• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

e-flowDX 解析機能 津波解析編

e-flowDX津波解析機能を用いてビル付近の浸水状況と波力の状態をシミュレーション

東日本大震災が引き起こした大津波を契機に、高波高の大規模な遡上波が持つ衝撃力などを検討し、建築物・構造物の耐力検討や浸水域予想に活用することが早急の課題です。今回はe-flowDX津波解析機能を用いてビル付近の浸水状況と波力の状態をシミュレーションしました。

e-flowDX 解析機能のご紹介 津波解析編 資料請求

e-flowDX 津波解析

動画で津波解析の様子をご紹介

震災時、ビルが津波で70m流された被害が注目されました。波力と合わせて浮力で引き抜かれ、転倒した可能性があります。ビルなど建物を含む街区の詳細モデルを構築して所定の波高・速度の入波条件を与え、ビル付近の浸水状況と波力の状態をシミュレーションしました。解析モデルの周辺建物群と地盤の起伏、および最寄りの海底地形はGoogleEarth、国土数値情報、海上保安庁のデータからCADデータとして再現できます。

ここでは浸水状況と表面圧力を解析してみました。

動画 概要
e-flowDX 津波解析 浸水状況

動画再生

e-flowDX 津波解析 浸水状況
e-flowDX 津波解析 表面圧力分布

解析領域は560×560×130メートル(水深10メートル)の空間で作成。

  • 浸水状況の動画での色は波高を示しています。
  • 表面圧力分布での色は建物や地盤の圧力分布を示しています。

街並みがある場所に津波が流入する場合、海側で大きな段波・砕波があったとしても建物群で遡上する勢いを減殺され越流状態になることが予想されます。海岸線から遠い建物では越流主体で波力を考慮すればよいと推論できます。

e-flowDX 津波解析 表面圧力分布

動画再生

詳細資料

e-flowDX 津波解析の詳しい資料をご用意しています。お気軽にお問い合わせください。

e-flowDX 解析機能のご紹介 津波解析編 資料請求

e-flowDX 解析機能のご紹介 津波解析編資料イメージ

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP