• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

WindPerfectDXでこんな解析ができる~体育館編~

体育館のような大空間において空調の立ち上がり時の検討は非常に重要だと認識されていました。

しかし、手法の不備や工数面から見送られることが多くありました。今回は、夏季の体育館空間内でどのような風速・温度状態になっているのかをWindPerfectDXを使用してシミュレーションしてみました。

資料請求(無料)

動画で分かる 時間変化における空間の風速・温度状態

本解析事例では、体育館内の段床部分とアリーナ部分を含む空間をモデル化しました。

  • 段床上の部分に空調吹き出しを設け、冷気を空間内に供給(解析モデル図の赤枠)。
  • 吸い込みの設定はアリーナ床の端部に配置(解析モデル図の青枠)。
その他の条件
  • 夏季を想定しているため外気温は33.4℃に設定。
  • 各外壁面には熱貫流条件を設定し、屋根には相当温度差で日射熱負荷条件を考慮。
  • 人体負荷や照明負荷等も考慮。

解析モデル図

解析モデル図

動画 概要
体育館における定常解析(風速・パーティクル表示)
体育館における非定常解析(風速・ベクトル表示)
体育館における非定常解析(温度・断面表示)
体育館における非定常解析(温度・ベクトル表示)

段床とアリーナの部分とともに、居住空間で25℃~26℃程度の温度分布が形成されていることをご覧になれます。

詳細資料

このトピックスに関する詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP