• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

モデリング ~2次元の資産を活用しながら3次元で自由な形状を描く~(第1回目連載)

部品をモデリングする際には、3次元CADが重要な役割を果たします。2次元CADは簡易的なモデリング表現を目的としているため、詳細に形状を定義したモデリングはできないからです。

しかし、2次元設計のノウハウやこれまでに設計してきた資産も活用したいと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

Autodesk Inventorなら2次元を活かした設計ができる

Autodesk Inventorなら、AutoCADでユーザーが培ってきた2次元設計のノウハウやこれまでに設計してきた資産を有効活用できます。3次元CADのみを使う設計プロセスだけではなく、2Dと3Dを併用し、相互に行き来しながら設計するプロセスにも対応しています。

2D設計を主体としながら、必要な部分に3D設計を使うのも効果的

まずは次の動画をご覧ください。

動画 概要

動画再生

DWG アンダーレイ機能による2Dから3Dへの連携
AutoCADで作成した2Dジオメトリに関連付けたInventorパーツを作成し、2Dジオメトリの変更をパーツに連動させることができます。(2分1秒)

ご覧いただいた、Autodesk Inventor 2016の新機能「DWG アンダーレイ」は、元となる2次元図面に変更が加わると、その変更が3次元モデルにハイライトされ、反映できる機能です。2次元図面をベースに3次元モデルを作成、変更、仕上げることができます。これにより、設計変更時の余計な作業を大幅に減らし、それと同時に作業ミスも抑制できます。

「設計の3次元化を試みたものの、なかなか3次元CADに馴染めず、仕事では専ら2次元CADを使っている」という方も多いかと思います。

2次元と3次元の設計は、単に次元が一つ増えるだけの違いではなく、ツールの設計思想や作業の進め方から大きく異なるものです。一気に全てを3次元化するのでなく、まずは2次元CADを主体としつつも必要な部分に3次元CADを使う、といった形で取り組んでいけば、設計者の仕事を大きく変えずに3次元のメリットを取り入れられます。

2次元では極めて難しい表現もAutodesk Inventorにお任せ!

曲面形状の設計を手助けするフリーフォーム

Autodesk Inventorは曲面形状の作成が不得意と誤解していませんか?

実はそんなことはありません。画面上のモデルをドラッグしながら変形させ、直感的に曲面形状を作れる「フリーフォーム」が搭載されています。変形させる部位も細かく指定でき、パラメトリック手法だけでは作りづらい形状を容易に作成できます。

動画 概要

動画再生

Autodesk Inventor フリーフォーム
Autodesk Inventorのフリーフォームは機能が強化され、直感的で使いやすい操作性、正確で複雑なフリーフォーム形状を簡単に作成できます。(1分57秒)

動画再生

Autodesk Inventor フリーフォーム
Autodesk Inventorに搭載されたモデリング機能の一つ「フリーフォーム」は面やエッジ、点などを自由に操作し、ポリゴンモデラーのような操作感でモデリングを行うことができます。フリーフォームの操作方法を動画でご覧になれます。(2分24秒)

最適な形状を作り出すシェイプジェネレータ

2015年10月に発表されたAutodesk Inventor 2016 R2では、シェイプジェネレータが新たに搭載されています。これは、ユーザーが指定した条件に基づいて、最適な形状を作り出す機能です。

例えば、モデルの軽量化のため肉抜きなどをする際、構造上欠かせない部位を指定したり、応力を受ける部位や方向などを設定すると、それらの条件を満たす形状をこの機能が算出し示唆してくれます。この形状を参考にモデルの形状を変化させていけば、コスト削減につながる軽量化が可能です。

動画 概要

動画再生

Autodesk Inventor シェイプジェネレータ
シェイプジェネレータは、構造的に有効な軽量パーツを設計する新しい手法です。シェイプジェネレータを使用すると、設計の微調整のガイドとなる3Dメッシュが生成されます。(2分19秒)

まとめ

Autodesk Inventorは2次元設計のノウハウや資産を活用しながら、フリーフォームによる自由曲面の作成、シェイプジェネレータによる形状の最適化など、品質の向上、コスト削減を意識しながら、新たなコンセプトデザインに沿った製品を容易に設計できます。

次回は部品を組み合わせ電気の配線を組み込むアセンブリについて紹介します。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

会社に利益をもたらす3Dデータの活用法とは?(充実の52ページ)

主な内容
  • アセスメントから分かったお客様の課題
  • PDMの活用
  • 有機的形状の作成

Autodesk Inventorを使って電気ケトルを設計しよう(全5回)

ビジュアライゼーション ~プレゼンへの3Dデータの活用~(第5回目連載)

ビジュアライゼーション ~プレゼンへの3Dデータの活用~(第5回目連載)

最終回となる今回の特集は、動画とサンプルを交えてビジュアライゼーションツールをご紹介します。Autodesk Showcaseによる3次元モデルのビジュアル化や、Inventorで出力した3D PDFを用いれば、実環境での製品イメージや動画マニュアル...

図面作成の効率化 ~2次元CADと3次元CADの融合設計~(第4回目連載)

図面作成の効率化 ~2次元CADと3次元CADの融合設計~(第4回目連載)

2次元CADと3次元CADの融合設計は、2次元CAD図面を流用しつつ3次元設計を行うことで無理なく3次元化を行え、図面作成の効率化が期待できます。3次元モデルを2次元CADに落とし込むAutoCAD MechanicalとInventorの連携など、...

シミュレーション ~手戻りの防止とコスト削減~(第3回目連載)

シミュレーション ~手戻りの防止とコスト削減~(第3回目連載)

デジタルプロトタイピングの中でも、とりわけ重要なプロセスが「解析」です。解析を活用できれば、設計や製品開発の無駄を減らすことができ、開発期間短縮にコスト削減まで期待できます。今回は解析に便利なAutodesk製品を動画を交えてご紹介します。

アセンブリ ~Autodesk製品の連携による、効率的な開発~(第2回目連載)

アセンブリ ~Autodesk製品の連携による、効率的な開発~(第2回目連載)

多くの設計チームでは、電気(エレキ)系と機械(メカ)系それぞれ別の担当者に分かれていると思います。さまざまな工業製品で電子制御の比重が高まってきている現在、このエレメカ連携をスムーズに行えるかどうかが、製品設計の大きなポイントです。

Autodesk Inventorを使って電気ケトルを設計しよう(全5回)

Autodesk Inventorを使って電気ケトルを設計しよう(全5回)

製品のライフサイクルが短くなっている今、製造工程における納期短縮は大きな課題です。解決の鍵となるのが「デジタルプロトタイプによる製品開発」です。本連載では「ある家庭用キッチンメーカーが電気ケトルを設計する」想定で、デジタル プロトタイプによる製品開発...

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP