• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SolidWorksの基本を理解しよう!

SolidWorksが売れるには理由があります!

3次元CADとは、設計するための『道具』です。その道具を購入するときに何を考慮しますか?

  • 自社製品に適したCADか?(曲面部品が多い、板金部品が多い、設計時に設計検証したい)
  • 誰でも容易に操作することができるか?導入・運用に工数がかからないか?
  • 市場や業界の評価はどうか?
  • 価格はどのくらいか?

などが挙げられますが、SolidWorksが選定されるのは、以下のような理由があります。

【SolidWorksが選定される理由】

  • SolidWorksは、他社の追従を許さない機能性や操作性を徹底的に追及している。
  • 加速するユーザーの導入実績により市場からも業界からも高く評価されている。
    ※2010年9月末時点で、世界で130万、国内で11万以上のライセンスを出荷し、圧倒的なユーザー数である。
  • 豊富な機能の追加や強化の90%以上がユーザーからの要望である。
  • CAD支援、解析、CAM/金型、データ管理などの豊富なパートナー製品に対応している。
  • 豊富な機能があるにもかかわらず低価格である。

SolidWorksとは?

設計の中核を支える機械系3次元設計ツールです。
豊富な機能を使って設計することで、より低コストで、競合他社より早く製品を市場に投入することが可能です。

部品作成

アセンブリ作成

図面作成

豊富な機能と使いやすい操作性で、部品、アセンブリ、図面を短時間で作成したり、簡単に設計変更したりすることができます。

SolidWorksの特長

Windowsに完全準拠

使い慣れたWindowsのようにSolidWorksを操作することができます。

SolidWorks

SolidWorks独自のFeatureManagerデザインツリー

部品やアセンブリ内のすべてのフィーチャーを表示し、設計手順であるモデリングの過程を時系列で表します。

※フィーチャとは形状を定義するための最小単位のことで、パラメータで表現できる形状を一般化したものです(押し出し、シェル、フィレット、面取り、穴、リブ、…)。
3次元形状に対して設計の意味を持たせることができ、モデルを作成または修正する工数を削減することができます。

  • どのようなフィーチャーを使用したのか?
  • どのような設計手順で作成したのか?

などがわかるので、設計意図が明確になります。

FeatureManagerデザインツリー

試行錯誤する設計に対応 ~フィーチャーの入れ替え、抑制、削除~

設計者が試行錯誤してモデリングするときに、フィーチャーを入れ替えたり、抑制、削除してモデルを検討することができます。

フィーチャの順番を入れ替えて検討

穴フィーチャーを抑制

フィレットフィーチャーの削除

試行錯誤する設計に対応 ~コンフィギュレーション~

一つのドキュメント内に部品やアセンブリのバリエーションを作成することができ、アセンブリでの部品の検討をすることができます。

部品
寸法を変更したり、フィーチャーを抑制して解析用の部品など、異なる部品形状を作成することが可能

アセンブリ
アセンブリ上でもバリエーションを作成することが可能

柔軟な操作性で効率アップ ~フィーチャーコピー~

キーボードの【ctrl + c、 ctrl + v】を使用して、フィレットや面取りなどをコピー&ペーストしてモデルを作成することができます。

作成中のファイルに、別で開いているファイルのフィーチャーをコピーすることができます。

柔軟な操作性で効率アップ ~2次元から3次元モデルの作成~

既存2次元データから、形状をスケッチにコピーして、3次元モデルの作成に利用することができます。

2次元から3次元の移行もスムーズです

モデリング操作ナビゲート機能

コマンド実行時の操作手順を、ステータスバーでナビゲーションします。

操作手順が明確になり不安が解消されます

コマンド実行の高速化 ~マウスジェスチャー ~

マウスジェスチャーを使用して素早くコマンドを実行することができます(ユーザ定義でカスタマイズが可能)。

  • ぞれぞれの環境に合わせた、独自のコマンド配置で高速化が可能
  • マウスを大きく移動せずにコマンドを実行することが可能!

スケッチ環境

部品環境

アセンブリ環境

図面環境

直感的なモデリング操作

モデルをダイレクトに操作して編集することができます。

モデルと図面の連動 ~設計変更~

モデルを変更すると図面の寸法に反映されるため、設計変更のスピードが大幅に上がります。

経験豊かな設計者のように使えるSWIFT機能

SolidWorks初心者でも経験豊かなエキスパートのように集中して設計することができます。
また、設計中の様々な問題を診断解決し、時間のかかる細かな作業を自動化することで、修正時間を減らします。

SketchXpert ~スケッチの矛盾を解決~

矛盾しているスケッチの解決方法を提案し、修復することができます。

SketchXpertを使用しないと、問題を自分で探す手間や修正に時間がかかります!

FeatureXpert ~フィレット、抜き勾配の自動解決~

フィレットや抜き勾配がエラーになると、自動でフィーチャを複数に分離し、作成順序を入れ替えて自動解決します。

FeatureXpertを使用しないと、修復処理に無駄な時間を使ってしまいます。f

DimXpert ~製造用寸法作成や公差作成~

基準位置、部品タイプ、公差タイプ、フィーチャーを指定し、モデルに一括で製造用寸法を作成します。
そして、その製造用寸法を利用して、製造用図面を作成します。

DimXpertを使用すると、寸法等を手動で作成する時間を削減できます。

SolidWorks学習機能・ヘルプ機能

40種類以上の学習機能、ヘルプ機能からヒントを得ることができ、SolidWorks初心者の作業効率を向上させることができます。

学習機能
サンプルモデルを使用して流れに沿って操作することで、素早く理解することが可能です。
ヘルプ
目次タブや検索タブから、ヒントを得て、素早く理解することが可能です。

学習機能

ヘルプ

強力なコミュニケーションツール ~eDrawings~

電子メールに対応した、3次元モデルや2次元図面を作成、表示、共有することが可能な、簡単で安全な設計コミュニケーションツールです。

マークアップの追加

構成部品移動

断面表示

分解図

スタンプ

測定

SolidWorks製品パッケージ

SolidWorksには、様々なアドインプログラム(拡張機能)が用意されています。

SolidWorks Premium 主な特長

1. 3次元配管・配線設計ツール
2. 本格的な解析ツールによる検証
3. リバースエンジニアリングツールを実装
4. 妥当性を判断する為の公差解析

SolidWorks Professional 主な特長

1. 充実のプレゼンテーションツール
2. 標準ライブラリを装備
3. 社内規格を自動検証
4. データ管理ツールによる情報の共有化

SolidWorks Standard 主な特長

1. 高度なモデリング技術
2. 多彩なアセンブリ機能
3. 自在に連動する図面化機能
4. マルチCAD対応のデータ変換機能

SolidWorksのメリット

  • Windowsを使い慣れている人であればSolidWorksをすぐに操作することができ、学習機能により、初心者でもすぐに習得できるため、教育コストが削減できます。
  • SolidWorks初心者でも、様々な機能を利用することで、設計効率が大幅に向上し、すぐに成果をだすことができます。
  • 豊富な拡張機能で、より製品の品質の向上や、効率的な設計が可能になります。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

SolidWorksの基本を理解しよう! ~SolidWorks初心者の方へ~ (充実の26ページ)

主な内容
  • SolidWorksとは?
  • SolidWorksの特徴
  • SolidWorksの製品パッケージ など

お知らせ

関連機能を実機で学べます!各種スクールのお知らせ

SolidWorks スクール

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP