• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

設計に集中できる時間を増やすSolidworksのSWIFT機能とは?

現状の設計

設計者が集中して、設計している時間は意外にも短い!設計効率が悪い!

  • フィーチャの順序や合致、スケッチ拘束等の問題を解決するために、細かい作業の修正で多くの時間を使ってしまう。
  • 修正処理があり、設計に集中できない!
  • パフォーマンスが遅い!

設計の解決策

設計に集中できる時間が増加!

SolidWorks2010には、SWIFT機能(SolidWorks Intelligent Feature Technology)が用意され、SolidWorks初心者でも経験豊かなエキスパートのように集中して設計することができます。

SWIFT機能

SketchXpert

スケッチ拘束や寸法の矛盾を診断し、解決方法を提案、修復します。

FeatureXpert

フィレットや抜き勾配にエラーがあると、自動でフィーチャを複数に分離したり、作成順序を並べ替えて、自動解決してくれます。

FilletXpert

複数のフィレットの追加や編集、管理、フィレットコーナータイプの変更や再利用を容易にすることができます。

DraftXpert

複数の抜き勾配の追加や変更の管理できます。

DimXpert(部品)

3次元モデルに製造用の寸法を一度に作成します。

DimXpert(図面)

製造用寸法を利用して、効率よく図面を作成します。

MateXpert

アセンブリでの合致問題を特定し、矛盾している合致を識別し解決します。

AssemblyXpert

アセンブリのパフォーマンスを解析し、パフォーマンスを改善できる可能性のあるアクションを提案します。

SWIFT機能を使用した効果

  • エラー診断や修復作業が自動化され効率良く設計できます。
  • ユーザーのレベルにかかわらず、時間を大幅に短縮できます。
  • 設計者が集中して設計できます。
  • より製品品質を向上させます。
  • 無駄な時間をなくし、設計効率が向上します。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。 ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料のサンプル

資料のサンプル

お知らせ

関連機能を実機で学べます!各種スクールのお知らせ

SolidWorks スクール

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP