• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

図面作成の効率化 ~2次元CADと3次元CADの融合設計~(第4回目連載)

2次元CADの活用が続く理由として、編集設計の比率が高いことが挙げられます。わざわざ3次元へ移行しなくても、2次元であれば、寸法値のみを修正して出図が可能なためです。このような事情から、3次元設計のメリットは理解していても、2次元での編集設計が多く、なかなか移行に踏み切れない場合も多いようです。「2次元CADと3次元CADの融合設計」により、既存の2次元図面を流用しつつ3次元設計を行うと無理なく段階的に3次元化を行えます。

機械設計に特化した2次元CAD「AutoCAD Mechanical」

AutoCAD Mechanicalは、機械系の設計に役立つ豊富な機能を備えた高機能2次元CADです。次の表をご覧ください。AutoCAD MechanicalとAutoCADそれぞれで作図を行い、生産性をテストした結果です。AutoCAD MechanicalはAutoCAD / AutoCAD LTに比べ、機械設計における作業効率を格段に向上することが分かります。

項目 AutoCAD Mechanical AutoCAD 生産性
画層管理 2分30秒 6分 2.4倍
隠線処理(作成) 10秒 3分 18倍
隠線処理(編集) 10秒 14分 84倍
詳細図(作成) 45秒 3分30秒 4.7倍
詳細図(編集) 10秒 1分30秒 9倍
穴座標表(作成) 30秒 14分 28倍
穴座標表(編集) 15秒 9分 36倍
寸法編集(付け替え) 40秒 1分30秒 2.3倍
寸法編集(並び替え) 15秒 1分 4倍
穴/タップと三面図 15秒 2分 8倍
駆動計算(作成) 4分 30分 7.5倍
駆動計算(周長計算) 10秒 6分 36倍
駆動計算(最適化) 10秒 19分 114倍
FEA解析 30秒 27分 54倍
バルーン(作成) 20秒 5分 15倍
バルーン(編集) 20秒 4分 12倍
部品表 10秒 13分 78倍
合計 11分20秒 2時間39分30秒 14倍

生産性向上させる理由として、AutoCAD Mechanicalには次のような機能があります。

  • JISやANSIなどの規格部材に70万種のライブラリを標準搭載。このライブラリから選んで図面に配置し、寸法を設定するだけで利用できる。
  • 取り込んだパーツも含めて部品表を自動でリスト化でき、CSV・Excelデータとして書き出して他システムでも利用可能。
  • 寸法線やバルーン、詳細図、作図の際に役立つ多彩な補助線は、簡単なパラメーター設定やマウスドラッグ操作だけで、すばやく、きれいに配置できる。
  • 自社や取引先の基準に合わせて寸法公差をカスタマイズしたり、ベルトやチェーンの長さの計算も可能。

こうした機能により、早い段階から図面の完成度を高めながら、設計を進められます。それでは、その様子のデモをご覧ください。

動画 概要

動画再生

AutoCAD Mechanicalを使った図面作成
AutoCAD Mechanicalは設計の効率化や工数削減に活用できる機能が満載。プリインスト-ルされたJIS・ISO規格などに準拠した70万点以上のライブラリ、ワンクリックで操作できる豊富な補助線も利用可能で、誰でも見やすい図面を簡単に作成できます。(3分33秒)

Autodesk Inventorとの連携で設計効率をさらに向上

AutoCAD Mechanicalでは、Autodesk Inventorで作成した3次元モデルから三面図、投影図、断面図を作成できます。3次元モデルを2次元図面へ落とし込み、前記でご紹介した各種機能や寸法線機能、自動隠線処理※1などを使うと、3次元CADの図面機能では面倒な作業を効率よく行えます。連携の様子を動画でご確認ください。

※1 自動隠線処理機能は図面上に配置された複数の部品の重なりを判別し、自動的に隠れる部分の線を破線などの指定した線で描けます。部品配置を動かしても自動で追随してくれるため、配置図での作業負担を大幅に軽減し、ミスも減らせます。

動画 概要

動画再生

AutoCAD MechanicalとAutodesk Inventorの連携
AutoCAD MechanicalとAutodesk Inventorの連携を行うことで、さらなる設計の効率化を図れます。負担の大きい隠線処理をサポートする自動隠線処理機能や、3次元モデルから断面図・アイソメ図などを作成し、2次元図面への利用も簡単に行えます。(1分49秒)

無理なく段階的に3次元設計へ移行するために

読者の中には、「デジタルプロトタイプによるメリットは理解しているが、長年2次元CADを使って設計をしているため3次元CADへの移行には不安がある」そんな方々もいらっしゃると思います。2次元CADと3次元CADの融合設計では、既存の2次元図面を流用しつつ3次元設計を行うことで、無理なく段階的に3次元化を行えます。次の表は、2次元CADと3次元CADの利用パターンです。部分的に3次元CADを利用するだけでも、作業効率は大きく向上します。

2次元CADと3次元CADの利用パターン

2次元CADと3次元CADの利用パターン

次回は連載の最終回。「ビジュアライズ」をご紹介します。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

会社に利益をもたらす3Dデータの活用法とは?(充実の52ページ)

主な内容
  • アセスメントから分かったお客様の課題
  • PDMの活用
  • 有機的形状の作成

Autodesk Inventorを使って電気ケトルを設計しよう(全5回)

ビジュアライゼーション ~プレゼンへの3Dデータの活用~(第5回目連載)

ビジュアライゼーション ~プレゼンへの3Dデータの活用~(第5回目連載)

最終回となる今回の特集は、動画とサンプルを交えてビジュアライゼーションツールをご紹介します。Autodesk Showcaseによる3次元モデルのビジュアル化や、Inventorで出力した3D PDFを用いれば、実環境での製品イメージや動画マニュアル...

シミュレーション ~手戻りの防止とコスト削減~(第3回目連載)

シミュレーション ~手戻りの防止とコスト削減~(第3回目連載)

デジタルプロトタイピングの中でも、とりわけ重要なプロセスが「解析」です。解析を活用できれば、設計や製品開発の無駄を減らすことができ、開発期間短縮にコスト削減まで期待できます。今回は解析に便利なAutodesk製品を動画を交えてご紹介します。

アセンブリ ~Autodesk製品の連携による、効率的な開発~(第2回目連載)

アセンブリ ~Autodesk製品の連携による、効率的な開発~(第2回目連載)

多くの設計チームでは、電気(エレキ)系と機械(メカ)系それぞれ別の担当者に分かれていると思います。さまざまな工業製品で電子制御の比重が高まってきている現在、このエレメカ連携をスムーズに行えるかどうかが、製品設計の大きなポイントです。

モデリング ~2次元の資産を活用しながら3次元で自由な形状を描く~(第1回目連載)

モデリング ~2次元の資産を活用しながら3次元で自由な形状を描く~(第1回目連載)

「2次元設計のノウハウや資産も活用してモデリングをしたい!」とお考えの方が多くいらっしゃいます。Autodesk Inventorなら2次元を活かした設計ができます。その秘密を動画を交えてご紹介します。

Autodesk Inventorを使って電気ケトルを設計しよう(全5回)

Autodesk Inventorを使って電気ケトルを設計しよう(全5回)

製品のライフサイクルが短くなっている今、製造工程における納期短縮は大きな課題です。解決の鍵となるのが「デジタルプロトタイプによる製品開発」です。本連載では「ある家庭用キッチンメーカーが電気ケトルを設計する」想定で、デジタル プロトタイプによる製品開発...

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP