• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

節電対策について、シミュレーションソフトで解決しませんか?

建物内部の節電効果が見える、シミュレーション製品

今年の夏は、東日本では大規模な節電をおこなうため、ご家庭や企業で、様々な対策をされていると思われます。企業においては、変則的な出社体制となったり、LED電球に交換されたり、パソコンのディスプレイの輝度調節を行ったり…と様々な取り組みをされていると思われます。

設計ツールは単なる色・形のデザインだけの設計から、省エネルギーを可能にするために、現在では様々なツールが販売されております。大塚商会でも、それらのツールについて、販売をさせていただいております。建築設計のツールには、大きく分けて以下の3通りあります。

  1. 直接消費電力などを算出するツール
  2. 室内の温度分布や空気の流れなどを「見える化」するツール
  3. 省エネルギー計算を行うツール

1. 消費電力量などを算出するツール

これらはパッシブソーラーという発想で、太陽光などの影響などにより、外壁やカーテンウォール、窓、庇などのによる室内の温度変化や、使用する空調機の電力量、CO2の排出量などを計算するツールです。特徴は、時間による変化がわかるものになっていることです。

SolarDesigner 製品情報

2. 温度分布や空気の流れなどを「見える化」するツール

これらはCFD(数値流体力学)という手法で、流れを計算するツールです。室内のレイアウトの変更や、空調機の吹出し温度、吹出し方向の違いにより、最適な室内環境をシミュレーションするツールです。

3. 省エネルギー計算を行うツール

これらは以下の基準に準拠して、省エネルギー計画書の作成を行うソフトで、主に設計者向けのソフトとなっております。

SAVE-建築の準拠する基準等
「建築物の省エネルギー基準と計算の手引 新築・増改築の性能基準(PAL/CEC)」
「建築物の省エネルギー基準と計算の手引 新築・増改築の仕様基準(ポイント法)」
「建築物の省エネルギー基準と計算の手引 新築・増改築の仕様基準(簡易ポイント法)」
「改訂 拡張デグリデー表」
SAVE-住宅の準拠する基準等
「住宅の省エネルギー基準の解説(改訂第3版)」
「住宅の省エネルギー措置の届出の解説」
「住宅の省エネルギー措置届出書作成事例―鉄筋コンクリート造―」 「建築物の省エネルギー基準と計算の手引 新築・増改築の性能基準(PAL/CEC)」
「建築物の省エネルギー基準と計算の手引 新築・増改築の仕様基準(ポイント法)」

設計者のみならず、節電については関心をもたれている方が多いと思われます。この夏の節電対策としても、設計ツールとしても利用されているシミュレーション製品について、関心をもたれた方がいらっしゃいましたら、個々の製品ページをご覧になってみてください。

お知らせ

実機で更に詳しく学べます!WindPerfectDXスクールのお知らせ

解析(建設業向け)スクール

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP