• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SOLIDWORKS MBDで2次元図面レスのものづくりを実現

ものづくりにおいて、3次元による設計が普及してきた今でも製造工程では2次元図面が必要とされています。近年では、2次元図面の作成・維持にかかる工数にも改善の目が向けられるようになりました。図面に替わり、製品の製造情報を3次元で伝える「MBD(Model Based Definition)」というモデルベース定義の手法が注目されています。

10秒で分かるこの記事のポイント

  • 2次元図面に替わり、製造情報を3次元で伝える「MBD」というモデルベース定義手法に注目。
  • モデルベース定義手法専用ツール「SOLIDWORKS MBD」がSolidWorks社からリリース。
  • SOLIDWORKS MBDで作成した3次元モデルを無償ビューアーや3D PDFにも活用できる。

そこで出た!図面レス化を実現するSOLIDWORKS MBD

SolidWorks社からリリースされたSOLIDWORKS MBDで3次元モデルを作成すると、2次元図面と同じような情報を確認できます。これにより、製造過程で要していた2次元図面作成時間の削減、図面の管理、編集による工数・ミスの解消にもつながります。また、3次元モデル単体で多数の3Dビューを作成できるため、製造現場で大量の図面を読み取る工数が削減されるなど幅広い分野での業務効率化を図れます。

3次元活用を促進し、設計の図面レス化を目指すSOLIDWORKS MBD

具体的にはどうやって使うの?

まず、SOLIDWORKS上で3次元モデルに直接、PMI(製造情報)を追加し、3Dビューを作成しておきます。そうすれば、モデルの表示状態、角度、PMIの表示状態などをいつでも呼び出すことができます。

  • キャプチャーコマンドにより現在の表示状態を3Dビューに保存。
  • サムネイルダブルクリックで表示状態を呼び出し。
  • 図面ビューのように、必要な表示状態をいくつでも作成可能。

3次元モデルで図面と同じような製造情報を閲覧できる

無償ビューアーでいつでもどこでも3次元モデルを閲覧

SOLIDWORKS MBDで作成した3次元モデルをeDrawingsや3D PDFへ出力できます。MBD機能で作成した3Dビューも含まれるため、CAD専用端末のない環境でも無償ビューアーのeDrawingsやPDF Readerを用いて3次元モデルを閲覧できます。

eDrawings

eDrawingsは設計情報の共有、スムーズな意思疎通を実現するために開発された無償のCADビューアーツールです。

3D PDF

3D PDFは設計以外の部署や取引先に3次元CADデータを受け渡し、情報共有することで円滑なコミュニケーションを図れます。詳細は次の記事よりご確認ください。

Tetra4D 3D PDF Converterを使用した3Dデータの活用と協調作業の効率化

自由なカスタマイズが魅力の3D PDFテンプレート

3D PDFの作成には、事前にカスタマイズしたテンプレートを使用します。専用のエディター機能により、3次元モデルや3Dビューのサムネイルを表示する領域や画像、テキスト、部品表などを表示させるように作成・編集ができるため、用途に応じたスタイルの3D PDFを作成できます。

SOLIDWORKSのPMI追加機能「DimXpert」でもっと便利に

SOLIDWORKSには標準機能として、マウス操作や基準を指定した自動処理で瞬時に3次元モデルにPMI を追加するDimXpertをはじめ、記号や注記、テーブルを追加する機能が搭載されています。こうしたPMI追加機能とSOLIDWORKS MBDを併用することで、3次元モデルを新しいコミュニケーションツールとして活用し、図面レスな設計環境の構築を目指せます。

モデル上の要素(面・フィーチャー)に対して平面などのマニュファクチャリングフィーチャーを作成し、形状を定義する寸法・公差を追加できる

面を指定、または基準位置を指定すると、自動処理で3次元モデルに直接PMIを追加

詳細資料

このトピックスに関する詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP