• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SOLIDWORKS VisualizeでCADデータから写真品質のコンテンツを作成

設計中のCADデータからビジュアルコンテンツを作れるから、早い段階での意思決定やフィードバックを可能に

製品コンセプト・完成形状を伝える資料やコンテンツを作成するために、試作品を作成して写真撮影するなどの工数をかけていませんか? 現場では、設計で作成した3次元データから「製品が実際の環境でどのように見えるか」を表現する、フォトリアリスティックなコンテンツ作成が重要視されています。

高度なレンダリング機能を持つSOLIDWORKS Visualize

そこでお勧めしたいのが、2015年10月SOLIDWORKS 2016と同時に発表された「SOLIDWORKS Visualize」です。SOLIDWORKS VisualizeはSOLIDWORKS製品群に新たに追加された高度なレンダリング機能を持つスタンドアロンツールです。設計者、マーケティング担当者、コンテンツ作成者など、3次元データを使用する全てのユーザーがすばやく、簡単にビジュアルコンテンツを作成できます。

実際に次のようなビジュアルコンテンツを作成できます

画面上にライブラリを表示し、ドラッグ&ドロップで定義するだけ

SOLIDWORKS Visualizeは誰でも簡単に、専門家でなくても高品質なレンダリング画像を作成できる操作性とインターフェイスを実装しています。

  • レンダリング設定は、「外観」や「環境」などのライブラリをマウス操作でモデルに付加するだけで、写真品質の質感、照明作用を再現。
  • カテゴリーごとにライブラリをご用意しているため、標準のライブラリ以外に専用サイト「Visualize Cloud Library」からダウンロードして使用可能。

SOLIDWORKS以外の3次元ソフトで作成したデータにも対応

SOLIDWORKS VisualizeはSOLIDWORKS以外の3次元ソフトで作成された3次元データを読み込み、リアリスティックなコンテンツ作成を行えます。機械設計、コンシューマ製品、建築、船舶など幅広い業種でご利用いただけます。

インポート対応形式一覧表を詳細資料でご紹介しています。資料は無料ですので、ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

3次元CAD上の変更を反映するライブCAD更新

SOLIDWORKS Visualizeでは、SOLIDWORKSやその他の3次元データが変更・保存されると「ライブCAD更新」機能により、変更内容を自動的に転送し、反映します。これにより、設計終了前のデータを使用してコンテンツ作成を前倒しでき、早期にマーケティング活動を開始できます。

後から設計変更をSOLIDWORKS Visualizeに反映できるから、設計終了を待たずにコンテンツを作成できる

後から設計変更をSOLIDWORKS Visualizeに反映できるから、設計終了を待たずにコンテンツを作成できる

静止画以外のアニメーションやVRにも使える

SOLIDWORKS Visualizeは静止画だけでなく、アニメーションやVR(バーチャルリアリティ)などの成果物を出力できます。

  • タイムラインを基にしたアニメーション。
  • 太陽光の影響を再現したサンスタディ。
  • モデルを回転表示するターンテーブル。
  • モデルイメージをWeb上で閲覧できるインタラクティブなコンテンツVR。

アニメーション

アニメーション

サンスタディ

サンスタディ

ターンテーブル

ターンテーブル

VR

VR

CPUよりも高速処理を実現するGPUをサポート

SOLIDWORKS Visualizeは業界最高クラスの正確なレンダリング機能に加え、GPUによる共同処理をサポートしています。ほとんどの競合製品がCPUベースでの処理を行うのに対して、SOLIDWORKS Visualize はCPUとCUDA※対応のNDIVIA GPUを使用したハイブリッド環境で処理を行います。そのため、レンダリング時間を大幅に削減できるほか、高性能なCPU搭載マシンに投資をする必要はありません。

※ CPUでの中央処理からCPU・GPUによる共同処理を行うため、NVIDIAが開発した並列コンピューティングアーキテクチャ。計算処理能力が劇的に向上する。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

3次元CADデータから写真品質のレンダリング!
SOLIDWORKS Visualize(充実の43ページ)

主な内容
  • SOLIDWORKS Visualizeの基本・各種機能説明
  • PhotoView 360との違い
  • SOLIDWORKS Visualize活用効果 など全43ページ

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP