加や各種アプリケーションが使用できる

3Dエクスペリエンス・プラットフォーム概要

  • 各種アプリケーションを利用するためのプラットフォーム。
  • 3Dエクスペリエンス・プラットフォームは製品開発におけるオンライン協業環境。
  • 従来のファイル管理がファイルベースからデータベースに。
  • CATIA V6は3DEXPERIENCEのベースとなるアーキテクチャ。
  • パブリッククラウドを用いたクラウド版も登場。

CATIA on the Cloudをお勧めするには理由がある!

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP