• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

トラス梁の圧縮側弦材の面外座屈長さについて教えてください

図1に示すトラス梁の圧縮側弦材の座屈耐力を計算する際の面外座屈長さは、どのように考えたらよいのですか。また、座屈を拘束する補剛材の必要強度、剛性はどのように計算したらよいのですか。

耐震診断を行う古い建物は、図1に示す外周部にしか屋根ブレースが配置されていない建物が見受けられます。破線で示すように全てのフレームが同じ方向に座屈する場合を想定したとき、横補剛および屋根ブレースの必要強度、剛性はどのように検討すればよいのですか。

『鋼構造塑性設計指針』では、横補剛材の必要強度と必要剛性について、それぞれF=0.02C以上の強度を有し、k≧5.0C / LB(C=σ・YA / 2)の剛性を確保することが必要となっています。

図1の場合、横補剛材の必要強度はF=0.02C×7 / 2以上の圧縮・引張力に対する強度が必要になるのですか。また、剛性はブレースの水平変形分を考慮するとどのようになるのですか。

建築技術:2014年12月号より

図1:外周部のみに屋根ブレースが配置されたトラス梁の鉄骨造

この質問に回答した方は・・・

東京工業大学大学院教授 元結正次郎氏

元結氏による解説・回答をご希望の方は、資料請求(無料)よりお気軽にお申し込みください。検討を両側の組立部材の安定性に関するものと、各部材に関するものの二つに分け、分かりやすくかみ砕いて解説しています!

定期購読のご案内

建築技術に関する国内最初の専門誌として1950年に創刊された「月刊建築技術」。建築技術者による建築技術者のためのバイブルともいえる本誌を定期購読いただけます。

たのめーる 建築技術定期購読

建築技術2017年5月号の見所は・・・

特集
間違いやすい戸建住宅基礎設計のポイント
監修:藤井衛(元東海大学教授)
公益社団法人日本建築士会連合会、一般財団法人建設業振興基金 CPD認定教材
紹介文
近年、集中豪雨により地滑り被害や地震被害により、住宅地盤・基礎の安全性に対する関心が高まっている。本特集では、住宅地盤の安全性の見極め方と地盤訴訟に占める割合が高い、不同沈下、がけ・擁壁、液状化などを基礎設計時で考慮すべきポイントを中心に解説する。
architectural design
東松島市立宮野森小学校/栗原憲昭(盛総合設計)・工藤和美+堀場弘(シーラカンスK&H)、新豊洲ブリリアランニングスタジアム/E.P.A環境変換装置建築研究所

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP