• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

PhotoView360のご紹介

SolidWorksの3次元CADデータをデザインレビューに使用している企業が増えていますが、3次元CADデータだけでは実際のイメージがわかない、設計意図が明確に伝わらない場合があります。
また、営業資料に対しても製品イメージとして3次元データがなかなか利用できていないのが現状です。
PhotoView360を使用すれば、そのような問題を解決することができます。
(SolidWorks2011からは、PhotoWorksが廃止となり、PhotoView360が対応となります)

PhotoView360とは?

SolidWorksの設計データを使用して、初心者でもプロが撮ったような実写的なイメージで簡単にレンダリングすることができます。

  • すべての設計者がフォトリアルなイメージの作成が可能
  • 操作性に優れ、誰でも短時間に高品質なイメージの作成が可能

PhotoView360は、モデルの移動や回転、拡大・縮小等を操作することができ、容易な設定で素早くレンダリングすることができます。

  • 面やボディ、部品やアセンブリごとに、モデルの外観の適用
  • 環境の適用

  • 背景イメージのロード、環境による光の量の変更、パース投影図、焦点距離の変更 等

背景イメージをロード

背景イメージをロード

環境による光の量の変更

環境による光の量の変更

焦点距離の変更

焦点距離の変更

PhotoView360の有効活用方法

デザインレビューでの活用

より実製品に近い実写的イメージでデザインレビューや製造業者への設計内容の説明などを行うことで、理解度が向上し、十分な検討を実現します。

様々な角度から実製品のようなイメージを表現

様々な角度から実製品のようなイメージを表現

プレゼンテーションへの活用

より実製品に近い実写的イメージで、顧客に説得力のあるプレゼンテーションを実施することができます。

カメラアングルを自由に選択可能

カメラアングルを自由に選択可能

ビジュアルイメージの活用

実製品に近い実写的イメージをマーケティング資料や展示会やイベント等の製品パネル、カタログや広告等に利用することができ、実製品では困難な内部構造の表現や製品バリエーションの紹介等に利用することもできます。

PhotoView360のメリット

簡単な設定で高品質なイメージを短時間で作成することができます。
また、製品の作成前に、製品の最終形状を仮想的に表現したモデルを作成することにより、

  • ビジュアルなイメージで、設計意図を理解しやすく、アイデアを効果的に伝えることができ、円滑なコミュニケーションが可能になります。
  • 市場への販売促進活動を前倒しすることが可能です。
  • 試作や写真撮影にかかっていた工数やコストが大幅に削減され、市場への投入も早期に実施することすることができます。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料のサンプル

資料のサンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP