• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SolidWorks Toolbox 機能のご紹介

標準部品をそのまま設計中の製品内で使用することが可能な「SolidWorks Toolbox」

SolidWorks ToolboxはSolidWorks Professional、SolidWorks Premiumにパッケージされるアドイン機能です。
国内外を含む工業規格に対応した標準部品をライブラリとして搭載し、設計中のアセンブリデータへ自由に追加することができます。
設計者自らが標準部品を作成しなくても、Toolbox機能を使い標準部品をそのまま設計中の製品内で使用することができるため、より効率的な設計が可能になります。

様々な規格に対応した標準部品をライブラリとして搭載

様々な規格に対応した標準部品をライブラリとして搭載

Toolbox部品へのアクセス

『Toolbox』、『Toolbox Browser』アドインを有効にすることで、Toolbox部品へタスクパネルからアクセスすることが可能です。
タスクパネル内の『デザインライブラリ』タブからToolboxファイルを選択し、そのままグラフィック領域へドラック&ドロップするだけで簡単にアセンブリへ部品を追加する事ができます。
部品の使用箇所に応じて、異なるサイズの部品が必要になる場合、コンフィギュレーション、もしくはコピー部品を作成し、対応したサイズの部品を自動で作成することができます。

必要な操作はドラック&ドロップだけなので、誰でも簡単に使用可能!!
  • 任意の規格・部品を自由に使用
  • ドラック&ドロップによる簡単な部品追加作業
  • 使用箇所に応じたサイズを自動作成

ドラック&ドロップで部品追加

ドラック&ドロップで部品追加

「スマートファスナー」機能によるToolbox部品の一括追加

SolidWorksのアセンブリ機能〔スマートファスナー〕を使用することで、アセンブリ内の穴形状に合わせてToolbox部品を一括で追加することが可能です。
部品・アセンブリに対し、〔穴ウィザード〕で作成された穴の規格に合わせて、予め設定された規格・タイプの部品が自動で追加されます。 追加の際に、部品が組みつけられる部分の形状を認識し、自動で形状に適したサイズの部品が追加されます。
作成されている穴に適したサイズの規格部品が自動挿入されるため、個別に部品を追加する必要がありません。

穴部分にToolboxの部品を一括自動追加

穴部分にToolboxの部品を一括自動追加

ユーザー定義の規格も設定可能

Toolbox機能で予め用意された規格の他に、ユーザー定義の規格を作成することができます。
既存の規格をコピーすることで新たな名前の規格として編集し、使用する部品や各部品のコンフィギュレーション、プロパティ情報等を編集することができます。
既存の標準規格が使用できなくとも、企業やグループのルールに合わせた部品規格が簡単に作成できます。

SolidWorks Enterprise PDM による Toolbox管理

SolidWorks Enterprise PDM で、Toolbox部品・Toolboxデータベースを管理することができます。
従来通りにToolboxを使用することが可能で、すべてのデータ管理操作が自動で実行されます。

Toolboxエンジニアリングツール

標準部品を追加する機能以外にも様々な機能が搭載されています。
形鋼梁やカム等の基本形状を自動で作成する機能の他、梁モデルの応力・たわみ、軸受けの基本寿命を計算する機能が搭載されております。
手動でのモデリングや計算等、手間のかかる作業を効率的に行うことができるため、設計効率を向上させることが可能です。

形鋼
規格・サイズを指定して、部品内に形鋼梁の断面スケッチを自動作成
カム
規格・タイプ、フォロワーの動きを定義することで円形カム・直進カムを自動作成
円筒モデルに対し、Oリング・止め輪取り付けようの溝を自動で追加
梁の計算
梁モデルを想定し、各種パラメータを入力することで応力・たわみを自動計算
軸受け計算
軸受けのサイズを指定し、キャパシティ率、基本寿命を計算

フォロワーの動きに合わせてカム作成

フォロワーの動きに合わせてカム作成

指定した形鋼梁の断面スケッチ

指定した形鋼梁の断面スケッチ

モデル上に自動で溝加工の追加

モデル上に自動で溝加工の追加

標準部品の使用・作成を容易にし、作業効率が向上

SolidWorks Toolbox は・・・

  • 国際規格を含む様々な規格に対応した部品ライブラリとして搭載されています。
  • ドラッグ&ドロップ操作だけで簡単にアセンブリへ追加することができます。
  • 異なるサイズのコンフィギュレーションやコピー部品を自動で作成します。
  • SolidWorks Enterprise PDM で管理することができ、すべてのデータ管理操作を自動で実行します。
  • エンジニアリングツールで、手動計算やモデリングの手間が省けます。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料のサンプル

資料のサンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP