• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

設計変更に伴う設計ミスが無くなるSolidworksのセンサー機能とは?

SolidWorksには、部品やアセンブリでの特定のプロパティを監視し、指定された制限値から値が外れると警告を表示するセンサー機能が用意されています。

設計変更した場合、重量が設計目標値をオーバーしたり、設計上必要な寸法値が保持されなくなる場合があります。また、アセンブリでの干渉やクリアランスの問題であったり、強度の問題であったりと、設計変更に伴い、様々な検証を実施しなければなりません。

そこで、SolidWorksのセンサー機能を使用して部品やアセンブリのプロパティを監視することで、検証作業の繰返しを削減することができます。

センサー機能の利用効果

センサー機能を使用して設計仕様を監視することで、設計ミスを減らし、設計変更に素早く対応することができます。

  • 面倒な検証の繰り返しを削減し、設計変更に対する素早い対応が可能。
  • 設計の迷いをなくし、即座に判断できるので、無駄な時間を減少します。
  • 複数のタイプのセンサー機能を組み合わせることで、より設計効率が向上します。

提供されるセンサー

センサー機能には、監視するための以下のセンサーが用意されています。

質量特性

質量や体積、表面積などの特定のプロパティを監視します。

(例)質量…質量最大値を500gと制限し、最大値から外れた場合に警告を表示

寸法

部品編集作業時に保持したい寸法を監視します。

(例)部品の側面と円筒面の最小寸法を5mmと制限し、最小寸法から外れると警告を表示

干渉認識

アセンブリ編集時に、選択した構成部品の干渉を監視します。

(例)選択した構成部品間で干渉しているときに警告を表示

近接

アセンブリの編集時に、特定の構成部品間のクリアランスが保たれているかを監視します。

(例)選択した構成部品と定義した50mmの線の間に干渉を検出すると警告を表示

シミュレーションデータ

モデルの応力、安全率などの解析結果を、複数のスタディに渡って監視します。また、デザインスタディの制約条件やゴールを定義するためのセンサーを使用し、解析結果を監視します。

(例)応力…モデルの最大応力値が7000N/mm2を超えると警告を表示

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料のサンプル

資料のサンプル

お知らせ

関連機能を実機で学べます!各種スクールのお知らせ

SolidWorks スクール

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP