• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SolidWorks関係式の有効活用

SolidWorksではモデリングを行う上でスケッチやフィーチャーに対して様々なパラメータを設定します。
このパラメータに対して直接数値を指定するのではなく、数学的な式を割り当ててパラメータの値を決定する機能が関係式になります。変数を指定した関係式や他のパラメータを基にした関係式など様々な方法で関係式を定義することが可能です。

数学的な式を割り当ててパラメータを制御

数学的な式を割り当ててパラメータを制御

関係式で何ができるか?

SolidWorksの関係式機能を有効活用することで、効率的な設計変更が可能になり、設計業務における設計者の負担を軽減することができます。

  • パラメータへ数学式(ルール)を定義したり、フィーチャーや構成部品の抑制/抑制解除をコントロールすることで、設計変更の漏れを回避することができます。
  • モデル内の関係式とリンクされたテキストファイルを変更するだけで、モデル形状、アセンブリ構成を自由に変更することができます。
  • シリーズ製品等のベース形状の作成において簡易的なテンプレート設計を容易に実現することができます。

フィーチャーや構成部品の抑制/抑制解除

SolidWorks2011からはパラメータの数値決定だけでなく、関係式を使用してフィーチャーや構成部品の抑制/抑制解除をコントロールすることも可能になりました。これによりパラメータの変更に合わせてフィーチャー、構成部品の構成を変更することができるようになるため、より複雑な形状変更を関係式上で定義することが可能になります。

テキストへのリンク機能による関係式の共有

モデル内で使用する関係式を定義する際に、テキストファイルを基にインポート/エクスポートを行い、同時にファイルに対してリンクを定義することが可能です。これによりテキスト上で関係式を編集・保存するだけでモデル内の関係式を変更することができます。

また、同じテキストファイルに複数のSolidWorksファイルの関係式をリンク付けることで1つのテキストファイルを基に複数のSolidWorksファイルの関係式を制御することが可能になります。

テキストに応じて各部品形状を変更

テキストに応じて各部品形状を変更

テキストへのリンク機能を活用することで部品単体だけでなく、アセンブリやその他構成部品内で同様の関係式を利用し、製品全体が連動して変更されるように関係式を定義・リンク付けることが可能になり、一定のルールに従った形状変更を容易に行うことが可能になります。

テキストにより関係式を制御することでアセンブリ、構成部品を同時に編集可能

テキストにより関係式を制御することでアセンブリ、構成部品を同時に編集可能

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料のサンプル

資料のサンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP