• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SolidWorks Xpress製品でどんなことができるか

SolidWorks Xpress製品とは?

SolidWorksStandardには設計・製造支援ツールの機能抜粋版としてXpress製品がバンドルされています。現在、使用できるツールは以下の5種類です。

SimulationXpress(構造解析ツール)

FloXpress(流体解析ツール

DFMXpress(製造要件検証ツール)

DriveWorksXpress(簡易自動設計ツール)

SustainabilityXpress(環境影響評価ツール)

これらのXpress製品はSolidWorks Standardで使用が可能です。

SolidWorks Simulation Xpress

SolidWorks SimulationXpressはSolidWorksにバンドルされた簡易構造解析ツールです。構造解析の可能性と導入効果を部分的に評価・体験が出来ます。機能に関しては制限があり、以下の通りになります。

仕様

解析種類
線形静解析(応力解析)のみ
対象モデル
単品の部品のみ
材料特性
等方性材料(例:金属)のみ
操作方法
ウィザード形式
荷重条件
圧力・集中荷重のみ、指示要素は面の選択のみ
拘束条件
自由度なしの固定のみ、指示要素は面の選択のみ
メッシュ
要素サイズ指定による一様メッシュのみ
結果表示
応力、変位、変形、安全率の傾向値確認のみ
レポート機能
AVIファイルの作成、HTML、edrawings形式の計算結果出力
最適化
設定パラメータは1つのみ

※上記項目以上の機能が必要な場合はSolidWorks Simulation Professional、SolidWorks Simulation Premiumの使用をお勧めいたします。

SolidWorks FloXpress

SolidWorks FloXpressは流れ特性を評価する初歩的流体解析ツールです。
機能に関しては制限があり、以下の通りです。

仕様

基本機能
流れ計算のみ(固体部分は断熱)
定常解析のみ
強制対流のみ
解析対象モデル
流入・流出口が必ず各1箇所ずつ
内部流れ(密閉部分の計算)のみ
流れ計算のみ(固体部分は断熱)
流体の種類
液体(水)と気体(空気)のみ
データベース
流体物性の登録不可
流入口
圧力、体積流量、質量流量のみ
流出口
圧力、質量流量のみ
メッシュ
メッシュ設定不可(デフォルト値のみ)
結果パラメータ
速度のみ
結果表示方
流跡線のみ、数値の結果取得は不可
レポート
bmpのみ可能

※上記項目以上の機能が必要な場合はSolidWorks Flow Simulationの使用をお勧めいたします。

DFMXpress

DFMXpressは製造要件の可否を識別する為のツールで加工時の不具合を回避することが出来、無理なく製造できる部品を設計することが出来ます。

仕様

  • ピン角のポケットなどで工具が入らない(削り残る)部分を検知
  • 穴の底が平面である部分を検知し、仕上げ工程が必要な部分を検知
  • 工具径と穴の深さの比率を設定し、深くなりすぎている部分を検知

尚、機能に関しては以下のような制限があります。

確認項目はデフォルトで設定されたルールのみ確認が可能(13項目、ルールの選択・作成は不可)

※ルールのカスタマイズが必要な場合はDFMProfessionalの使用をお勧めいたします。

DriveWorksXpress

DriveWorksXpressは、定義された設計情報を基に部品・アセンブリ・図面を自動生成することが可能な自動設計ツールです。

仕様

  • プログラム構築不要
  • データ入力の確認/エラー表示などが盛り込まれた入力フォーム
  • デザインルール構築用方程式の適用
  • モデル内定義寸法値の制御
  • 部品およびアセンブリファイルの自動作成
  • トップアセンブリ図面作成

※質量などのマスプロパティを用いた寸法制御モデルの置き換え、パーツレベルまで含めた図面の自動作成、IGES等の中間ファイルへの自動変換などの機能が必要な場合はDirveWorks製品版の使用をお勧めいたします。

SolidWorks SustainabilityXpress

SolidWorks SustainabilityXpressは部品単位のLCA (Life Cycle Assessment)を検証にするツールです。SolidWorksで設計する部品が環境に与える影響を速やかに理解することができ、環境にやさしい設計案の選択をできます。

仕様

  • 部品単位のLCA検証をサポート
  • 材料、製造方法、製造エリア、使用エリアを入力とし、二酸化炭素排出量、エネルギー消費量、酸性大気汚染、水体の富栄養化などの環境影響をリアルタイムにフィードバック
  • 類似材料検索機能
  • カスタマイズ可能なプロフェッショナルレポート自動作成

※アセンブリのLCA検証や製品使用中に消費されるエネルギーの量とタイプの指定、輸送方法の指定をしたい場合にはSolidWorks Sustainabilityの使用をお勧めいたします。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP