• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

「イノベーションプラットフォームに育て上げる」SOLIDWORKSの将来展望

ソリッドワークス・ジャパンは2015年11月10日、年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015」の開催に併せ、「SOLIDWORKS」ブランドの最高経営責任者(CEO)であるジャン・パオロ・バッシ(Gian Paolo Bassi)氏を迎え、記者説明会を開催した。

※ 本記事は、製造業技術者向けポータルサイト「MONOist」から転載しています。

SOLIDWORKSはエコシステムとして大きく成長

同年1月に同職に就任したバッシ氏は冒頭、SOLIDWORKSの近況について説明。現在、多くの企業や教育機関などでSOLIDWORKSが幅広く活用されており、単なる製品・サービスという枠組みを超え、モノづくりにかかわる人々を含めた大きなエコシステムへと成長を遂げ、「SOLIDWORKSが設計業務のあらゆる面において、業界標準になりつつある。周りを見渡せば、SOLIDWORKSで設計された製品であふれている」(バッシ氏)と強調した。

「SOLIDWORKS」ブランドの最高経営責任者(CEO)であるジャン・パオロ・バッシ(Gian Paolo Bassi)氏

ここまで大きく成長することができた要因として、バッシ氏はダッソー・システムズの一員として、グループが保有する幅広い技術・知見・スキルにアクセスできることの優位性をアピール。「そこで得られた技術や知見を、SOLIDWORKSの製品開発の中で生かすことにより、迅速に顧客が求めている価値を届けることができる」(バッシ氏)という。

また、SOLIDWORKSのミッションとして、最初の製品をリリースした20年前から変わらない「卓越したモノづくり、卓越したデザインを実現する」という信念を挙げる。バッシ氏は「SOLIDWORKS製品が売れたら終わりではなく、実際にSOLIDWORKSがユーザーの製品開発の現場で活用され、そのビジネスが成功につながったときに初めてわれわれのミッションは完了するものだと考えている。ユーザーの成功を確実なものにすることが最も重要なことである」と述べる。

イノベーションプラットフォームの構築に向けて

そして、バッシ氏はSOLIDWORKSを「クリエイティブなプロセスに役立つ『イノベーションプラットフォーム』に育て上げていく」とし、直近から中長期それぞれに対し、適切に投資を行っていくとしている。イノベーションプラットフォームの実現において重要なのは、得られた情報やデータを知見に変換できるような環境を作り上げることだという。そのために、「1つのアイデアを評価・議論し、そこに別のアイデアを絡ませながら洗練させていく、そのような交流・コラボレーションが生み出せる場を作り上げていく必要がある」(バッシ氏)。

SOLIDWORKSをイノベーションプラットフォームに発展させていくという考えの下、同社は継続的に新しい製品・サービスをユーザーに提供しているという。

SOLIDWORKS Visualize

幾つかの製品・サービスの中から今回バッシ氏が紹介したのは、ハイエンドレンダリングツール「SOLIDWORKS Visualize」(日本での提供は2016年1~3月ごろを予定)だ。同製品について、バッシ氏は「現実なのかデジタルなのか分からないほどレンダリングが美しく、マーケティングやデジタルセールスといった分野で活躍が期待される製品。製品が完成する前から、テストマーケティングを行うことも可能だ。こうしたツールを活用することで、企業経営の中で重要性が増しているマーケティングのイノベーションを起こせるのではないか」と語る。

ハイエンドレンダリングツール「SOLIDWORKS Visualize」のイメージ

SOLIDWORKS Industrial Designer

もう1つ紹介したのが同年2月に発表された構想設計支援ツール「SOLIDWORKS Industrial Designer」だ。同製品は、電子ペンを活用してスケッチを描き、その上から粘土を触るような感覚でフリーフォームボディを作成していくことで、複雑な形状を簡単に作り上げることができるツール。「こうしてできたアイデアや形状を第三者と共有し、コラボレーションしながらアイデアをよりブラッシュアップできる仕組みも組み込まれている」(バッシ氏)。

構想設計支援ツール「SOLIDWORKS Industrial Designer」のイメージ

設計者を支援するテクノロジー

また、バッシ氏はさらに先の展開として、次期バージョン以降のSOLIDWORKSに搭載予定の最新技術として「オプティマイゼーション」と、「プレディクティブコンピューティング」についても紹介した。

オプティマイゼーションとは、解析技術をベースとした新たな設計アプローチで、「モノの形状をコンピュータが提示するものだ」(バッシ氏)という。従来のように設計者が形状を定義し、それを基に設計・解析を進めていくのではなく、オプティマイゼーションでは最初にラフな形状、拘束条件、荷重などをパラメータとしてコンピュータ側に与えてあげることで、最適な形状を導き出して設計者にフィードバックしてくれる。

「3Dプリンタの台頭により、こうした設計アプローチが見直されるようになってきた。従来の製造設備では、オプティマイゼーションで提示されるような形状は作りづらかった。しかし、3Dプリンタであれば複雑な形状でも造形できる。部品の軽量化が求められる航空機産業などでは重要なアプローチになるだろう」(バッシ氏)。

もう1つのプレディクティブコンピューティングとは、設計業務にかかわるあらゆる情報を予測して設計者に提示してくれる技術。バッシ氏は「Google検索を行う際、文字を入力している途中で、最適な検索キーワードを予測して提案してくれる。プレディクティブコンピューティングは、社内に似たような設計資産がないか形状検索して見つけ出したり、外部で安く設計してくれる企業がないか探したりなど、設計者が求める情報を事前に提案してくれる仕組みだ」と説明する。

「オプティマイゼーション」の詳細について語るバッシ氏

実は、プレディクティブコンピューティングに関してはダッソー・システムズの「EXALEAD」で既に実現可能な技術だという。「今後、この機能がSOLIDWORKSのイノベーションプラットフォームの中に組み込まれる予定だ」とバッシ氏は紹介した。

「CADというのは“Computer Aided Design”の略称だが、これまでのCADの『Aided』というのは、『支援する』といっても恐らく小文字の「a(小さな支援)」くらいのものでしかなかった。われわれは、これを大文字の「A(大きな支援)」にしたいと考えている。すなわち、カット&ペーストのような操作を助ける小さな支援ではなく、パフォーマンスの面、機能の面で、設計の目的を達成するための大きな支援を可能にしたい」(バッシ氏)。

MySolidWorks 日本語版の提供開始

さらに、「イノベーションプラットフォームを実現する上では、オンラインサービスの展開も不可欠だ」とバッシ氏は述べる。イノベーションというのは、1人のたった1つのアイデアで生み出せるものではなく、そこから議論を経て、何度も見直しが行われて、多くの人々とコラボレーションしながら生み出されるものだ。そうした場として、2014年に米国で開始されたのが、SOLIDWORKSユーザー向けオンライン情報サービス「MySolidWorks」だ。MySolidWorksでは、アイデアや部品の共有、コンテンツの閲覧、オンライントレーニングの受講などさまざまな機能が提供されており、既に285万5000人以上のユーザーがいるという。今回、SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015の開催に併せ、MySolidWorks 日本語版の提供開始が正式にアナウンスされた。

SOLIDWORKSをイノベーションプラットフォームに発展させていくため、さまざまな製品・サービスを展開する同社。こうした取り組みを通じ、SOLIDWORKSとユーザーとの距離、ユーザーとユーザー顧客との距離を縮めていき、製品開発をよりシンプルなものにし、価値創造や製品の市場投入を支援していきたい考えだ。

※ 本記事は、製造業技術者向けポータルサイト「MONOist」から転載しています。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP