• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

鋼材レイアウトを使用したフレーム設計の効率化

鋼材レイアウトを作成する際に、輪郭のスケッチを毎回作成して3次元モデルを作成していませんか?また、作成された3次元モデルに対する鋼材の交わるコーナーの編集や溶接リブ、エンドキャップの作成にも工数がかかってしまいます。さらに、設計変更にも関連するすべてのフレームサイズを修正しなければなりません。

SolidWorksの鋼材レイアウト設計

SolidWorksの鋼材レイアウトを使用すれば、スケッチセグメントに鋼材を定義することで、短時間で、効率のよい、鋼材レイアウト設計をすることができます。また、作成する際に、鋼材の交差するコーナーの継ぎ目処理を自動で編集することができます。

さらに、鋼材同士のトリム/延長を自在に編集することができ、手動で行った場合より大幅に工数を削減することができます。

また、エンドキャップ、溶接リブ、すみ肉溶接ビードを作成することも可能です。

カットリスト

鋼材レイアウト機能で作成された各鋼材のボディから適切なカットリストを自動で作成し、図面に挿入できます。
これにより、計算ミスを削減することができます。

シミュレーション

作成した鋼材レイアウトをシミュレーションに使用することができ、静解析で応力や変形を求めたり、固有値解析で固有振動数を求めることができます。鋼材レイアウトと連動した応力解析や固有値解析により、構造物の性能を素早く効率的に検証することが可能になります。

鋼材レイアウトのメリット

効率の良い、鋼材レイアウト設計ができます。
各機能が半自動なため短時間で作成することができます。
形状の作成に時間を取られることなく、モデルをすばやく作成、検討することができます。
設計変更にも素早く対応することができます。
鋼材形状を保存しておけば、全ての設計者が利用することができます。
溶接セグメント間に溶接ビード向けの空間となる溶接隙間を設定することで、溶接隙間を考慮した正確なカット長を自動的に取得することができます。
設計期間の短縮、カット長計算時のエラーの排除
3次元モデルでメッシュを切るよりも、効率的に解析処理ができます。
鋼材レイアウトを使用することで、設計工数を削減し、コストを最小限に抑えることができます。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料のサンプル

資料のサンプル

お知らせ

関連機能を実機で学べます!各種スクールのお知らせ

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP