• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

eDrawings 2015のユーザーインターフェイスが進化しました

設計部門がSOLIDWORKSで作成した部品、アセンブリ、図面データを他部署や取引先と共有できるeDrawings。eDrawingsは、2次元図面や3次元モデルを高圧縮して共有・閲覧できるため、モバイル端末で持ち運び、外部でプレゼンするなんてシーンで活躍します。そして、Windows版eDrawings 2015では、ユーザーインターフェイスが新しくなり、さらに便利な機能も追加されました。

eDawingsはこんなシーンで役立ちます

eDrawingsの使用用途と利用効果をご紹介します。

設計者と外注業者を結ぶ、安全な設計情報のやり取り

  • 外注業者は、データ量の小さいeDrawingsファイルにパスワード設定し、メールで添付し送信。設計者は、注記やコメントなどを加えて、再度メールで返信することで、安全な情報のやり取りを実現。

3Dデータを活用した正確なデザインレビュー

  • eDrawingsデータを見ながら、デザインレビューや打ち合せを行い、正確な情報を視覚的に伝達し共有。
  • 断面、測定、マークアップを使用してモデルを操作し、eDrawingsファイル内でフィードバックを直接入力。

製造・生産現場と情報を共有し業務効率を向上

  • 軽量なeDrawingsデータから、モデル形状、PMI情報、付随する属性情報も得られる。
  • 生産技術部門では、3Dモデルを製造の立場から検証し、モデルに情報を書き込んで設計にフィードバック。
  • 工場では、3Dアニメーションを利用して、分かりやすく組み立て手順を確認。

顧客や取引先への効果的なプレゼン

  • インパクトのあるプレゼンを実現。
  • まだ実物がない製品を顧客に紹介し、製品開発に関してユーザーと意見交換。
  • コンフィギュレーションを選択し、カスタマイズ製の高い製品を営業先で3Dモデルで表示提案。

モバイル端末での3Dデータ活用

  • 顧客や取引先との打ち合せでは、ノートPCを持ち運ばなくても、軽くて持ち運びやすいモバイル端末でデータ確認。
  • 製造現場では場所や環境を選ばず、すばやく便利に図面や3次元形状を確認しながら作業可能。

eDrawingsには無償版と有料版がある

eDrawingsは、電子メールに対応し、簡単で安全な設計コミュニケーションツールとして、設計アイデアを関係者と簡単に共有できます。Windowsで動作するeDrawingsには、無償版と有償版があります。

eDrawings Viewer(無償)
3次元モデルや2次元図面を表示、eDrawingsファイルの作成・共有。
eDrawings Professional(有償)
eDrawingsを強化し、レビューや測定が可能。eDrawings Professionalで作成するファイルは、レビュー機能が有効になる。

無償版と有償版の詳しい違いや価格は無料の詳細資料でご案内しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

eDrawings Viewer 2015に追加された新機能

無償版のeDrawings Viewer 2015に追加された質量特性の確認、方向指定ビュー機能などをご紹介します。

質量特性を確認

eDrawingsファイルを開くと、ファイルの質量特性を確認できるようになりました。

方向指定ビュー

SOLIDWORKSでモデルに方向指定ビューを作成すると、eDrawingsでも作成した方向指定ビューを使用できるようになりました。

クエリのハイライト表示

ジオメトリに関連付けられているアノテートアイテムまたはDimXpert寸法を選択すると、アノテートアイテムの参照先を確認しやすいように、ジオメトリがハイライト表示されるようになりました。

SOLIDWORKS Plastics結果プロットのeDrawingsサポート

SOLIDWORKS Plasticsのプラスチックシミュレーション結果をeDrawingsファイルとしてエクスポートすることで、SOLIDWORKSまたはSOLIDWORKS Plasticsをインストールせずに、関係者間での結果の共有が可能になりました※。

※ ベクトルプロット結果(ウェルドライン、エアートラップ、充填完了時の速度ベクトルのプロットなど)をeDrawingsにエクスポートすることはできない。

eDrawings Professional 2015に追加された新機能

有料版のeDrawings Professional 2015に追加されたサポート、アノテートアイテムビュー機能などをご紹介します。

3Dビューをサポート

SOLIDWORKS MBDで作成した3Dビューを含む3次元データをeDrawingsに出力できるようになりました。

アノテートアイテムビュー

eDrawingsはアノテートアイテムビューをサポートします。

Windows版以外にもiOS、Android向けも・・・

iOS、Android上で、タブレットやスマートフォン向けeDrawings ViewerやeDrawings Professionalを使用できます。eDrawingsモバイルアプリがあれば、2次元や3次元の製品設計をどこへでも持ち歩けます。

eDrawings モバイル機能

eDrawingsには、モバイル独自の機能を搭載しています。

  • DXF/DWGデータサポート
  • SOLIDWORKSネイティブデータサポート
  • クラウドデータストレージからのOpen
  • コンフィギュレーションの切り替え
  • 構成部品の表示/非表示、透明化
  • 分解ビュー

eDrawingsモバイルに関する詳しい情報は次のページよりご確認ください。

詳細資料

このトピックスに関する詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP