• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SolidWorksによる環境配慮設計 SolidWorks Sustainability

製品の環境影響を測定する「SolidWorks Sustainability」

世界的に環境危機となっている現在、世間の環境への関心は年々高まっており、個人も企業も、製品の環境への配慮を基に購入決定を下すようになっています。この市場ニーズの拡大に伴い、SolidWorks Sustainability は環境的に責任の持てる製品を構築し、様々な市場で競争力を高めることを可能にします。

SolidWorks Sustainability により、SolidWorksで設計する製品の環境影響を測定することができます。SolidWorks Sustainability 製品は、SolidWorks に完全に統合されており、二酸化炭素排出量、合計エネルギー消費量、水への影響、大気への影響という環境影響に関するフィードバックをリアルタイムで提供します。

製品パッケージ

SolidWorks Sustainability 製品ラインには、SolidWorks Sustainability とSolidWorks SustainabilityXpress があります。
SolidWorks SustainabilityXpress は、設計部品の環境への影響を評価するLCA(Life Cycle Assessment)ツールで、 SolidWorks2010に含まれています。
これに対して、完全バージョンのSolidWorks Sustainability は、アセンブリに対して、使用時のエネルギーや輸送方法を指定し、LCA評価することもできます。
SolidWorks Sustainability は、SolidWorks2010 SP2.1より正式リリースされています。
SolidWorks Sustainability では、SolidWorks SustainabilityXpress に加えて、以下の機能が提供されます。

アセンブリのLCA

エネルギー消費および輸送方法に関するユーザー入力

コンフィギュレーションのサポート

アセンブリ可視化機能のサポート

アセンブリの拡張レポート機能

SolidWorks Sustainability のメリット

今後の製造業では・・・

  • 政策や法令、市場のニーズ、社会的責任により環境配慮設計が重要
  • 効率的な環境配慮には、設計・開発段階でLCAを考慮したフロントローディングが必要
  • 設計者の知識・能力、現場だけでの環境配慮は困難

SolidWorks Sustainability により・・・

  • 長い実績を持つLCAソフトウェアGabiのデータベースを採用した信頼できる環境影響の評価
  • モデルに、材料、製造方法、製造場所、使用場所、主要移動手段、使用エネルギーを入力するだけで、炭酸ガス排出量、酸性大気汚染、エネルギー消費量、水の富栄養化を評価
  • 最適な製造方法、材料等の評価のための評価比較や材料検索が容易

SolidWorks Sustainability を使用して、設計業務を行いながら環境影響を評価するフロントローディングが可能になり、効率的な環境配慮設計を実現することができます。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料のサンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP