• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

3次元CADのデータ互換に必要になる こんなに使える FeatureWorks !

フィーチャー認識ツール

3次元CADデータ互換の落とし穴

異なる3次元のデータ互換は、2次元と比較しいい加減なデータでは形状が崩れてしまいます。

世の中には、○○CADとのデータ互換インターフェイスが無償で付いてますとPRする3次元CADがありますが、果たしてお客様はそれで良いのでしょうか?

実際には、インポートデータを修正する。金型の為に抜き勾配を付けたい。穴の形状を変えたい、大きさを変えたいとなりますが、ほとんどの3次元はNGです。

では、どのように解決するのでしょうか?そこがSolidWorksの強みの一部です。

インポートデータの問題点

インポートデータには様々な問題があります

インポートデータ例

中間ファイル ACIS(SAT) 、Parasolid、STEP、IGES
ネイティブデータ Inventor、Solid Edge、Pro/ENGINEER、UG

インポートデータの問題点を解決するには

インポートデータを、容易に編集できなければならない
全て同じCADを使用していれば問題はなくなるが、余計なコストはかけられない!

FeatureWorksの使用で編集が可能に!

部品ドキュメントにおいて、インポートされたソリッドボディ上のフィーチャーを認識

  • フィーチャーの定義編集が可能
  • スケッチの編集(ジオメトリの変更)

インポートデータを編集可能とし、既存データの利用価値を高めます

インポートデータの問題点を解決するには

SolidWorksに完全統合

認識されたフィーチャーの編集

FeatureWorksで認識されたフィーチャーは、SolidWorksで通常のフィーチャーと同じように編集可能

フィレット、面取りを抑制して、
解析用モデルを作成

抜き勾配の追加および変更

スケッチを編集して、ジオメトリの変更

スケッチ寸法変更による寸法公差対策も可能

FeatureWorks のメリット

FeatureWorksにより、コスト削減・納期短縮が実現!

FeatureWorks使用前

  • インポートデータは、ひとかたまりのデータとして取り込まれるため、フィーチャーベースCADであるSolidWorksの設計や設計変更に有利な点を活用できない。
  • フィーチャーがないとインポートデータを変更するのが面倒である。

FeatureWorks使用後

インポートデータの問題点を解消

  • SolidWorksのフィーチャーに認識させることで、形状を自由に編集できる。
  • モデルを修正するのに作成し直す時間とコストを削減できる。
  • 異なった3次元CADを使用する取引先や部署とスムーズにデータのやり取りができる。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP