• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

板金設計に便利! SPI-SheetMetalWorksを使ってみた

展開できない状態のモデルでも展開でも対応できるって本当?

板金設計では、設計の初期から加工時に必要となる展開形状を意識しなければなりません。一般的なCADで板金設計を行う場合、板金専用の機能を用いたモデリングを行わなければモデルの展開形状を表示できません。そこで、板金設計支援システム「SPI-SheetMetalWorks」なら、展開できない状態で作成されたモデルやインポートモデルでも簡単に展開図を作成できる! ということで、使ってみました。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

SPI-SheetMetalWorksとは

SPI-SheetMetalWorksは、SOLIDWORKSやAutodesk Inventorにアドインして使用できる板金設計支援機能です。履歴のないインポートモデルでも展開できるという嬉しい機能を搭載しています。

  • 板金の属性情報を付加すれば展開図を作成。
  • アセンブリ内板金部品の一括展開。
  • ボックスやダクト等の標準部品を自動作成。

ウィザードで属性を付加したら展開図面ができた

モデルに対して、シートメタルウィザードから板金部品に必要な板厚、材料、加工機の三つの属性を付加。付加された属性やSPI-SheetMetalWorksに登録されたベンドテーブルを基に曲げ伸びを計算して、展開図面を自動作成できました。履歴のないインポートモデルや板金機能で作成されていないモデルに対しても同様の手順で展開できました。

本来展開できないモデルも展開できるか試してみた

押し出しやシェル機能などを用いて簡易的に作成されたモデルは本来は展開できません。しかし、SPI-SheetMetalWorksで属性(コーナーを分割する加工)を補えば、詳細な板金形状を再現し、展開図を作成できました。3次元モデルの形状は変更しなくてすみました。

アセンブリ内の全ての板金部品を一括展開

アセンブリに含まれる全ての部品に対して、ウィザードによる属性付加、展開処理を一括で実行できました。個別に部品の展開図を作成するよりもはるかに効率的に図面化できると思います。

SPI-SheetMetalWorksを使うメリット

自社で利用のベンドテーブルを登録しておけば、条件に合わせた正確な曲げ伸びを計算して展開してくれたり、頻繁に設計が行われる製品形状をコンポーネントとして作成することで、パラメーター入力だけで即座に展開できるという便利な機能もあります。

SPI-SheetMetalWorksは、幅広いデータに対応できるという強みがあるため、ネイティブデータや中間データであっても展開図を作成可能です。板金加工を受注する企業などでは、受けCADとして効果を発揮すると思います。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

データを問わず! 3次元の板金モデルから展開図を自動作成!
SPI-SheetMetalWorksのご紹介

主な内容
  • 各種属性コマンド
  • モデリング・その他の機能
  • 活用メリット など

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP