• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

設計中の煩わしさから解放するSolidWorks編集機能

フィーチャー・スケッチを手間をかけずに編集・修正!

3次元CADによる設計では一つの部品・製品を構築するため複数のフィーチャー・構成部品を組み合わせていきます。直接製品形状を描いていく2次元設計とは異なり、さまざまなスケッチ・フィーチャーに変更を加えながら試行錯誤し、設計を進めていくため難しいとお考えの方も多いかと思います。しかし、SolidWorksには設計上必要となる編集操作を効率的に行うための機能が搭載されており、手間を掛けずに編集・修正ができます。

設計中の煩わしさから解放するSolidWorks編集機能 イメージ

SWIFT機能による設計中のCAD操作サポート

SolidWorksには設計中の問題を自動で診断、解決し設計者の作業をサポートするSWIFT機能(SolidWorks Intelligent Feature Technology)が搭載されています。CAD上の問題により時間のかかってしまう作業を自動化できるため、本来の設計業務に集中できる環境を提供します。CADに慣れていないユーザもエキスパートと同様にSolidWorksを使用できます。

DraftXpert

[DraftXpert]はフィーチャー作成時に生じる問題を計算し、効果的な作成法を自動で導きだし追加します。

DraftXpert

DraftXpert

FilletXpert

[FeatureXpert]は既存のフィレット・抜き勾配に対してフィーチャー編集の操作を行わなくても変更したい要素を選択、数値を指定するだけで直接形状を変更することができるため、より簡単に編集作業を進められます。

FeatureXpert

FeatureXpert

フィレットの一部を削除

モデル上で部位を指定してフィレット・抜き勾配加工を削除。

フィレットの一部を削除

フィレットの一部を削除

コーナーの形状変更

フィレットのコーナーブレンドの形状を再指定できる。

コーナーの形状変更

コーナーの形状変更

設計中の情報確認・矛盾解決をXpert機能によりサポート

AssemblyXpert

アセンブリ上で使用できる[AssemblyXpert]は次のようなアセンブリに関する情報を把握できます。

  • 部品数・ユニーク部品数
  • 旧バージョンデータの有無
  • パフォーマンスを改善する設定の提案
  • 各構成部品に必要な再構築時間など

AssemblyXpert

AssemblyXpert

MateXpert

アセンブリ設計中に各構成部品間で定義する「合致」により矛盾が生じた場合、SWIFT機能[MateXpert]により原因となる要素の検出をサポートし、解決へと導くことができます。アセンブリ内で矛盾が生じている合致要素や未解決の合致要素を一覧表示し、合致条件を変更や抑制することで矛盾の原因特定を促します。

MateXpert

MateXpert

合致表示による合致関係の視覚化

構成部品ごとに合致情報を視覚的に表示し状態を把握しやすく表示するため、詳細に確認することもできます。

合致表示による合致関係の視覚化

合致表示による合致関係の視覚化

スケッチ上の拘束を修正する[SketchXpert]

スケッチ上では各エンティティに定義する寸法、拘束上に矛盾が生じた場合、色で表示され視覚的に矛盾の状態を把握できます。[SketchXpert]では拘束上の矛盾原因となる要素を自動で診断し、矛盾解決のための複数のパターンを自動で計算します。ユーザは解決パターンの中から任意の解決法を選択、実行するだけでスケッチを修正できるため、問題解決に時間を割くことなく作業を進められます。

また、スケッチに対してフィーチャーを作成する上で問題ないかどうかを[スケッチチェック]機能により自動で検証し、問題がある場合[スケッチ修復]機能により問題箇所を拡大表示し容易に修復できます。

スケッチチェック、修復

スケッチチェック、修復

拡大画像(JPG)[97KB]

効率的なスケッチ作成を可能にする各種機能

フィーチャーの基となるスケッチ作成作業では作図と同時に寸法定義できるようオプションにより切り替えができます。スケッチ形状を作図しながら即座に寸法を入力できるため、ツールの切り替えやエンティティの選択の手順を踏むことなくスケッチ定義ができます。未定義のスケッチに対して[スケッチの完全定義]機能を使用することで、完全定義になるよう拘束・寸法を自動で追加することもできます。

そのほかにもエッジに沿って輪郭を閉じる機能やスケッチの移動、回転、スケール変更機能、座標方向を変更する機能など、さまざまな機能によりスケッチへ変更を加えることができます。

スケッチを作図しながら寸法定義

スケッチを作図しながら寸法定義

拡大画像(JPG)[46KB]

スケッチを完全定義

スケッチを完全定義

拡大画像(JPG)[113KB]

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP