• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

iPadでSolidWorksデータを活用してみました!

米アップルの新端末iPad(アイパッド)の国内販売が5月28日に開始されました。
さっそくiPadを入手して、iPadでSolidWorksで作成した設計データを活用してみました。

iPadにSolidWorksデータから作成された図面などの画像や機構等の動画を保存して持ち歩けば、お客様との会議やプレゼンテーション、または、社内でのデザインレビューや打合せに、手軽に利用することができます。

活用例

1.SolidWorksで作成した図面やPhotoView360で作成したイメージをiPadに入れて閲覧

  1. SolidWorksで図面を作成、または、PhotoView360でイメージを作成し、TiffやJpeg形式で画像に保存します。
  2. アップル社のWebサイトから、iTunesをダウンロードし、インストールします。
  3. iTunesを起動し、iPadを接続します。
  4. [写真]へ保存した画像を登録し、iPadへ同期します。

図面の表示

図面の表示

図面の拡大表示

図面の拡大表示

PhotoView360イメージの表示

PhotoView360イメージの表示

2.SolidWorksで作成したアニメーションやモーションをiPadに入れて閲覧

  1. SolidWorksでアニメーションやモーションを作成し、保存します。
  2. iPadに対応した動画変換ソフトを使用し、保存した動画をiPad用に変換します。
  3. iTunesを起動し、iPadを接続します。
  4. [ムービー]へ変換した動画を登録し、iPadへ同期します。

ムービーの選択

ムービーの選択

ムービー再生

ムービー再生

また、iPadの様々なアプリケーションをダウンロードして、iPadでSolidWorksを有効活用することができます。

3.SolidWorksをiPadで遠隔操作

  1. iPadからPCのデスクトップを遠隔操作するリモートデスクトップアプリをインストールします。(iPadで使用できるリモートデスクトップアプリは数多く用意されています。)
  2. リモートデスクトップアプリで接続するPCを設定します。
  3. リモートデスクトップアプリからPCに接続します。

リモート接続されたPCの画面

リモート接続されたPCの画面

4.SolidWorksで作成した3次元データをビューワで閲覧

『3DVIA Mobile』

  1. App Store から[3DVIA Mobile]アプリ(有料)をインストールします。
  2. 3DVIAサイトでアカウントを作成します。
  3. SolidWorksで3DVIAアカウントを使用してサインインし、モデルをアップロードします。
  4. iPadで[3DVIA Mobile]を起動して、サインインするとアップロードしたモデルが一覧表示されます。
  5. モデルを選択すると、自動でダウンロードされ、参照・閲覧できます。

サインイン

サインイン

回転・ズーム・移動

回転・ズーム・移動

その他、様々なビューワアプリをダウンロードして利用することができます。
ビューワアプリで、3次元モデルの拡大・縮小・回転、断面表示、色の変更等が行えます。

例)『STL Viewer』

ビューの変更

ビューの変更

色の変更

色の変更

断面表示

断面表示

5.iPadをサブディスプレイにしてデュアルディスプレイ化

  1. iPadを使用してデュアルディスプレイができるアプリをiPadにインストールします。
  2. デュアルディスプレイに接続するパソコンにクライアントソフトをインストールします。
  3. iPadで接続先のパソコンを設定する。

デュアルディスプレイ化されたPCの画面

デュアルディスプレイ化されたPCの画面

活用方法

小規模な打合せに使用して情報の共有化

小規模な打合せをするとき、iPadをテーブルに置くことで情報の共有化ができ、プロジェクターを使用するような大規模な打合せと同様の効果が期待できます。また、参加者が画面にタッチして操作することもできるため、デザインレビューも効率的に行うことができます。

外出先や他部署でのデータ確認

ノートパソコンを持ち運ばなくても、軽くて持ち運びやすいiPadなら、どこでもデータの確認をすることができます。

組立作業時にSolidWorksデータを確認

手軽で動かしやすいiPadを使用すれば、組立手順を確認しながら、作業を進めることができます。

離れた場所からリモートアクセスでSolidWorksを使用

アプリを利用すれば、離れた場所からでもPCを遠隔操作することや、画面を共有した打合せや技術的サポートも行うことができます。

デュアルディスプレイ化

iPadを使用しない時は、サブディスプレイとして有効活用できます。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料のサンプル

資料のサンプル

お知らせ

関連機能を実機で学べます!各種スクールのお知らせ

SolidWorks スクール

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP