• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

【セミナーレポート】良好な住環境計画のためのシステム活用講座 『耐震計画システム』編

【セミナーレポート】
良好な住環境計画のためのシステム活用講座 ~ 『耐震計画システム』編 ~

良好な住環境計画のために活用できる耐震計画システムの体験セミナーを実施いたしました。耐震計画システムの様々なソフトに触れて、あらたな提案手法を実現するヒントにしていただければと思い開催いたしました。

【本セミナーは下記の全2コースから構成されています。】

【A-2】コース HOUSE-DOCを使った最新の木造耐震診断
体験ソフト『HOUSE-DOC』
【A-3】コース DOC-RC/SRCとDOC-Sを使ったRC/SRC造、S造の耐震診断
体験ソフト『DOC-RC/SRC』『DOC-S』

【A-2】コース :HOUSE-DOCを使った最新の木造耐震診断

HOUSE-DOCは、「木造住宅の耐震診断と補強方法」(2004年7月(財)日本建築防災協会発行)に基づいた計算を行います。所在地・地盤・建物の形状など、必要とされる強さを計算するためのデータと、基礎の仕様と健全度・壁の仕様と配置・床の仕様と範囲など、建物の持っている強さを計算するためのデータで耐震性を評価します。

木造住宅の耐震診断と補強方法

木造住宅耐震診断ソフト『HOUSE-DOC』の体験セミナーを行いました。講師は株式会社構造システムの江田様に協力いただきました。(図1参照)

まず最初に、現状の木造耐震診断の市場動向、一般診断計算方法、耐震診断書等の紹介が行われました。(図2参照)
参加された方々の反応は良かったと考えております。

次に、テキストにそって、『HOUSE-DOC』の画面を操作しながら、機能紹介を行っていただきました。 (図3参照)
モデルは簡易的なものを作成していただき、お客様と講師の江田様とで質疑応答を繰り返しながら、体験していただきました。
最後に、簡易的なモデルにて、計算実行・計算結果を検証し終了しました。

アンケート結果より、耐震診断は現在話題性があり、『参考になった』というご意見が多く、ソフトの機能性も使いやすいと評価を受けました。講師の株式会社構造システム江田様のご説明も、明確でしたので参加された方々に満足していただけたと考えております。
耐震診断業務は、これからも増加傾向にあるものと思われ、継続的に体験セミナーを企画し、みなさまの業務のお役に立てればと考えております。

図1:セミナー風景
講師:株式会社構造システム 江田様

図2:セミナー資料より

図3:セミナー資料より

【A-3】コース :DOC-RC/SRCとDOC-Sを使ったRC/SRC造、S造の耐震診断

DOC-RC/SRCは、耐震診断基準に準拠した既存RC/SRC造建物の1次・2次耐震診断プログラムで、耐震改修を行う場合の補強設計にも使用できます。DOC-Sは、S造のビル、屋内体育館、工場など幅広い建物の耐震診断から補強設計までサポートする構造計算プログラムです。

まず最初に、DOC-Sの体験セミナーが行われました。講師は開発元である株式会社構造システムの磯貝様に協力いただきました。(図4参照)
耐震診断ソフトは、既存建物の再現性が重要な要素で、既存建物のモデル入力(一部)・構造計算と説明を交え進行していき、応力図までの出力を行いました。 (図5参照)
ここで、応力図の検証で重要なポイントの説明を磯貝様にいただき、再度モデル修正→計算と進みました。応力図が正しく出力されている事を確認し、既存建物の入力が完了です。次に補強部材の入力(一部)を行い、モデル作成のノウハウ等を磯貝様に説明していただきDOC-Sの体験セミナーが終了となりました。

次に、DOC-RC/SRCの体験セミナーが行われました。講師は同じく開発元である株式会社構造システムの北野様に協力いただきました。(図6参照)
まずは、RC・SRC造は1,2次診断とあり、DOC-Sとは診断方法が違う為、診断ソフトの概要を画面にて説明してもらいました。 (図7参照)
次に、簡易的なモデルの柱・梁・壁及び開口等のモデルを一通り作成し、計算と行いました。ここで、計算結果出力について、画面にて北野様より結果の値の評価方法及び確認方法の説明をいただきました。最後に補強方法の説明をいただき、DOC-RC/SRCの体験セミナーが終了となりました。

アンケート結果により、株式会社構造システム様のご説明が分かりやすく、『大変参考になった』というご意見が多かった事から、参加された方々に満足していただけたと考えております。
HOUSE-DOCを含め、耐震診断業務はこれからも増加傾向にあるものと思われます。継続的に体験セミナー・Webセミナー等企画し、みなさまの業務のお役に立てればと考えております。

図4:セミナー風景(DOC-S)
講師:株式会社構造システム 磯貝様

図5:セミナー資料(DOC-S)

図6:セミナー風景(DOC-RC/SRC)
講師:株式会社構造システム 北野様

図7:セミナー資料(DOC-RC/SRC)

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP