• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

製造業の営業力強化に貢献する設計3Dデータ活用とは?

3次元CADデータを設計レビューもしくはデザインレビューに使用している企業が増えていますがその使用用途はその次のステップに向かっています!営業資料の作成です。
しかし、現状は製品PR用の資料にはなかなか思ったように利用できていない企業がほとんどです。レンダリングツールはそのような問題を解決します!

なぜ、営業資料に3次元データが使えないのか?その一般的な理由は?

  • 3次元モデルを十社の様にリアルに表現する方法や知識がない:難しそう
  • 設計者に時間がない:仕事を増やしたくない
  • どの段階で誰がどのように3次元モデルを有効活用するのか分からない:何から始めるべきか?

イメージクオリティによりそのイメージが持つ情報量には大きな差が生まれます

CAD シェーディング

CAD シェーディング

レンダリングツール イメージ

レンダリングツール イメージ

3次元CADデータを利用して誰でも短時間で高品質なイメージの作成を可能にします。

コミュニケーションを取ることの難しさと重要性は設計者、マーケティング担当者、営業マン、多くの方がすでに経験していることだと思います。
表現力に乏しいイメージと実機に近いイメージを比較した際、実機に近いイメージが多くの関係者と共有する情報量は図り知れません。
カタログやホームページで製品PRのためのイメージ画像によりリアルなイメージを活用することは製品イメージの構築、購買欲を決める重要な要素となります。

レンダリングツールを製品カタログ資料作成に使用するメリット

  • 誰でも短時間で習得可能な操作性
  • よりよいビジュアルイメージによるスムースなコミュニケーションが可能
  • 製品開発段階から営業活動を見据えた資料作成が可能になり販促活動の前倒しが可能

カタログイメージ作成の基本の操作手順は簡単!3つのステップ!

1.データの読み込み

2.環境設定

3.素材の割り当て

レンダリングを使えば3次元CADデータを実写に近づけて見せる専門知識を持った方でなくても3次元CADデータを利用して、簡単な設定でインパクトのあるカタログイメージを短時間で作成することができます。

実機撮影の問題点

  • 実機が完成しないと撮影できない
  • 試作の作成費用
  • 高い撮影費用
  • 高い人件費
  • 試作も複数作成するにはコストがかさむので複数バリエーション撮影が困難
  • 撮り直しが必要な際に再度、多額な費用が必要になる

このような問題点が考えられますが3次元CADデータを使用することにより大幅な工数とコストの削減を図ることが可能になります。
これらを可能にするレンダリングツールがShowcaseです。

Showcaseによるビジュアルイメージ作成のメリット

  • 展示会などでの製品パネル作成:実機撮影コストの削減(運搬費、人件費、スタジオ費用など)
  • 実機ではアピール不可能な内部構造の紹介
  • 製品バリエーションの紹介
  • 静止画作成時に自由に選べるカメラアングル

Showcase導入によるコストメリット

Showcase導入によるコストメリット

Showcase導入による営業活動の前倒し

Showcase導入による営業活動の前倒し

製品 - 作品ギャラリー

ギャラリー1

ギャラリー2

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP