• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

類似形状や派生部品の設計工数を大幅削減するSolidWorksの機能とは?

顧客の要求に応じて最適な製品を開発する現場では、標準部品のサイズ違いやちょっとした形状の違いなど、類似形状や派生部品を多く制作する必要があります。その都度、部品を制作していると類似形状にもかかわらず設計工数が掛かり、またファイル数も増大し、管理も大変になってくるのではないでしょうか。そんな設計者に悩みを解決してくれるのがSolidWorksのコンフィギュレーション機能です。

SolidWorksコンフィギュレーション機能

SolidWorksではコンフィギュレーション機能を使用することで、1ファイル内に異なる形状をした様々なバリエーションを作成することが可能です。いくつものファイルを作成することなく多数の形状をした部品・アセンブリを作成することができます。

コンフィギュレーションを用いた様々な活用方法

コンフィギュレーションを活用することで様々な場面で業務効率を向上

ファイル内に多数のバリエーションを持たせることで、様々な場面で活用することが可能です。

コンフィギュレーション活用例

  • ボルトやナット等、規格部品をサイズの異なるコンフィギュレーションで作成
  • 設計段階で複数の検討案をコンフィギュレーションで作成し、並行して設計検討
  • アセンブリ組み付け用のコンフィギュレーションとして形状を簡略化して使用
  • 解析時の計算・メッシュ作成を効率化するため、詳細部を省いたコンフィギュレーション
  • アセンブリの合致条件でコンフィギュレーションを作成した機構表現

SolidWorks機能によるコンフィギュレーションの自動作成

SolidWorksには簡単にコンフィギュレーションを作成する為の機能も搭載されています。 エクセル表で作成された設計テーブルによるコンフィギュレーションの一括作成や、Configulation Publisherによる コンフィギュレーション指定インターフェースの作成により、誰でも簡単にコンフィギュレーションの作成が可能です。

コンフィギュレーション作成のメリット

コンフィギュレーションを活用することで設計業務をより効率的にすることが可能です。

コンフィギュレーション機能を活用することで1ファイル内に複数の形状を作成

  • フィーチャーの抑制やパラメーターによる定義
  • 多数の類似部品作成を効率化
  • 新規ファイルを作成する必要が無く、管理が容易

用途別にコンフィギュレーションを定義可能

  • 図面作成、アセンブリ、解析等、目的別に定義することで計算・処理時間を短縮
  • 複数の設計案を並行して検討することが可能

アセンブリの合致による定義

  • アセンブリの機構を表現したコンフィギュレーションを作成

お知らせ

実機で更に詳しく学べます!SolidWorksスクールのお知らせ

サイズ違い/仕様違い/用途違いなどの部品やアセンブリを、効率良く作成/管理できるコンフィギュレーション機能は、以下のコースでご紹介しています。

SolidWorks基礎コース、アセンブリコース

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料のサンプル

資料のサンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP