• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

「SOLIDWORKS」の新機能がリアリティーショーに、次世代トップモデラーを目指せ

ダッソー・システムズ・ソリッドワークス(Dassault Systemes SOLIDWORKS:以下、ソリッドワークス)の年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2017」(会期:米国時間2017年2月5日~2月8日、ロサンゼルスコンベンションセンター)の最終日の基調講演では、3D CADツール「SOLIDWORKS」の次期バージョン「SOLIDWORKS 2018」の新機能を発表した。これらの新機能は2017年3~4月から一部ユーザーによるテストが始まり、2017年秋にリリースのSOLIDWORKS 2018に正式採用される予定だ。

ソリッドワークスのキショア・ボヤラクントラ氏

※ 本記事は、製造業技術者向けポータルサイト「MONOist」から転載しています。

キショア・ボヤラクントラが紹介する4つのエコシステム

ソリッドワークスブランド 製品ポートフォリオ管理部門シニアディレクター兼SOLIDWORKSブランドUXリーダーを務めるキショア・ボヤラクントラ(Kishore Boyalakuntla)氏は、講演の冒頭で、「SOLIDWORKSはベストインクラスの製品であるだけでなく、素晴らしいエコシステムも重要な役割を果たしている。今回は4つのエコシステムを紹介したい」と述べる。そして同氏は、「Design to Manufacturing(設計から製造)」「Data Management(データ管理)」「Simulation(シミュレーション)」「IoT(モノのインターネット)」という4つのエコシステムに対応する新機能を列挙した。

「SOLIDWORKS 2018」では4つのエコシステムに対応した新機能を追加する 出典:ソリッドワークス

まず「Design to Manufacturing」に対応するのは、2月6日の基調講演においてソリッドワークスブランドCEOのジャン・パオロ・バッシ氏が、3D CADによる設計から製造をそのままつなげる「スマート製造」に向けた重要な機能とするCAMソフトウェア「SOLIDWORKS CAM」である。

SOLIDWORKSは、「スマート製造」に向けて、3D CADデータに製造情報を付加する「MBD」や、製造時の検査用文書を作成する「Inspection」、製造コストの計算に用いる「Costing」などを展開してきた。しかし、切削加工を行うのに必要なCAMソフトウェアは、別途購入する必要があった。

「Design to Manufacturing」では従来機能に加えて「SOLIDWORKS CAM」を追加する 出典:ソリッドワークス

SOLIDWORKS CAMは、SOLIDWORKS対応のCAMソフトウェアである「CAMWorks」の技術をベースに、SOLIDWORKSの画面からそのまま切削加工を行えるようにするアドインである。2軸加工+手動でのターニングまでをサポートする。3軸以上の加工については、CAMWorksなどのCAMソフトウェアが必要になる。

次に「Data Management」に対応するのは、簡易PLMツールともいえる「SOLIDWORKS Manage」である。

SOLIDWORKSはこれまで、PDMツールの「SOLIDWORKS PDM」や、ダッソー・システムズのPLMツール「ENOVIA」との連携を可能にする「SOLIDWORKS Connector」などを展開してきた。SOLIDWORKS Manageは、バージョン管理やリリース管理にとどまっていたSOLIDWORKS PDMの管理機能を、プロジェクト管理、プロセス管理、アイテム管理、ダッシュボードやレポートといったよりPLM的な管理機能に拡張するものだ。

「Data Management」で加わる「SOLIDWORKS Manage」によってPLM的な管理機能が拡張される 出典:ソリッドワークス

一般的にENOVIAのようなPLMツールは大企業が導入するものだが、中小企業でもそれらの機能を必要とすることもある。SOLIDWORKS Manageは、そういった中小企業向けに一から開発されたものだ。

そして「Simulation」では、ダッソー・システムズのCAEブランド「SIMULIA」の技術をSOLIDWORKSで利用できるようにした。新機能の「Simulation Engineer」は、ダッソー・システムのクラウド「3Dエクスペリエンスプラットフォーム」上で動作するSIMULIAのAbaqusソルバを用いた非線形の機構解析をSOLIDWORKSの画面で行える。

ローカルでの線形解析が可能な現行のCAE機能「SOLIDWORKS Simulation」から制約条件などを引き継いで、1クリックで非線形解析に移行できる。「今後はSIMULIAの技術の活用範囲を広げ、機構解析にとどまらないマルチフィジックス解析もできるようにしたい」(ボヤラクントラ氏)という。

「Simulation」では、SIMULIAのAbaqusソルバを用いた非線形の機構解析が可能になる「Simulation Engineer」を用意した 出典:ソリッドワークス

最後に挙げた「IoT」では、SOLIDWORKSによる機構設計だけでなく、「SOLIDWORKS Electrical」による回路設計や、「SOLIDWORKS PCB」によるプリント基板設計を組み合わせて、IoTデバイスの設計を容易にしていく方向性を示した。

なお、IoTデバイスの通信接続や取得したデータの管理などについては、パートナーであるザイブリー(Xively)などのソリューションとより緊密に連携することで対応していく。ソリッドワークスとしては、あくまでIoTデバイスの“設計”に軸足を置くとしている。

「IoT」ではザイブリーなどと緊密に連携していくことになる 出典:ソリッドワークス

「アメリカズ・ネクスト・トップ・モデル」じゃねーのかよ!

ここまで紹介した以外のSOLIDWORKS 2018の新機能は、SOLIDWORKS World恒例のパロディー寸劇で披露された。寸劇のタイトルは「ソリッドワークス・ネクスト・トップ・モデラー(SOLIDWORKS NEXT top modeler)」で、ネタ元は次世代トップモデルをオーディションで選ぶリアリティーショー「アメリカズ・ネクスト・トップ・モデル(America's Next Top Model)」だ。

「ソリッドワークス・ネクスト・トップ・モデラー」の始まり始まり

厳しい(?)予選を勝ち抜いてきた4人のネクスト・トップ・モデラーが、自身で考案したSOLIDWORKS 2018の新機能のプレゼンを行い、3人の審査員がコメントするという進行。リアリティーショーっぽさを出すためか、SOLIDWORKS Worldの参加者に、専用のスマートフォンアプリから4人に投票してもらい、票数上位の2人で決勝戦を行うことに。

貴族っぽい感じのロード・パーシー氏(左)は「Sketch Productivity」(中央)を発表。「SOLIDWORKS」の画面上にペンタブレットで直接変更を加えられるようになったりする(右) 出典:ソリッドワークス

エッジを生きる(?)チェズニー・ギャラガー氏(左)は「Assembly Delighters」(中央)を発表。ウエルカムスクリーンや、アセンブリのファイル読み込みにかかる時間を示すプログレスバーなど使い勝手を向上するUI機能になる(右) 出典:ソリッドワークス

片田舎のガレージ発明家であるウィリアム・ロバーツ氏(左)は「3D Interconnect」(中央)を発表。3D CADデータの中間ファイルであるSTEP、IGES、ACIS、JTを読み込んで「SOLIDWORKS」で扱える他、曲線スケッチなども取り込める。中間ファイルや他社CADデータのパラメータやメタデータなどのファイル属性を読み込んで「SOLIDWORKS PDM」で利用できるようになった(右) 出典:ソリッドワークス

起業家として成功しリゾートで暮らしていたタッド・スレーター氏(左)は「Fabrication Delighters」(中央)を発表。加工に最適な形状に自動で面取りする「タブ&スロット」や、間もなくサポートを終えるオプション「Workgroup PDM」のバージョン管理機能を後継の「SOLIDWORKS PDM」で行えるようにした(右) 出典:ソリッドワークス

リアリティーショーっぽい審査員

4人の投票結果。パーシー氏とロバーツ氏が決勝進出

果たして決勝の結果は?

決勝では、SOLIDWORKSでは苦手とされてきた大規模アセンブリの表示や取り扱いを高速に行える「Assembly Performance」と、SIMULIAのトポロジー最適化ツール「Tosca」と連携した「Generative Design」が発表された。そしてアプリによる投票では、なんと同点という結果になった。

決勝に残ったパーシー氏が説明した「Assembly Performance」

約9000点のアセンブリから成るヨットの設計データを表示しつつ、詳細なサブアセンブリの変更もスムーズに行える 出典:ソリッドワークス

もう1人の決勝進出者のロバーツ氏は「Generative Design」を紹介。

各社の3D CADツールが対応を進めているトポロジー最適化が可能になった 出典:ソリッドワークス

決勝はなんと同点に。「SOLIDWORKS」のコミュニティーはどちらの新機能も同じくらいほしかったということか

そして講演の最後に、ソリッドワークスブランドCEOのバッシ氏が登壇し、次回のSOLIDWORKS Worldもロサンゼルスで開催することを明らかにした。

「ソリッドワークス・ネクスト・トップ・モデラー」の予選にはバッシ氏も参加。

審査員から「そんなことより経営を頼むよ」などといわれ予選落ち。「SOLIDWORKS World 2018」は、今回と同様にロサンゼルスで開催される 出典:ソリッドワークス

※ 本記事は、製造業技術者向けポータルサイト「MONOist」から転載しています。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP