• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

第3回 Suiteは導入コストが約30%OFF!?

Suiteによって変わったものとして紹介してきていますが、今回は「コスト(価格)」です。
3次元CADが普及するも現場ではまだまだ図面でのモノづくりが主流です。そのため3次元CADを導入しても2次元CADも必要になっているのが現実です。

2次元ユーザはSuite購入が価格的にもお得

AutoCAD MechanicalとAutodesk Inventor を各製品ごとに購入すると、66万円(Mechanical)+72.5万円(Inventor) の合計138.5万円になります。

この両製品がパッケージされる「Product Design Suite Premium」は 95万円と別々に購入するよりも43.5万円と約31%もお得です。

製品単体で購入する場合と「Product Design Suite Premium」パッケージの価格差

製品単体で購入する場合と「Product Design Suite Premium」パッケージの価格差

コミュニケーションとしての3Dデータ活用

最近では営業販促や社内外のコミュニケーションとして3Dデータ活用が増えてきています。特に試作品を作成しカタログ作成すると莫大なコストが発生します。お客様では自社製品を製品化前に3Dデータを利用したCGや動画を作成し、展示会やカタログへ利用されるようになってます。Product Design Suiteに同梱される「Autodesk Showcase」も、Inventorで設計したモデルを取り込み、実物に近いイメージを簡単な操作でレンダリングできるツールです。設計以外で3Dデータの活用による設計以外での効果も期待できます。

4製品も入ってこの価格!

4製品も入ってこの価格!

現在2次元、3次元の融合設計を薦められてる方、将来的に3次元設計のデータ活用も見据えてという方にとっては、Suiteの利点である複数のオートデスク製品間のデータ連携、そのシステムを導入するコストを抑えることができます。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP