• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

インボリュートギア作成ツール 3DGear-I for SolidWorks

ギア部品は動力が必要となるあらゆる製品の動力伝達に使用され、幅広い製品に必要とされる機械要素の一つです。ギア部品の設計は、多くの製造業で最も必要とされる製造工程になります。ギアモデルを効率的に作成できれば製品の生産性が向上されます。

ギアのモデリングでは、形状を決定する様々な数値計算に加え、非常に詳細なスケッチ形状の作成が必要になります。

ギアの設計上、必要になるパラメータ
ピッチ、モジュール、円直径、圧力角度、歯数、バックラッシ …etc

スケッチ作成を効率化したくても、細かい複雑な形状のスケッチが非常に困難です。
そこで、効率的なギア部品の作成を行うには、専用のツールを使用するのが効果的です。
3DGear-I for SolidWorks は、インボリュート歯車作成用のSolidWorksアドインツールでSolidWorksに完全統合され、効率的なギアモデルの作成をすることができます。

3DGear-I for SolidWorks を使用するメリット

  • 効率的なギア作成を行うための専用の歯車作成ツールであり、SolidWorksアドイン機能として使用することが可能
  • パラメータ入力作業のみで任意のインボリュート歯車形状を自動作成

3DGear-I によるインボリュートギア設計

コマンド実行後、歯数、モジュール、圧力角度等、必要となるパラメータを指定するだけで指定条件に合ったギア形状の2Dスケッチを自動作成します。

パラメータ入力の特徴

  • インボリュート曲線部を円弧、線分、スプラインの3種から選択
  • 近似トレランス値の指定で精度を自由に設定
  • 外形円、内径円等のサイズ変更で規格外の歯車作成が可能
  • 歯先、歯底の微小フィレット、面取りCの追加を指定
  • またぎ歯厚による設定も可能
  • 外径・歯元丸底、歯元トコロイドの指定切り替え
  • 歯数最小値は3~ 最大歯数は無制限

設定するパラメータ項目

パラメータ 説明
歯車種類 外歯、内歯のタイプを指定
歯数(はかず) 歯の数、山の数のこと、整数で入力
モジュール 歯車のピッチ円の直径を歯数で割った値
基準圧力角 基準ピッチ円上の歯面の接線と半径線のなす角度
転位係数 基準ピッチ線を歯車の基準ピッチ円半径(zm/2)から半径方向に転位係数×モジュールだけずらせて創成歯切りを行う
またぎ歯厚・歯数 何枚かの歯をまたいで歯形曲線そのものを測る方法。またぎ歯厚とまたぎ歯数を入力すると転位係数を計算し、代入
インボリュート近似タイプ インボリュート曲線部を円弧、線分、スプラインから指定
近似トレランス 許容誤差 EP=Edit Point数(通過点)はプレ計算で確認
外径・歯元半径、面取り 歯先や歯元部分へ指定するフィレットのR、C面取りの寸法値指定
基準ピッチ円直径 標準平歯車においては、互いのピッチ円が接する状態でかみ合い
do=モジュール×歯数
基礎円直径 インボリュート曲線の基準になる円
Dg=基準ピッチ円直径×COS(基準圧力角)
歯先円直径 基準ピッチ円直径×2×モジュール
歯底円直径 基準ピッチ円直径−2×1.25×モジュール(歯数7以上)

3DGearで作成された2Dスケッチをもとに、ソリッドを作成することができます。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料のサンプル

資料のサンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP