• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SolidWorks Routingを使用した配線設計効率化

SolidWorks Routingの機能を活用することで、アセンブリ内のコネクタやターミナル部品を繋ぐケーブル/ワイヤ-モデルを効率的に作成することが可能です。
3Dスケッチによるルート定義によりフレキシブルなルート形状を簡単に定義することができます。
自動ルート機能によるスケッチの自動接続や、FromToリストを使用したルート情報の自動インポート機能により、複雑な配線形状も設計者に負担をかけず作成することが可能です。

配線を3次元で表現するだけで無く、作成したルートモデルに対して使用するケーブル/ワイヤの詳細な電気的属性情報を定義する事ができます。
また、作成したルートモデルを基にルートの展開図を作成し、ケーブル長さや使用しているコネクタ・ケーブル等の情報を含めた部品表を一括して図面へ出力することもできる為、ルートの情報抽出も容易に行えます。

ルート作成における効果的機能

SolidWorks Routingには配線設計を効率的に行う為の様々な機能が搭載されています。

ケーブルへの電気情報の定義

ケーブルへの電気情報の定義

ルート形状に合せたカバーモデルの追加

ルート形状に合せたカバーモデルの追加

導管と導管内部を通る配線の作成

導管と導管内部を通る配線の作成

標準ケーブルを使用した長さ指定のルート作成

標準ケーブルを使用した長さ指定のルート作成

ルートの展開図

ルートの展開図

FromToリスト・ガイドラインによる自動ルート作成

FromToリスト・ガイドラインによる自動ルート作成

SolidWorks Routingの配線設計によるメリット

  • 複雑な配線ルート形状を3Dスケッチにより効率的にモデリング
  • ルート点同士を結ぶルートを自動作成で、誰でも簡単に配線設計が可能
  • 配線に電気情報を付与することにより情報の取得・出力が容易

SolidWorks Routing導入の効果

  • 配線設計業務が容易になり、作業工数が低下
  • 各ルートの詳細な電気情報により、ケーブル部品の集計ミスや発注ミスを回避
  • SolidWorks上にて他部品・ケーブルとの干渉問題を把握・確認することで、設計の手戻りを削減

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。 ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料のサンプル

資料のサンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP