• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SolidWorks Routingを使用した配管設計効率化

SolidWorks Routing 配管設計

SolidWorks Routing は、電気配線ケーブル、配管、チューブといったルート形状モデルのための設計支援ツールです。
アセンブリに3Dスケッチでルートを作成すれば、ライブラリの配管部品(パイプ、エルボ、チューブ)を使用して、自動的に配管やチューブを作成することができます。
もし、SolidWorksの標準機能のみで配管モデルを作成しようとすると、配管モデル作成にかかる工数が大幅に増大してしまいます。SolidWorks Routing なら、3Dスケッチに追従したルートに作成、エルボ追加が行われるため、簡単に作成・変更が可能です。
効率的な配管モデリングを行うには、SolidWorks Routing が必要です。

効果的な配管設計・検証作業

SolidWorks、SolidWorks Routing の機能を活用することで、ルートモデルの作業を効率化し、効果的な設計・検証作業を行うことが可能になります。

干渉・クリアランスの確認

干渉・クリアランスの確認

エンベロープによる作業領域確認

エンベロープによる作業領域確認

自動ルートの複数候補案からのルート選択

自動ルートの複数候補案からのルート選択

部品の置き換え

部品の置き換え

接続部品のコンフィギュレーション変更による配管太さの変更

接続部品のコンフィギュレーション変更による配管太さの変更

ルートアセンブリのコピー

ルートアセンブリのコピー

カバーの追加

カバーの追加

配管図とルート長の情報を含めた部品表

配管図とルート長の情報を含めた部品表

3次元配管設計による効果

  • 3次元化により実工事とほぼ同じ環境で設計可能
  • 配管ユニット単位で今までの現合から外溶接、外組立が可能
  • 複雑なルート形状が視覚化され、詳細な確認・検証が可能
  • 3次元のルート形状を利用した把握しやすい図面作成

SolidWorks Routing の利点

  • 標準機能では困難な配管モデルの作成が容易になり、ルートモデルの作成効率が向上
  • ルート構成部品をライブラリとして共有することで、無駄な部品作成の工数を削減
  • 配管長さや太さ等の情報を一括して部品表へ出力
  • 標準機能との併用で詳細な検証や効率的なデータ活用が可能

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。 ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料のサンプル

資料のサンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP