• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SolidWorks 2014 フィーチャー

親子関係に縛られずにフィーチャー削除・修正

SolidWorksで作成するフィーチャーでは性質上、親子関係が存在します。そのため、親フィーチャーを削除しようとした時、関連する子フィーチャーも同時に削除されてしまいました。

SolidWorks 2014からは親フィーチャーを削除する際、関連する子フィーチャーを選択して削除または残しておくことができるようになりました。多数の子フィーチャーを持つ親フィーチャーを削除してモデルを作成し、直したい場合あえて子フィーチャー残して親フィーチャーを削除することで、各要素に参照エラーは発生しますが、新規作成より少ない手数で親フィーチャーの形状変更ができます。

フィーチャー削除時に子フィーチャーを選択して削除

フィーチャー削除時に子フィーチャーを選択して削除

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記より資料請求(無料)しご確認ください。

資料サンプル

資料サンプル

資料請求(無料)

お知らせ

関連機能を実機で学べます!各種スクールのお知らせ

SOLIDWORKS スクール

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP