• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

世界最速!時速370Km/hの電気自動車 Eliica

Eliicaの開発ストーリーと時代を取り巻く ECO、環境、将来

高騰するガソリン価格。一時、どこまで値上がりするのだろうと思っておりましたが、ここに来て少し落ち着いた状況。しかし、今回のガソリン高騰はいろいろな事を学びました。原油が上がると関連製品も高騰し、タイヤは9月から値上げ。これって原油が安くなっても値下がりしないのか?その他材料も高騰。自動車や家電の値上げとものづくりを行なう皆様は大変な苦労の時代に突入しました。

もちろんCO2は極力出してはいけない状況。自動車も今後はディーゼールとハイブリッド車、はたまたどこまで走れるのか電気自動車も発売を予定している日本。

そんな中、慶応義塾大学の清水教授が研究している「Eliica」って先見の目を持っており時代にマッチした車ですよね。最近はTVでも良く放映されているのを目にします。ガソリンは一切使いません。今話題のリチウムイオンバッテリーを30分の急速充電で70%まで充電し、連続走行は300Km。最高速も370km/h。0-100mは、ポルシェ911ターボより速い夢の自動車です。とにかく加速が強烈!

音も無く加速するのは異次元の世界です。私もハイブリッド車に乗ってますが、そんなレベルではない加速Gは特記物。 そんなeliicaを動画でもご覧頂けます。

Eliicaムービーはこちら

なぜ車体に8個ものモーターが付いているのか?なぞですよね?さてさてこの「Eliica」インホイールモーターと言ってホイールの中にモーターが入っています。市販のハイブリッド車はエンジンルームにモーターが1個か2個搭載されていることを思えば、小型化と制御技術が勝負!各社自動車メーカも研究しているが、市販化がされていない技術なんです!日本でしか開発できない先端要素技術とは?

ボディーもレーシングカーを作成する企業に頼んでいる為、本格的です。通常は強度が不足していると、こんな加速Gではボディーがきしみますが、きしみは一切無し。細部に渡りFRPで作成。(今後の製造業で必要になる複合素材)まるで市販車のようなドリームカーです。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP